www.mayaklviv.com

まじめにふまじめ




Cisei(シセイ)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 16-17AW 10周年記念シュリンクレザー2WAYショルダーバッグ 1170 MARRONE ライトブラウン シセイ チセイ トート バッグ 1170 LD あす楽対応_ 大人気,安い

モデル1170素材本体:LINDOS(シュリンクレザー/牛革) 裏地:ピッグスキン(豚革) 持ち手:オリーブウッド 色本体:MARRONE(ライトブラウン) 金具:ゴールドディテール・1気室(間口スナップ式) ・オリーブウッドハンドル ・ショルダーストラップ ・内側革張り(ピッグスキンライニング)状態新品未使用参考価格138,000円+消費税 国内代理店(リデア株式会社)が設定している国内定価になります。付属品ブランドタグ、ブランドカード、専用布袋 代理店下げ札製造国made in ITALYシセイの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 日本人の繊細な感性によって生み出される、美しく格調高いレザーバッグ2006年にフィレンツェ在住の大平智生が立ち上げたバッグブランド『Cisei(シセイ)』。 デザイナーである大平智生は、東京で工業デザインを学んだ後、1995年に渡伊。 革鞄作りの世界に身を置き、11年間、職人およびフリーのモデリストとして活躍し、 数々の有名ブランドの仕事を手掛けてきました。独立する直前まではチェレリーニに在籍。 名匠と謳われた故シルバノ・チェレリーニに認められた数少ない職人のひとりです。 シセイのコンセプトは、「シンプルでいて常に上品に、ベーシックでいながら常に新鮮に」。 クラシックをベースにしたシンプルデザインでありながらモダンなサイジング、時代性と趣味のよさを 感じさせる素材とのマッチング、今となっては一部のブランドにしか使わないレザー芯のハンドルや レザーライニング、ソリッドにこだわった数々のメタルパーツ、コバの磨き仕上げなど、 日本人ならではの繊細さとイタリアで学んだ数々のテクニックとこだわりが融合されています。 シセイを次にステージへと導く11番台コレクション941に代表される9番台コレクションは、定番として認知され安定した人気を誇りますが、 やや独創性に欠けるという一面がありました。新たに登場した11番台コレクションは、 従来のシセイの製品に対するイメージをいい意味で覆してくれる、美しく、エレガントで、 オリジナリティ溢れるデザインになっています。デビュー以来、大平氏が積み重ねてきた経験と 磨き上げられた感性が如何なく発揮された11番台コレクションは、ブランドを次のステージへと導きます。 ブランド誕生10周年を記念して作られたアニバーサリーモデル「1170」シセイは、今年でブランド誕生10周年を迎えます。それを記念して作られたのが1170です。 デザインは、ハンドルとショルダーストラップが付いた「2WAYショルダーバッグ」になります。 広めのマチが設けられたフラップ式ショルダーバッグなのですが、リンドスと呼ばれる美しいシボを持つ シュリンクレザーを用い、繊細なカッティングと卓越したテクニックを駆使することによって、 いかにも11番台コレクションらしい¨たおやかでエレガントなフォルム¨が描き出されています。 カッチリしたスタイルに持てば程よいカジュアル感を与えてくれ、カジュアルな格好に持てば 大人らしく上品に見せてくれます。オンオフ問わず使えることも大きな魅力です。 フィレンツェに工房があるシセイ。フィレンツェ近郊はオリーブの産地としても有名です。 1170はアニバーサリーモデルということで、地元フィレンツェを表現するために「オリーブの木」が ハンドルに使用されています。油分が豊富なオリーブの木から1本1本丁寧に削り出されるハンドルは 優雅な弧を描き、そのしなやかさは手に優しく馴染みます。木目の美しさはもちろんのこと 深みのある色合いも素晴らしく、使えば使うほど経年変化とともに味わいが増します。 しっとりやわらかいレザーと美しいオリーブのハンドル、それらをつなぐゴールドの金具は 10周年を意味する「X」の形に造形されており、さりげないアクセントになっています。 大平氏の繊細な感性とイタリア仕込みの卓越したテクニック、厳選された上質レザー、 美しいオリーブのハンドル、これらが絶妙にマッチしたアニバーサリーモデルに相応しい傑作です。 この領域までくると、もはやバッグは道具ではなく、手に持つ革工芸品と言っても過言ではありません。 少量生産だからこそできる「徹底した品質へのこだわり」シセイでは一定水準以上のクオリティを維持するため、無暗に生産を増やすことはしません。 顔料仕上げではなく磨きで終わるコバの仕上げや、考え抜かれた芯地の使い方、素材の選定など、 古典的な手法を今もなお守り続けています。このため、納期が遅れるのが玉に瑕なのですが(笑)。 目に見えない部分にこだわっているからこそ、世界一うるさいと言われる日本の有名セレクト ショップで定番展開されているのだと思います。贔屓目なしに見ても、ひとつ上の価格帯である シャンボールセリエやチェレリーニの品に見劣りしないクオリティであると断言できます。 モッチリとした弾力と美しいシボを持つシュリンクレザー「LINDOS」LINDOS(リンドス)と呼ばれるこちらの革は、イタリアにおける革生産の聖地である トスカーナ地方のサンタクローチェという小さな町にあるタンナーから買い付けています。 シュリンク加工を施すことで美しい小ぶりのシボが表現されたリンドスは、しっとりやわらかく、 驚くほどソフトな質感で、モッチリとした弾力があります。単にやわらかいだけではなく、 独特のハリとコシがあって形がキレイに出ることが特徴です。加えて、シボがあって傷に強いので、 ハードな使用に耐え得るうえ、使えば使うほどその人ならではの艶感や光沢感が出てきて、 年月を追うごとにラグジュアリーな質感に育っていくことも魅力のひとつです。 それなりのお値段ですが、間違いなくそれに見合う(もしくはそれ以上の)価値のある、 革本来の自然で素朴な風合いと高級感を合わせ持った素晴らしい品質の革です。 1170に使用されているリンドスは、床面を削ぎ落とすことで軽量化が図られています。 「約920グラム」と軽量なので、ストレスを感じることなくお使い頂けます。 裏面にはピッグスキンライニングが貼られているので耐久性も問題ありません。 サイズ表Size横幅高さマチ342716※ 横幅・奥行き(マチ)は、本体底面を計測した数値になります。 ※ ハンドルの長さは35cmになります。 ※ ショルダーストラップの長さは85cmになります。 ※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 16-17AW 10周年記念シュリンクレザー2WAYショルダーバッグ 1170 MARRONE ライトブラウン シセイ チセイ トート バッグ 1170 LD あす楽対応_ 大人気,安い —— 82,700円

Cisei(シセイ)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 16-17AW 10周年記念シュリンクレザー2WAYショルダーバッグ 1170 NERO ブラック シセイ チセイ トート バッグ 1170 LD あす楽対応_ 新品,定番人気

モデル1170素材本体:LINDOS(シュリンクレザー/牛革) 裏地:ピッグスキン(豚革) 持ち手:オリーブウッド 色本体:NERO(ブラック) 金具:ゴールドディテール・1気室(間口スナップ式) ・オリーブウッドハンドル ・ショルダーストラップ ・内側革張り(ピッグスキンライニング)状態新品未使用参考価格138,000円+消費税 国内代理店(リデア株式会社)が設定している国内定価になります。付属品ブランドタグ、ブランドカード、専用布袋 代理店下げ札製造国made in ITALYシセイの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 日本人の繊細な感性によって生み出される、美しく格調高いレザーバッグ2006年にフィレンツェ在住の大平智生が立ち上げたバッグブランド『Cisei(シセイ)』。 デザイナーである大平智生は、東京で工業デザインを学んだ後、1995年に渡伊。 革鞄作りの世界に身を置き、11年間、職人およびフリーのモデリストとして活躍し、 数々の有名ブランドの仕事を手掛けてきました。独立する直前まではチェレリーニに在籍。 名匠と謳われた故シルバノ・チェレリーニに認められた数少ない職人のひとりです。 シセイのコンセプトは、「シンプルでいて常に上品に、ベーシックでいながら常に新鮮に」。 クラシックをベースにしたシンプルデザインでありながらモダンなサイジング、時代性と趣味のよさを 感じさせる素材とのマッチング、今となっては一部のブランドにしか使わないレザー芯のハンドルや レザーライニング、ソリッドにこだわった数々のメタルパーツ、コバの磨き仕上げなど、 日本人ならではの繊細さとイタリアで学んだ数々のテクニックとこだわりが融合されています。 シセイを次にステージへと導く11番台コレクション941に代表される9番台コレクションは、定番として認知され安定した人気を誇りますが、 やや独創性に欠けるという一面がありました。新たに登場した11番台コレクションは、 従来のシセイの製品に対するイメージをいい意味で覆してくれる、美しく、エレガントで、 オリジナリティ溢れるデザインになっています。デビュー以来、大平氏が積み重ねてきた経験と 磨き上げられた感性が如何なく発揮された11番台コレクションは、ブランドを次のステージへと導きます。 ブランド誕生10周年を記念して作られたアニバーサリーモデル「1170」シセイは、今年でブランド誕生10周年を迎えます。それを記念して作られたのが1170です。 デザインは、ハンドルとショルダーストラップが付いた「2WAYショルダーバッグ」になります。 広めのマチが設けられたフラップ式ショルダーバッグなのですが、リンドスと呼ばれる美しいシボを持つ シュリンクレザーを用い、繊細なカッティングと卓越したテクニックを駆使することによって、 いかにも11番台コレクションらしい¨たおやかでエレガントなフォルム¨が描き出されています。 カッチリしたスタイルに持てば程よいカジュアル感を与えてくれ、カジュアルな格好に持てば 大人らしく上品に見せてくれます。オンオフ問わず使えることも大きな魅力です。 フィレンツェに工房があるシセイ。フィレンツェ近郊はオリーブの産地としても有名です。 1170はアニバーサリーモデルということで、地元フィレンツェを表現するために「オリーブの木」が ハンドルに使用されています。油分が豊富なオリーブの木から1本1本丁寧に削り出されるハンドルは 優雅な弧を描き、そのしなやかさは手に優しく馴染みます。木目の美しさはもちろんのこと 深みのある色合いも素晴らしく、使えば使うほど経年変化とともに味わいが増します。 しっとりやわらかいレザーと美しいオリーブのハンドル、それらをつなぐゴールドの金具は 10周年を意味する「X」の形に造形されており、さりげないアクセントになっています。 大平氏の繊細な感性とイタリア仕込みの卓越したテクニック、厳選された上質レザー、 美しいオリーブのハンドル、これらが絶妙にマッチしたアニバーサリーモデルに相応しい傑作です。 この領域までくると、もはやバッグは道具ではなく、手に持つ革工芸品と言っても過言ではありません。 少量生産だからこそできる「徹底した品質へのこだわり」シセイでは一定水準以上のクオリティを維持するため、無暗に生産を増やすことはしません。 顔料仕上げではなく磨きで終わるコバの仕上げや、考え抜かれた芯地の使い方、素材の選定など、 古典的な手法を今もなお守り続けています。このため、納期が遅れるのが玉に瑕なのですが(笑)。 目に見えない部分にこだわっているからこそ、世界一うるさいと言われる日本の有名セレクト ショップで定番展開されているのだと思います。贔屓目なしに見ても、ひとつ上の価格帯である シャンボールセリエやチェレリーニの品に見劣りしないクオリティであると断言できます。 モッチリとした弾力と美しいシボを持つシュリンクレザー「LINDOS」LINDOS(リンドス)と呼ばれるこちらの革は、イタリアにおける革生産の聖地である トスカーナ地方のサンタクローチェという小さな町にあるタンナーから買い付けています。 シュリンク加工を施すことで美しい小ぶりのシボが表現されたリンドスは、しっとりやわらかく、 驚くほどソフトな質感で、モッチリとした弾力があります。単にやわらかいだけではなく、 独特のハリとコシがあって形がキレイに出ることが特徴です。加えて、シボがあって傷に強いので、 ハードな使用に耐え得るうえ、使えば使うほどその人ならではの艶感や光沢感が出てきて、 年月を追うごとにラグジュアリーな質感に育っていくことも魅力のひとつです。 それなりのお値段ですが、間違いなくそれに見合う(もしくはそれ以上の)価値のある、 革本来の自然で素朴な風合いと高級感を合わせ持った素晴らしい品質の革です。 1170に使用されているリンドスは、床面を削ぎ落とすことで軽量化が図られています。 「約920グラム」と軽量なので、ストレスを感じることなくお使い頂けます。 裏面にはピッグスキンライニングが貼られているので耐久性も問題ありません。 サイズ表Size横幅高さマチ342716※ 横幅・奥行き(マチ)は、本体底面を計測した数値になります。 ※ ハンドルの長さは35cmになります。 ※ ショルダーストラップの長さは85cmになります。 ※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 16-17AW 10周年記念シュリンクレザー2WAYショルダーバッグ 1170 NERO ブラック シセイ チセイ トート バッグ 1170 LD あす楽対応_ 新品,定番人気 —— 82,700円

Cisei(シセイ)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 16-17AW 10周年記念シュリンクレザー2WAYショルダーバッグ 1170 T.MORO ダークブラウン シセイ チセイ トート バッグ 1170 LD あす楽対応_ 大得価,限定SALE

モデル1170素材本体:LINDOS(シュリンクレザー/牛革) 裏地:ピッグスキン(豚革) 持ち手:オリーブウッド 色本体:T.MORO(ダークブラウン) 金具:ゴールドディテール・1気室(間口スナップ式) ・オリーブウッドハンドル ・ショルダーストラップ ・内側革張り(ピッグスキンライニング)状態新品未使用参考価格138,000円+消費税 国内代理店(リデア株式会社)が設定している国内定価になります。付属品ブランドタグ、ブランドカード、専用布袋 代理店下げ札製造国made in ITALYシセイの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 日本人の繊細な感性によって生み出される、美しく格調高いレザーバッグ2006年にフィレンツェ在住の大平智生が立ち上げたバッグブランド『Cisei(シセイ)』。 デザイナーである大平智生は、東京で工業デザインを学んだ後、1995年に渡伊。 革鞄作りの世界に身を置き、11年間、職人およびフリーのモデリストとして活躍し、 数々の有名ブランドの仕事を手掛けてきました。独立する直前まではチェレリーニに在籍。 名匠と謳われた故シルバノ・チェレリーニに認められた数少ない職人のひとりです。 シセイのコンセプトは、「シンプルでいて常に上品に、ベーシックでいながら常に新鮮に」。 クラシックをベースにしたシンプルデザインでありながらモダンなサイジング、時代性と趣味のよさを 感じさせる素材とのマッチング、今となっては一部のブランドにしか使わないレザー芯のハンドルや レザーライニング、ソリッドにこだわった数々のメタルパーツ、コバの磨き仕上げなど、 日本人ならではの繊細さとイタリアで学んだ数々のテクニックとこだわりが融合されています。 シセイを次にステージへと導く11番台コレクション941に代表される9番台コレクションは、定番として認知され安定した人気を誇りますが、 やや独創性に欠けるという一面がありました。新たに登場した11番台コレクションは、 従来のシセイの製品に対するイメージをいい意味で覆してくれる、美しく、エレガントで、 オリジナリティ溢れるデザインになっています。デビュー以来、大平氏が積み重ねてきた経験と 磨き上げられた感性が如何なく発揮された11番台コレクションは、ブランドを次のステージへと導きます。 ブランド誕生10周年を記念して作られたアニバーサリーモデル「1170」シセイは、今年でブランド誕生10周年を迎えます。それを記念して作られたのが1170です。 デザインは、ハンドルとショルダーストラップが付いた「2WAYショルダーバッグ」になります。 広めのマチが設けられたフラップ式ショルダーバッグなのですが、リンドスと呼ばれる美しいシボを持つ シュリンクレザーを用い、繊細なカッティングと卓越したテクニックを駆使することによって、 いかにも11番台コレクションらしい¨たおやかでエレガントなフォルム¨が描き出されています。 カッチリしたスタイルに持てば程よいカジュアル感を与えてくれ、カジュアルな格好に持てば 大人らしく上品に見せてくれます。オンオフ問わず使えることも大きな魅力です。 フィレンツェに工房があるシセイ。フィレンツェ近郊はオリーブの産地としても有名です。 1170はアニバーサリーモデルということで、地元フィレンツェを表現するために「オリーブの木」が ハンドルに使用されています。油分が豊富なオリーブの木から1本1本丁寧に削り出されるハンドルは 優雅な弧を描き、そのしなやかさは手に優しく馴染みます。木目の美しさはもちろんのこと 深みのある色合いも素晴らしく、使えば使うほど経年変化とともに味わいが増します。 しっとりやわらかいレザーと美しいオリーブのハンドル、それらをつなぐゴールドの金具は 10周年を意味する「X」の形に造形されており、さりげないアクセントになっています。 大平氏の繊細な感性とイタリア仕込みの卓越したテクニック、厳選された上質レザー、 美しいオリーブのハンドル、これらが絶妙にマッチしたアニバーサリーモデルに相応しい傑作です。 この領域までくると、もはやバッグは道具ではなく、手に持つ革工芸品と言っても過言ではありません。 少量生産だからこそできる「徹底した品質へのこだわり」シセイでは一定水準以上のクオリティを維持するため、無暗に生産を増やすことはしません。 顔料仕上げではなく磨きで終わるコバの仕上げや、考え抜かれた芯地の使い方、素材の選定など、 古典的な手法を今もなお守り続けています。このため、納期が遅れるのが玉に瑕なのですが(笑)。 目に見えない部分にこだわっているからこそ、世界一うるさいと言われる日本の有名セレクト ショップで定番展開されているのだと思います。贔屓目なしに見ても、ひとつ上の価格帯である シャンボールセリエやチェレリーニの品に見劣りしないクオリティであると断言できます。 モッチリとした弾力と美しいシボを持つシュリンクレザー「LINDOS」LINDOS(リンドス)と呼ばれるこちらの革は、イタリアにおける革生産の聖地である トスカーナ地方のサンタクローチェという小さな町にあるタンナーから買い付けています。 シュリンク加工を施すことで美しい小ぶりのシボが表現されたリンドスは、しっとりやわらかく、 驚くほどソフトな質感で、モッチリとした弾力があります。単にやわらかいだけではなく、 独特のハリとコシがあって形がキレイに出ることが特徴です。加えて、シボがあって傷に強いので、 ハードな使用に耐え得るうえ、使えば使うほどその人ならではの艶感や光沢感が出てきて、 年月を追うごとにラグジュアリーな質感に育っていくことも魅力のひとつです。 それなりのお値段ですが、間違いなくそれに見合う(もしくはそれ以上の)価値のある、 革本来の自然で素朴な風合いと高級感を合わせ持った素晴らしい品質の革です。 1170に使用されているリンドスは、床面を削ぎ落とすことで軽量化が図られています。 「約920グラム」と軽量なので、ストレスを感じることなくお使い頂けます。 裏面にはピッグスキンライニングが貼られているので耐久性も問題ありません。 サイズ表Size横幅高さマチ342716※ 横幅・奥行き(マチ)は、本体底面を計測した数値になります。 ※ ハンドルの長さは35cmになります。 ※ ショルダーストラップの長さは85cmになります。 ※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 16-17AW 10周年記念シュリンクレザー2WAYショルダーバッグ 1170 T.MORO ダークブラウン シセイ チセイ トート バッグ 1170 LD あす楽対応_ 大得価,限定SALE —— 82,700円

Cisei(シセイ)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 16-17AW シュリンクレザーリュック 1144 NERO ブラック シセイ チセイ バックパック リュック バッグ 1144 LD あす楽対応_ 赤字超特価

モデル1144素材本体:LINDOS(シュリンクレザー/牛革) 裏地:ピッグスキン(豚革)色本体:NERO(ブラック) 金具:ゴールドディテール・1気室(バックル式フラップ/間口巾着式) ・レザーショルダーストラップ ・フロントファスナーポケット ・サイドファスナー ・内側革張り(ピッグスキンライニング)状態新品未使用参考価格132,000円+消費税 国内代理店(リデア株式会社)が設定している国内定価になります。付属品ブランドタグ、ブランドカード、専用布袋 代理店下げ札製造国made in ITALYシセイの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 日本人の繊細な感性によって生み出される、美しく格調高いレザーバッグ2006年にフィレンツェ在住の大平智生が立ち上げたバッグブランド『Cisei(シセイ)』。 デザイナーである大平智生は、東京で工業デザインを学んだ後、1995年に渡伊。 革鞄作りの世界に身を置き、11年間、職人およびフリーのモデリストとして活躍し、 数々の有名ブランドの仕事を手掛けてきました。独立する直前まではチェレリーニに在籍。 名匠と謳われた故シルバノ・チェレリーニに認められた数少ない職人のひとりです。 シセイのコンセプトは、「シンプルでいて常に上品に、ベーシックでいながら常に新鮮に」。 クラシックをベースにしたシンプルデザインでありながらモダンなサイジング、時代性と趣味のよさを 感じさせる素材とのマッチング、今となっては一部のブランドにしか使わないレザー芯のハンドルや レザーライニング、ソリッドにこだわった数々のメタルパーツ、コバの磨き仕上げなど、 日本人ならではの繊細さとイタリアで学んだ数々のテクニックとこだわりが融合されています。 シセイを次にステージへと導く11番台コレクション941に代表される9番台コレクションは、定番として認知され安定した人気を誇りますが、 やや独創性に欠けるという一面がありました。新たに登場した11番台コレクションは、 従来のシセイの製品に対するイメージをいい意味で覆してくれる、美しく、エレガントで、 オリジナリティ溢れるデザインになっています。デビュー以来、大平氏が積み重ねてきた経験と 磨き上げられた感性が如何なく発揮された11番台コレクションは、ブランドを次のステージへと導きます。 エレガンスが際立つ、大人のための高級レザーリュック「1144」お洒落に敏感な人でしたら、リュック(バックパック)が注目されていることはご存知のはず。 トートバッグも悪くはありませんが、今買うなら断然リュックが新鮮ということで、 どこのブランドでもこぞってリュックを打ち出しており、多くの雑誌で特集されています。 そうは言っても所詮はリュック。若者っぽく、カジュアルな印象は否めません。 カジュアルアイテムであるからこそ、上質さや品格でバッグに差が出てしまうものです。 そこでお勧めなのが、シセイ史上初となるレザーリュック「1144」です。 よくあるフラップ式リュックなのですが、リンドスと呼ばれる美しいシボを持つ シュリンクレザーを用い、繊細なカッティングと卓越したテクニックを駆使することによって、 いかにも11番台コレクションらしい¨たおやかでエレガントなフォルム¨が描き出されています。 流行に左右されない普遍的な美しさがあるので、いつの時代も輝きを失うことはありません。 ハイブランドのリュックのようにひと目で分かるアイコンはありませんが、それらに負けない 存在感と高級感があるので、ジャケットスタイルにだってしれっと合わせられます。 カッチリしたスタイルに背負えば程よいカジュアル感を与えてくれ、カジュアルな格好に背負えば 大人らしく上品に見せてくれる、まさに大人のためのレザーリュックの決定版です。 スーツスタイルにも違和感なく馴染むので、オンオフ問わず大活躍してくれます。 リュックは物の出し入れが面倒という欠点がありますが、1144はサイドから 物の出し入れが行えるように側面にファスナーがデザインされています。 サイドから直接内部にアクセスできるので、いちいちフラップを開閉する必要はありません。 フロントにはファスナーポケットが付くので、すぐに取り出したいものを入れておくのに便利です。 ショルダーストラップは先端に向かって徐々に細くなっていく作りになっていて、 背負ったときのフィッティングのよさに加え、身体に掛かるラインが美しく見えるように 工夫されています。片掛けでも両掛けでも非常にスマートな印象です。 少量生産だからこそできる「徹底した品質へのこだわり」シセイでは一定水準以上のクオリティを維持するため、無暗に生産を増やすことはしません。 顔料仕上げではなく磨きで終わるコバの仕上げや、考え抜かれた芯地の使い方、素材の選定など、 古典的な手法を今もなお守り続けています。このため、納期が遅れるのが玉に瑕なのですが(笑)。 目に見えない部分にこだわっているからこそ、世界一うるさいと言われる日本の有名セレクト ショップで定番展開されているのだと思います。贔屓目なしに見ても、ひとつ上の価格帯である シャンボールセリエやチェレリーニの品に見劣りしないクオリティであると断言できます。 モッチリとした弾力と美しいシボを持つシュリンクレザー「LINDOS」LINDOS(リンドス)と呼ばれるこちらの革は、イタリアにおける革生産の聖地である トスカーナ地方のサンタクローチェという小さな町にあるタンナーから買い付けています。 シュリンク加工を施すことで美しい小ぶりのシボが表現されたリンドスは、しっとりやわらかく、 驚くほどソフトな質感で、モッチリとした弾力があります。単にやわらかいだけではなく、 独特のハリとコシがあって形がキレイに出ることが特徴です。加えて、シボがあって傷に強いので、 ハードな使用に耐え得るうえ、使えば使うほどその人ならではの艶感や光沢感が出てきて、 年月を追うごとにラグジュアリーな質感に育っていくことも魅力のひとつです。 それなりのお値段ですが、間違いなくそれに見合う(もしくはそれ以上の)価値のある、 革本来の自然で素朴な風合いと高級感を合わせ持った素晴らしい品質の革です。 レザーリュック=重たい、こんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。 1144は「約750グラム」と軽量なので、ストレスを感じることなくお使い頂けます。 裏面にはピッグスキンライニングが貼られているので耐久性も問題ありません。 サイズ表Size横幅高さマチ303711※ 横幅・奥行き(マチ)は、本体底面を計測した数値になります。 ※ ショルダーストラップの長さは最大で80cmになります。2.5cm間隔で5つ穴があります。 ※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 16-17AW シュリンクレザーリュック 1144 NERO ブラック シセイ チセイ バックパック リュック バッグ 1144 LD あす楽対応_ 赤字超特価 —— 79,100円

Cisei(シセイ)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 16-17AW シュリンクレザーリュック 1144 T.MORO ダークブラウン シセイ チセイ バックパック リュック バッグ 1144 LD あす楽対応_ お買い得,爆買い

モデル1144素材本体:LINDOS(シュリンクレザー/牛革) 裏地:ピッグスキン(豚革)色本体:T.MORO(ダークブラウン) 金具:ゴールドディテール・1気室(バックル式フラップ/間口巾着式) ・レザーショルダーストラップ ・フロントファスナーポケット ・サイドファスナー ・内側革張り(ピッグスキンライニング)状態新品未使用参考価格132,000円+消費税 国内代理店(リデア株式会社)が設定している国内定価になります。付属品ブランドタグ、ブランドカード、専用布袋 代理店下げ札製造国made in ITALYシセイの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 日本人の繊細な感性によって生み出される、美しく格調高いレザーバッグ2006年にフィレンツェ在住の大平智生が立ち上げたバッグブランド『Cisei(シセイ)』。 デザイナーである大平智生は、東京で工業デザインを学んだ後、1995年に渡伊。 革鞄作りの世界に身を置き、11年間、職人およびフリーのモデリストとして活躍し、 数々の有名ブランドの仕事を手掛けてきました。独立する直前まではチェレリーニに在籍。 名匠と謳われた故シルバノ・チェレリーニに認められた数少ない職人のひとりです。 シセイのコンセプトは、「シンプルでいて常に上品に、ベーシックでいながら常に新鮮に」。 クラシックをベースにしたシンプルデザインでありながらモダンなサイジング、時代性と趣味のよさを 感じさせる素材とのマッチング、今となっては一部のブランドにしか使わないレザー芯のハンドルや レザーライニング、ソリッドにこだわった数々のメタルパーツ、コバの磨き仕上げなど、 日本人ならではの繊細さとイタリアで学んだ数々のテクニックとこだわりが融合されています。 シセイを次にステージへと導く11番台コレクション941に代表される9番台コレクションは、定番として認知され安定した人気を誇りますが、 やや独創性に欠けるという一面がありました。新たに登場した11番台コレクションは、 従来のシセイの製品に対するイメージをいい意味で覆してくれる、美しく、エレガントで、 オリジナリティ溢れるデザインになっています。デビュー以来、大平氏が積み重ねてきた経験と 磨き上げられた感性が如何なく発揮された11番台コレクションは、ブランドを次のステージへと導きます。 エレガンスが際立つ、大人のための高級レザーリュック「1144」お洒落に敏感な人でしたら、リュック(バックパック)が注目されていることはご存知のはず。 トートバッグも悪くはありませんが、今買うなら断然リュックが新鮮ということで、 どこのブランドでもこぞってリュックを打ち出しており、多くの雑誌で特集されています。 そうは言っても所詮はリュック。若者っぽく、カジュアルな印象は否めません。 カジュアルアイテムであるからこそ、上質さや品格でバッグに差が出てしまうものです。 そこでお勧めなのが、シセイ史上初となるレザーリュック「1144」です。 よくあるフラップ式リュックなのですが、リンドスと呼ばれる美しいシボを持つ シュリンクレザーを用い、繊細なカッティングと卓越したテクニックを駆使することによって、 いかにも11番台コレクションらしい¨たおやかでエレガントなフォルム¨が描き出されています。 流行に左右されない普遍的な美しさがあるので、いつの時代も輝きを失うことはありません。 ハイブランドのリュックのようにひと目で分かるアイコンはありませんが、それらに負けない 存在感と高級感があるので、ジャケットスタイルにだってしれっと合わせられます。 カッチリしたスタイルに背負えば程よいカジュアル感を与えてくれ、カジュアルな格好に背負えば 大人らしく上品に見せてくれる、まさに大人のためのレザーリュックの決定版です。 スーツスタイルにも違和感なく馴染むので、オンオフ問わず大活躍してくれます。 リュックは物の出し入れが面倒という欠点がありますが、1144はサイドから 物の出し入れが行えるように側面にファスナーがデザインされています。 サイドから直接内部にアクセスできるので、いちいちフラップを開閉する必要はありません。 フロントにはファスナーポケットが付くので、すぐに取り出したいものを入れておくのに便利です。 ショルダーストラップは先端に向かって徐々に細くなっていく作りになっていて、 背負ったときのフィッティングのよさに加え、身体に掛かるラインが美しく見えるように 工夫されています。片掛けでも両掛けでも非常にスマートな印象です。 少量生産だからこそできる「徹底した品質へのこだわり」シセイでは一定水準以上のクオリティを維持するため、無暗に生産を増やすことはしません。 顔料仕上げではなく磨きで終わるコバの仕上げや、考え抜かれた芯地の使い方、素材の選定など、 古典的な手法を今もなお守り続けています。このため、納期が遅れるのが玉に瑕なのですが(笑)。 目に見えない部分にこだわっているからこそ、世界一うるさいと言われる日本の有名セレクト ショップで定番展開されているのだと思います。贔屓目なしに見ても、ひとつ上の価格帯である シャンボールセリエやチェレリーニの品に見劣りしないクオリティであると断言できます。 モッチリとした弾力と美しいシボを持つシュリンクレザー「LINDOS」LINDOS(リンドス)と呼ばれるこちらの革は、イタリアにおける革生産の聖地である トスカーナ地方のサンタクローチェという小さな町にあるタンナーから買い付けています。 シュリンク加工を施すことで美しい小ぶりのシボが表現されたリンドスは、しっとりやわらかく、 驚くほどソフトな質感で、モッチリとした弾力があります。単にやわらかいだけではなく、 独特のハリとコシがあって形がキレイに出ることが特徴です。加えて、シボがあって傷に強いので、 ハードな使用に耐え得るうえ、使えば使うほどその人ならではの艶感や光沢感が出てきて、 年月を追うごとにラグジュアリーな質感に育っていくことも魅力のひとつです。 それなりのお値段ですが、間違いなくそれに見合う(もしくはそれ以上の)価値のある、 革本来の自然で素朴な風合いと高級感を合わせ持った素晴らしい品質の革です。 レザーリュック=重たい、こんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。 1144は「約750グラム」と軽量なので、ストレスを感じることなくお使い頂けます。 裏面にはピッグスキンライニングが貼られているので耐久性も問題ありません。 サイズ表Size横幅高さマチ303711※ 横幅・奥行き(マチ)は、本体底面を計測した数値になります。 ※ ショルダーストラップの長さは最大で80cmになります。2.5cm間隔で5つ穴があります。 ※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 16-17AW シュリンクレザーリュック 1144 T.MORO ダークブラウン シセイ チセイ バックパック リュック バッグ 1144 LD あす楽対応_ お買い得,爆買い —— 79,100円

Cisei(シセイ)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 シュリンクレザーラウンドジップ長財布 967 MARRONE ブラウン シセイ チセイ ロングウォレット メンズ あす楽対応_ 新作,100%新品

モデル967素材本体:LINDOS(シュリンクレザー/牛革) 内側:フルグレインレザー(牛革)色MARRONE(ブラウン)ディテール・ラウンドジップ(レザー持ち手) ・ファスナー式小銭入れ(内側ナイロン張り) ・札入れ×2 ・カードポケット×12 ・マチ付きフリーポケット×2状態新品未使用参考価格36,000円+消費税 国内代理店(リデア株式会社)が設定している国内定価になります。付属品ブランドタグ、ブランドカード、専用布袋 代理店下げ札製造国made in ITALYシセイの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 2006年にフィレンツェ在住の大平智生氏が立ち上げたバッグブランド、『Cisei(シセイ)』。 デザイナーである大平智生氏は、東京で工業デザインを学んだ後、1995年に渡伊。 革鞄作りの世界に身を置き、11年間、職人およびフリーのモデリストとして活躍し、 数々の有名ブランドの仕事を手掛けてきました。独立する直前まではチェレリーニに在籍。 名匠と謳われた故シルバノ・チェレリーニ氏に認められた数少ない職人のひとりです。 シセイのコンセプトは、「シンプルでいて常に上品に、ベーシックでいながら常に新鮮に」。 クラシックをベースにしたシンプルデザインでありながらモダンなサイジング、時代性と趣味のよさを 感じさせる素材とのマッチング、そして今となっては一部のブランドにしか使わないレザー芯の ハンドルやレザーライニング、ソリッドにこだわった数々のメタルパーツ、コバの磨き仕上げなど、 日本人ならではの繊細さとイタリアで学んだ数々のテクニックとこだわりが融合されています。 当店では、大平智生氏が在籍していた名門チェレリーニの製品を扱ってきましたが、 原価の高騰、およびシルバノ・チェレリーニ氏の他界による品質低下の危惧から、 シルバノ氏に師事した大平氏が手掛けるシセイの扱いをはじめることになりました。 大平氏の卓越した鞄作りの技術に、ラルディーニ、シヴィリア、クルチアーニなど、 数多くの人気ブランドを擁する代理店リデアの敏腕ディレクター神藤氏の感性が加わった シセイのコレクションは、イタリアクラシックの新しい可能性を感じさせてくれます。 ご紹介するのは、ロングセラーを続ける『ラウンドジップ長財布(967)』です。 シセイはバッグが有名ですが、財布やベルトなどの革小物のラインナップも充実しています。 その中でも特に人気なのが、シンプルデザインと機能性が融合したこちらの967です。 開口部をファスナーがぐるりと囲う人気のラウンドジップタイプで、その他の無駄を省いた シセイらしいシンプルデザインなのですが、美しい小ぶりのシボのあるシュリンクレザーと さりげなく華やかなゴールドのファスナー、加えて、繊細なカッティングが施された 菱形のファスナー持ち手によって、普遍的なイタリアンエレガンスが表現されています。 シンプルイズベスト、この言葉がピタリと当てはまる、作りのよさが際立つ大人の長財布です。 大量生産のそれとは違う、ハンドメイドの革製品ならではのぬくもり感があるので、 実物を手にした人は、きっと¨長く付き合っていきたい¨と感じるはずです。 繊細な感性を持つ日本人デザイナーが作っているので、機能性も申し分ありません。 日本の紙幣がぴったり収まるサイズの札入れ、たっぷり入るファスナー式の小銭入れ、 現代社会に対応した充実のカードポケット、マルチに活躍するマチ付きのフリーポケット等、 シンプルな外見に反して内側の機能は充実しているため、ストレスなくお使い頂けます。 作り(クオリティ)についてですが、多くを語る必要はないと思います。 シセイでは一定水準以上のクオリティを維持するため、無暗に生産を増やすことはしません。 顔料仕上げではなく磨きで終わるコバの仕上げや、考え抜かれた芯地の使い方、素材の選定など、 古典的な手法を今もなお守り続けています。このため、納期が遅れるのが玉に瑕なのですが(笑)。 目に見えない部分にしっかりこだわっているからこそ、世界一うるさいと言われる日本の有名セレクト ショップで定番展開されているのだと思います。贔屓目なしに見ても、ひとつ上の価格帯である シャンボールセリエやチェレリーニの品に見劣りしないクオリティであると断言できます。 使用されている革は、『モッチリした弾力と美しいシボを持つシュリンクレザー』になります。 LINDOS(リンドス)と呼ばれるこちらの革は、イタリアにおける革生産の聖地である トスカーナ地方のサンタクローチェという小さな町にあるタンナーから買い付けています。 シュリンク加工を施すことで美しい小ぶりのシボが表現されたリンドスは、しっとりやわらかく、 ほどよい厚みがありながらも、驚くほどソフトな質感で、モッチリした弾力があります。 単にやわらかいだけではなく、独特のハリとコシがあって形がキレイに出ることが特徴です。 加えて、シボがあって傷に強いので、ハードな使用に耐え得るうえ、使えば使うほどその人ならではの 艶感や光沢感が出てきて、年を追うごとにラグジュアリーな質感になっていくことも大きな魅力です。 それなりのお値段ですが、間違いなくそれに見合う(もしくはそれ以上の)価値のある、 革本来の自然で素朴な風合いと高級感を合わせ持った素晴らしい品質の革です。 流行に左右されず長く付き合っていける、長財布のロングセラーモデル¨967¨です。 クオリティと価格のバランスが非常にいい品なので、自信を持ってお勧めします! サイズ表Size横幅縦幅マチ1910.52.0※ マチは中身を入れない状態で計測した数値になります。 ※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 シュリンクレザーラウンドジップ長財布 967 MARRONE ブラウン シセイ チセイ ロングウォレット メンズ あす楽対応_ 新作,100%新品 —— 28,700円

Cisei(シセイ)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 シュリンクレザー名刺入れ 1021 MARRONE ブラウン シセイ チセイ カードケース メンズ あす楽対応_ 定番人気,お得

モデル1021素材LINDOS(シュリンクレザー/牛革)色MARRONE(ブラウン)ディテール・1気室 ・フラップ付き ・フラップ裏面ポケット×1 ・本体上部ポケット×1状態新品未使用参考価格20,000円+消費税 国内代理店(リデア株式会社)が設定している国内定価になります。付属品ブランドタグ、ブランドカード、専用布袋 代理店下げ札製造国made in ITALYシセイの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 2006年にフィレンツェ在住の大平智生氏が立ち上げたバッグブランド、『Cisei(シセイ)』。 デザイナーである大平智生氏は、東京で工業デザインを学んだ後、1995年に渡伊。 革鞄作りの世界に身を置き、11年間、職人およびフリーのモデリストとして活躍し、 数々の有名ブランドの仕事を手掛けてきました。独立する直前まではチェレリーニに在籍。 名匠と謳われた故シルバノ・チェレリーニ氏に認められた数少ない職人のひとりです。 シセイのコンセプトは、「シンプルでいて常に上品に、ベーシックでいながら常に新鮮に」。 クラシックをベースにしたシンプルデザインでありながらモダンなサイジング、時代性と趣味のよさを 感じさせる素材とのマッチング、そして今となっては一部のブランドにしか使わないレザー芯の ハンドルやレザーライニング、ソリッドにこだわった数々のメタルパーツ、コバの磨き仕上げなど、 日本人ならではの繊細さとイタリアで学んだ数々のテクニックとこだわりが融合されています。 当店では、大平智生氏が在籍していた名門チェレリーニの製品を扱ってきましたが、 原価の高騰、およびシルバノ・チェレリーニ氏の他界による品質低下の危惧から、 シルバノ氏に師事した大平氏が手掛けるシセイの扱いをはじめることにしました。 大平氏の卓越した鞄作りの技術に、ラルディーニ、シヴィリア、クルチアーニなど、 数多くの人気ブランドを擁する代理店リデアの敏腕ディレクター神藤氏の感性が加わった シセイのコレクションは、イタリアクラシックの新しい可能性を感じさせてくれます。 ご紹介するのは、シンプルデザインと使いやすさを両立した『名刺入れ(1021)』です。 オーソドックスなフラップ付き(上蓋付き)の名刺入れで、ぱっと見はスマートな印象ですが、 マチが設けられているため、通常の厚みの名刺であれば30~40枚収納することができます。 美しい小ぶりのシボのあるシュリンクレザーの質感を活かしたシンプルな外装に対して、 内側は使用者目線で作り込まれており、フラップ裏面および本体上部の二箇所に仕分けに便利な ポケットがデザインされています。デザインの特徴はありませんが、シンプルで使いやすく、 大量生産のそれとは違う、ハンドメイドの革製品ならではのぬくもり感があるので、 実物を手にした人は、きっと¨長く付き合っていきたい¨と感じるはずです。 名刺交換をする初対面の相手は、意外と相手の名刺入れをチェックしているものです。 だからこそ、好印象を与えることができるシセイの名刺入れを選んでみてはいかがでしょうか。 作り(クオリティ)についてですが、多くを語る必要はないと思います。 シセイでは一定水準以上のクオリティを維持するため、無暗に生産を増やすことはしません。 顔料仕上げではなく磨きで終わるコバの仕上げや、考え抜かれた芯地の使い方、素材の選定など、 古典的な手法を今もなお守り続けています。このため、納期が遅れるのが玉に瑕なのですが(笑)。 目に見えない部分にこだわっているからこそ、世界一うるさいと言われる日本の有名セレクト ショップで定番展開されているのだと思います。贔屓目なしに見ても、ひとつ上の価格帯である シャンボールセリエやチェレリーニの品に見劣りしないクオリティであると断言できます。 使用されている革は、『モッチリした弾力と美しいシボを持つシュリンクレザー』になります。 LINDOS(リンドス)と呼ばれるこちらの革は、イタリアにおける革生産の聖地である トスカーナ地方のサンタクローチェという小さな町にあるタンナーから買い付けています。 シュリンク加工を施すことで美しい小ぶりのシボが表現されたリンドスは、しっとりやわらかく、 ほどよい厚みがありながらも、驚くほどソフトな質感で、モッチリした弾力があります。 単にやわらかいだけではなく、独特のハリとコシがあって形がキレイに出ることが特徴です。 加えて、シボがあって傷に強いので、ハードな使用に耐え得るうえ、使えば使うほどその人ならではの 艶感や光沢感が出てきて、年を追うごとにラグジュアリーな質感になっていくことも大きな魅力です。 それなりのお値段ですが、間違いなくそれに見合う(もしくはそれ以上の)価値のある、 革本来の自然で素朴な風合いと高級感を合わせ持った素晴らしい品質の革です。 流行に左右されず長く付き合っていける、シンプルで使いやすい名刺入れ¨1021¨です。 クオリティと価格のバランスが非常にいい品なので、自信を持ってお勧めします。 サイズ表Size横幅縦幅マチ117.51.5※ マチは中身を入れない状態で計測した数値になります。 ※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 シュリンクレザー名刺入れ 1021 MARRONE ブラウン シセイ チセイ カードケース メンズ あす楽対応_ 定番人気,お得 —— 16,900円

Cisei(シセイ)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 シュリンクレザー名刺入れ 1021 T.MORO ダークブラウン シセイ チセイ カードケース メンズ あす楽対応_ 100%新品,人気SALE

モデル1021素材LINDOS(シュリンクレザー/牛革)色T.MORO(ダークブラウン)ディテール・1気室 ・フラップ付き ・フラップ裏面ポケット×1 ・本体上部ポケット×1状態新品未使用参考価格20,000円+消費税 国内代理店(リデア株式会社)が設定している国内定価になります。付属品ブランドタグ、ブランドカード、専用布袋 代理店下げ札製造国made in ITALYシセイの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 2006年にフィレンツェ在住の大平智生氏が立ち上げたバッグブランド、『Cisei(シセイ)』。 デザイナーである大平智生氏は、東京で工業デザインを学んだ後、1995年に渡伊。 革鞄作りの世界に身を置き、11年間、職人およびフリーのモデリストとして活躍し、 数々の有名ブランドの仕事を手掛けてきました。独立する直前まではチェレリーニに在籍。 名匠と謳われた故シルバノ・チェレリーニ氏に認められた数少ない職人のひとりです。 シセイのコンセプトは、「シンプルでいて常に上品に、ベーシックでいながら常に新鮮に」。 クラシックをベースにしたシンプルデザインでありながらモダンなサイジング、時代性と趣味のよさを 感じさせる素材とのマッチング、そして今となっては一部のブランドにしか使わないレザー芯の ハンドルやレザーライニング、ソリッドにこだわった数々のメタルパーツ、コバの磨き仕上げなど、 日本人ならではの繊細さとイタリアで学んだ数々のテクニックとこだわりが融合されています。 当店では、大平智生氏が在籍していた名門チェレリーニの製品を扱ってきましたが、 原価の高騰、およびシルバノ・チェレリーニ氏の他界による品質低下の危惧から、 シルバノ氏に師事した大平氏が手掛けるシセイの扱いをはじめることにしました。 大平氏の卓越した鞄作りの技術に、ラルディーニ、シヴィリア、クルチアーニなど、 数多くの人気ブランドを擁する代理店リデアの敏腕ディレクター神藤氏の感性が加わった シセイのコレクションは、イタリアクラシックの新しい可能性を感じさせてくれます。 ご紹介するのは、シンプルデザインと使いやすさを両立した『名刺入れ(1021)』です。 オーソドックスなフラップ付き(上蓋付き)の名刺入れで、ぱっと見はスマートな印象ですが、 マチが設けられているため、通常の厚みの名刺であれば30~40枚収納することができます。 美しい小ぶりのシボのあるシュリンクレザーの質感を活かしたシンプルな外装に対して、 内側は使用者目線で作り込まれており、フラップ裏面および本体上部の二箇所に仕分けに便利な ポケットがデザインされています。デザインの特徴はありませんが、シンプルで使いやすく、 大量生産のそれとは違う、ハンドメイドの革製品ならではのぬくもり感があるので、 実物を手にした人は、きっと¨長く付き合っていきたい¨と感じるはずです。 名刺交換をする初対面の相手は、意外と相手の名刺入れをチェックしているものです。 だからこそ、好印象を与えることができるシセイの名刺入れを選んでみてはいかがでしょうか。 作り(クオリティ)についてですが、多くを語る必要はないと思います。 シセイでは一定水準以上のクオリティを維持するため、無暗に生産を増やすことはしません。 顔料仕上げではなく磨きで終わるコバの仕上げや、考え抜かれた芯地の使い方、素材の選定など、 古典的な手法を今もなお守り続けています。このため、納期が遅れるのが玉に瑕なのですが(笑)。 目に見えない部分にこだわっているからこそ、世界一うるさいと言われる日本の有名セレクト ショップで定番展開されているのだと思います。贔屓目なしに見ても、ひとつ上の価格帯である シャンボールセリエやチェレリーニの品に見劣りしないクオリティであると断言できます。 使用されている革は、『モッチリした弾力と美しいシボを持つシュリンクレザー』になります。 LINDOS(リンドス)と呼ばれるこちらの革は、イタリアにおける革生産の聖地である トスカーナ地方のサンタクローチェという小さな町にあるタンナーから買い付けています。 シュリンク加工を施すことで美しい小ぶりのシボが表現されたリンドスは、しっとりやわらかく、 ほどよい厚みがありながらも、驚くほどソフトな質感で、モッチリした弾力があります。 単にやわらかいだけではなく、独特のハリとコシがあって形がキレイに出ることが特徴です。 加えて、シボがあって傷に強いので、ハードな使用に耐え得るうえ、使えば使うほどその人ならではの 艶感や光沢感が出てきて、年を追うごとにラグジュアリーな質感になっていくことも大きな魅力です。 それなりのお値段ですが、間違いなくそれに見合う(もしくはそれ以上の)価値のある、 革本来の自然で素朴な風合いと高級感を合わせ持った素晴らしい品質の革です。 流行に左右されず長く付き合っていける、シンプルで使いやすい名刺入れ¨1021¨です。 クオリティと価格のバランスが非常にいい品なので、自信を持ってお勧めします。 サイズ表Size横幅縦幅マチ117.51.5※ マチは中身を入れない状態で計測した数値になります。 ※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 シュリンクレザー名刺入れ 1021 T.MORO ダークブラウン シセイ チセイ カードケース メンズ あす楽対応_ 100%新品,人気SALE —— 16,900円

Cisei(シセイ)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 バッファローレザーバケツトートバッグ 1133 BLACK ブラック シセイ チセイ バッグ メンズ あす楽対応_ 正規品,爆買い

モデル1133素材本体:BUFFALO(バッファローレザー/水牛革) 裏地:ピッグスキン(豚革)色BLACK(ブラック)ディテール・1気室 ・細巻きハンドル ・正面マグネット式ポケット ・側面ポケット2つ ・背面ポケット2つ ・底鋲5つ ・内側革張り(ピッグスキンライニング) ・底面・側面パイピング補強 ・内側ポケット×3(ファスナーポケット×1)状態新品未使用参考価格105,000円+消費税 国内代理店(リデア株式会社)が設定している国内定価になります。付属品ブランドタグ、ブランドカード、専用布袋 代理店下げ札製造国made in ITALYシセイの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 2006年にフィレンツェ在住の大平智生氏が立ち上げたバッグブランド、『Cisei(シセイ)』。 デザイナーである大平智生氏は、東京で工業デザインを学んだ後、1995年に渡伊。 革鞄作りの世界に身を置き、11年間、職人およびフリーのモデリストとして活躍し、 数々の有名ブランドの仕事を手掛けてきました。独立する直前まではチェレリーニに在籍。 名匠と謳われた故シルバノ・チェレリーニ氏に認められた数少ない職人のひとりです。 シセイのコンセプトは、「シンプルでいて常に上品に、ベーシックでいながら常に新鮮に」。 クラシックをベースにしたシンプルデザインでありながらモダンなサイジング、時代性と趣味のよさを 感じさせる素材とのマッチング、そして今となっては一部のブランドにしか使わないレザー芯の ハンドルやレザーライニング、ソリッドにこだわった数々のメタルパーツ、コバの磨き仕上げなど、 日本人ならではの繊細さとイタリアで学んだ数々のテクニックとこだわりが融合されています。 当店では、大平智生氏が在籍していた名門チェレリーニの製品を扱ってきましたが、 原価の高騰、およびシルバノ・チェレリーニ氏の他界による品質低下の危惧から、 シルバノ氏に師事した大平氏が手掛けるシセイの扱いをはじめることにしました。 大平氏の卓越した鞄作りの技術に、ラルディーニ、シヴィリア、クルチアーニなど、 数多くの人気ブランドを擁する代理店リデアの敏腕ディレクター神藤氏の感性が加わった シセイのコレクションは、イタリアクラシックの新しい可能性を感じさせてくれます。 ご紹介するのは、シセイを次にステージへと導く11番台コレクションの『1133』です。 941をはじめとする9番台コレクションは、定番として認知され安定した人気を誇っています。 イタリアンクラシックをベースにした9番台コレクションは、無類の完成度を誇りますが、 やや独創性に欠けるという一面がありました。新たに登場した11番台コレクションは、 従来のシセイの製品に対するイメージをいい意味で覆してくれる、美しく、エレガントで、 オリジナリティ溢れるデザインとなっています。デビュー以来、大平氏が積み重ねてきた経験と 磨き上げられた感性が如何なく発揮されたコレクションは、ブランドを次のステージへと導きます。 どのモデルも素晴らしい出来栄えですが、今回は手はじめに、11番台コレクションを代表する 美しい曲線フォルムを描くトートバッグ、ブリーフケース、ボストンバッグの三型を展開します。 なんでもポイッと放り込めて気軽に使えることから、老若男女から支持されているトートバッグ。 こちらの1133は、そんなトートバッグの利便性を損なうことなく、繊細なカッティングと 卓越したテクニックを駆使することによって、美しく官能的な曲線フォルムを描き出しています。 口が大きく開いて物の出し入れがしやすいシンプルな一室構造のトートバッグなのですが、 驚くべきことに(底面を除く)すべての面が「曲線(アーチ)」で構成されています。 波打つ海面のようなダイナミックなアーチを描くバッグ上辺、それに対し、バッグ側面や ポケット上辺は寄せては返す細波のような小さなアーチを描きます。異なる曲線が見事に調和して、 まるでルネサンス期の彫刻のような「普遍的にして個性豊かな造形美」を生み出しています。 こんなにも複雑で手間のかかる型紙を用いているバッグメーカーは他にはないと思います。 曲線の型紙を一寸違わぬサイズに切り出す高度な裁断技術、それを立体的に縫い合わせる縫製技術、 そしてなにより、その手間を惜しまない鞄作りへの情熱が無ければ、このバッグは作り得ません。 この領域までくると、もはやバッグは道具ではなく、手に持つ革工芸品と言っても過言ではありません。 素晴らしいのはデザインだけではありません。使用者目線で作り込まれているところがシセイの 製品のいいところです。広めのマチが設けられた、しっかりと容量のあるメインスペースに加え、 外側をぐるりと囲うようにして5つのポケットがデザインされているので、すごく使いやすいです。 機能性を高めるポケットを利用して、デザインを高めているところに大平氏のセンスが光ります。 内側にも3つのポケットが備わっているので、整理整頓はお手の物。バッグの中で荷物が迷子に なることはありません。また、底面を傷や汚れから守る鋲足が打たれていることもポイントです。 これがあるとないとでは雲泥の差。バッグを足元(床や地面)に置いても安心ですよ。 男性でも問題なく肩掛けできる絶妙な高さ(長さ)のハンドルや、耐久性を高めるために施された バッグ口や底面および側面のパイピングなど、細部のディテールにも手抜かりはありません。 しなやかな革が美しい曲線フォルムを描き出す1133は、カッチリしたスーツスタイルに持てば、 程よいカジュアル感を与えてくれ、逆にカジュアルな格好に持てば、大人らしく上品に見せてくれます。 みなさんすでにご存知のように、このところドレスとカジュアルの境目が曖昧になってきているので、 ビジネスでも問題なく使用して頂けます。スーツスタイルがこなれて見えること請け合いです。 オンオフを問わずに使えるので費用対効果バツグン。投資価値は十二分にあると思います。 作り(クオリティ)についてですが、多くを語る必要はないと思います。 シセイでは一定水準以上のクオリティを維持するため、無暗に生産を増やすことはしません。 顔料仕上げではなく磨きで終わるコバの仕上げや、考え抜かれた芯地の使い方、素材の選定など、 古典的な手法を今もなお守り続けています。このため、納期が遅れるのが玉に瑕なのですが(笑)。 目に見えない部分にこだわっているからこそ、世界一うるさいと言われる日本の有名セレクト ショップで定番展開されているのだと思います。贔屓目なしに見ても、ひとつ上の価格帯である シャンボールセリエやチェレリーニの品に見劣りしないクオリティであると断言できます。 使用されている革は、『ナチュラルな風合いと高級感を合わせ持つバッファローレザー』になります。 BUFFALO(バッファロー)と呼ばれるこちらの革は、LINDOS(リンドス)と人気を二分する ブランドを代表する革になります。デビュー当初、ほとんどの製品にバッファローレザーが 使用されていたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。初期のバッファローレザーは、 シボが大きく不均一でクオリティが安定しないという欠点がありました。また、ワイルドな反面、 上品さに欠けたので、人によって好き嫌いが分かれるところでした。これらの問題を解決したのが、 新しく登場したバッファローレザーです。名称は以前と同じですが、まったく別の革になるとお考え下さい。 新生バッファローレザーは、ローラーによって銀面を重圧することで平滑に仕上げているので、 透き通るような美しい艶があります。以前のバッファローレザーのようなワイルドさはありませんが、 その代わり、エレガントで、ひと目で伝わる高級感があります。カーフを凌ぐほどやわらかく、 しっとり吸い付くような手触りで、モチッとした弾力があり、丈夫で型崩れしにくいことが特徴です。 単にやわらかいだけではなく、独特のハリとコシがあるので、バッグの形がキレイに出ます。 水牛革なので耐水性が高く、汚れが付きにくくケアが容易、加えて、使えば使うほどその人ならではの 艶感や光沢感が増してきて、年を追うごとにラグジュアリーな質感になっていくことも大きな魅力です。 それなりのお値段ですが、間違いなくそれに見合う(もしくはそれ以上の)価値のある、 トップクオリティの革なので、確かな審美眼をお持ちの方にも気に入って頂ける自信があります。 洗練されたエレガンスを備えた傑作、「バッファローレザーバケツトートバッグ(1133)」です。 他店で扱いの少ない11番台コレクションの品なので、気に入った人はお早めにお買い求め下さい。 サイズ表Size横幅/上横幅/下高さマチ/上マチ/下持ち手413432171552※ 持ち手の長さは、本体との接点から接点までを計測した数値になります。 持ち手の高さ(バッグ上辺からハンドル最上部までの距離)は約18cmになります。 ※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 バッファローレザーバケツトートバッグ 1133 BLACK ブラック シセイ チセイ バッグ メンズ あす楽対応_ 正規品,爆買い —— 62,900円

Cisei(シセイ)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 バッファローレザーバケツトートバッグ 1133 NAVY ネイビー シセイ チセイ バッグ メンズ あす楽対応_ 豊富な,2017

モデル1133素材本体:BUFFALO(バッファローレザー/水牛革) 裏地:ピッグスキン(豚革)色NAVY(ネイビー)ディテール・1気室 ・細巻きハンドル ・正面マグネット式ポケット ・側面ポケット2つ ・背面ポケット2つ ・底鋲5つ ・内側革張り(ピッグスキンライニング) ・底面・側面パイピング補強 ・内側ポケット×3(ファスナーポケット×1)状態新品未使用参考価格105,000円+消費税 国内代理店(リデア株式会社)が設定している国内定価になります。付属品ブランドタグ、ブランドカード、専用布袋 代理店下げ札製造国made in ITALYシセイの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 2006年にフィレンツェ在住の大平智生氏が立ち上げたバッグブランド、『Cisei(シセイ)』。 デザイナーである大平智生氏は、東京で工業デザインを学んだ後、1995年に渡伊。 革鞄作りの世界に身を置き、11年間、職人およびフリーのモデリストとして活躍し、 数々の有名ブランドの仕事を手掛けてきました。独立する直前まではチェレリーニに在籍。 名匠と謳われた故シルバノ・チェレリーニ氏に認められた数少ない職人のひとりです。 シセイのコンセプトは、「シンプルでいて常に上品に、ベーシックでいながら常に新鮮に」。 クラシックをベースにしたシンプルデザインでありながらモダンなサイジング、時代性と趣味のよさを 感じさせる素材とのマッチング、そして今となっては一部のブランドにしか使わないレザー芯の ハンドルやレザーライニング、ソリッドにこだわった数々のメタルパーツ、コバの磨き仕上げなど、 日本人ならではの繊細さとイタリアで学んだ数々のテクニックとこだわりが融合されています。 当店では、大平智生氏が在籍していた名門チェレリーニの製品を扱ってきましたが、 原価の高騰、およびシルバノ・チェレリーニ氏の他界による品質低下の危惧から、 シルバノ氏に師事した大平氏が手掛けるシセイの扱いをはじめることにしました。 大平氏の卓越した鞄作りの技術に、ラルディーニ、シヴィリア、クルチアーニなど、 数多くの人気ブランドを擁する代理店リデアの敏腕ディレクター神藤氏の感性が加わった シセイのコレクションは、イタリアクラシックの新しい可能性を感じさせてくれます。 ご紹介するのは、シセイを次にステージへと導く11番台コレクションの『1133』です。 941をはじめとする9番台コレクションは、定番として認知され安定した人気を誇っています。 イタリアンクラシックをベースにした9番台コレクションは、無類の完成度を誇りますが、 やや独創性に欠けるという一面がありました。新たに登場した11番台コレクションは、 従来のシセイの製品に対するイメージをいい意味で覆してくれる、美しく、エレガントで、 オリジナリティ溢れるデザインとなっています。デビュー以来、大平氏が積み重ねてきた経験と 磨き上げられた感性が如何なく発揮されたコレクションは、ブランドを次のステージへと導きます。 どのモデルも素晴らしい出来栄えですが、今回は手はじめに、11番台コレクションを代表する 美しい曲線フォルムを描くトートバッグ、ブリーフケース、ボストンバッグの三型を展開します。 なんでもポイッと放り込めて気軽に使えることから、老若男女から支持されているトートバッグ。 こちらの1133は、そんなトートバッグの利便性を損なうことなく、繊細なカッティングと 卓越したテクニックを駆使することによって、美しく官能的な曲線フォルムを描き出しています。 口が大きく開いて物の出し入れがしやすいシンプルな一室構造のトートバッグなのですが、 驚くべきことに(底面を除く)すべての面が「曲線(アーチ)」で構成されています。 波打つ海面のようなダイナミックなアーチを描くバッグ上辺、それに対し、バッグ側面や ポケット上辺は寄せては返す細波のような小さなアーチを描きます。異なる曲線が見事に調和して、 まるでルネサンス期の彫刻のような「普遍的にして個性豊かな造形美」を生み出しています。 こんなにも複雑で手間のかかる型紙を用いているバッグメーカーは他にはないと思います。 曲線の型紙を一寸違わぬサイズに切り出す高度な裁断技術、それを立体的に縫い合わせる縫製技術、 そしてなにより、その手間を惜しまない鞄作りへの情熱が無ければ、このバッグは作り得ません。 この領域までくると、もはやバッグは道具ではなく、手に持つ革工芸品と言っても過言ではありません。 素晴らしいのはデザインだけではありません。使用者目線で作り込まれているところがシセイの 製品のいいところです。広めのマチが設けられた、しっかりと容量のあるメインスペースに加え、 外側をぐるりと囲うようにして5つのポケットがデザインされているので、すごく使いやすいです。 機能性を高めるポケットを利用して、デザインを高めているところに大平氏のセンスが光ります。 内側にも3つのポケットが備わっているので、整理整頓はお手の物。バッグの中で荷物が迷子に なることはありません。また、底面を傷や汚れから守る鋲足が打たれていることもポイントです。 これがあるとないとでは雲泥の差。バッグを足元(床や地面)に置いても安心ですよ。 男性でも問題なく肩掛けできる絶妙な高さ(長さ)のハンドルや、耐久性を高めるために施された バッグ口や底面および側面のパイピングなど、細部のディテールにも手抜かりはありません。 しなやかな革が美しい曲線フォルムを描き出す1133は、カッチリしたスーツスタイルに持てば、 程よいカジュアル感を与えてくれ、逆にカジュアルな格好に持てば、大人らしく上品に見せてくれます。 みなさんすでにご存知のように、このところドレスとカジュアルの境目が曖昧になってきているので、 ビジネスでも問題なく使用して頂けます。スーツスタイルがこなれて見えること請け合いです。 オンオフを問わずに使えるので費用対効果バツグン。投資価値は十二分にあると思います。 作り(クオリティ)についてですが、多くを語る必要はないと思います。 シセイでは一定水準以上のクオリティを維持するため、無暗に生産を増やすことはしません。 顔料仕上げではなく磨きで終わるコバの仕上げや、考え抜かれた芯地の使い方、素材の選定など、 古典的な手法を今もなお守り続けています。このため、納期が遅れるのが玉に瑕なのですが(笑)。 目に見えない部分にこだわっているからこそ、世界一うるさいと言われる日本の有名セレクト ショップで定番展開されているのだと思います。贔屓目なしに見ても、ひとつ上の価格帯である シャンボールセリエやチェレリーニの品に見劣りしないクオリティであると断言できます。 使用されている革は、『ナチュラルな風合いと高級感を合わせ持つバッファローレザー』になります。 BUFFALO(バッファロー)と呼ばれるこちらの革は、LINDOS(リンドス)と人気を二分する ブランドを代表する革になります。デビュー当初、ほとんどの製品にバッファローレザーが 使用されていたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。初期のバッファローレザーは、 シボが大きく不均一でクオリティが安定しないという欠点がありました。また、ワイルドな反面、 上品さに欠けたので、人によって好き嫌いが分かれるところでした。これらの問題を解決したのが、 新しく登場したバッファローレザーです。名称は以前と同じですが、まったく別の革になるとお考え下さい。 新生バッファローレザーは、ローラーによって銀面を重圧することで平滑に仕上げているので、 透き通るような美しい艶があります。以前のバッファローレザーのようなワイルドさはありませんが、 その代わり、エレガントで、ひと目で伝わる高級感があります。カーフを凌ぐほどやわらかく、 しっとり吸い付くような手触りで、モチッとした弾力があり、丈夫で型崩れしにくいことが特徴です。 単にやわらかいだけではなく、独特のハリとコシがあるので、バッグの形がキレイに出ます。 水牛革なので耐水性が高く、汚れが付きにくくケアが容易、加えて、使えば使うほどその人ならではの 艶感や光沢感が増してきて、年を追うごとにラグジュアリーな質感になっていくことも大きな魅力です。 それなりのお値段ですが、間違いなくそれに見合う(もしくはそれ以上の)価値のある、 トップクオリティの革なので、確かな審美眼をお持ちの方にも気に入って頂ける自信があります。 洗練されたエレガンスを備えた傑作、「バッファローレザーバケツトートバッグ(1133)」です。 他店で扱いの少ない11番台コレクションの品なので、気に入った人はお早めにお買い求め下さい。 サイズ表Size横幅/上横幅/下高さマチ/上マチ/下持ち手413432171552※ 持ち手の長さは、本体との接点から接点までを計測した数値になります。 持ち手の高さ(バッグ上辺からハンドル最上部までの距離)は約18cmになります。 ※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 バッファローレザーバケツトートバッグ 1133 NAVY ネイビー シセイ チセイ バッグ メンズ あす楽対応_ 豊富な,2017 —— 62,900円

Cisei(シセイ)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 バッファローレザーブリーフケース 1130 D.BROWN ブラウン シセイ チセイ ブリーフバッグ トート クラッチ バッグ メンズ あす楽対応_ お買い得,得価

モデル1130素材本体:BUFFALO(バッファローレザー/水牛革) 裏地:ピッグスキン(豚革)色D.BROWN(ブラウン)ディテール・1気室(ファスナー式) ・細巻きハンドル ・正面マグネット式ポケット ・背面ポケット2つ ・底鋲5つ ・内側革張り(ピッグスキンライニング) ・底面・側面パイピング補強 ・内側ポケット×3(ファスナーポケット×1)状態新品未使用参考価格105,000円+消費税 国内代理店(リデア株式会社)が設定している国内定価になります。付属品ブランドタグ、ブランドカード、専用布袋 代理店下げ札製造国made in ITALYシセイの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 2006年にフィレンツェ在住の大平智生氏が立ち上げたバッグブランド、『Cisei(シセイ)』。 デザイナーである大平智生氏は、東京で工業デザインを学んだ後、1995年に渡伊。 革鞄作りの世界に身を置き、11年間、職人およびフリーのモデリストとして活躍し、 数々の有名ブランドの仕事を手掛けてきました。独立する直前まではチェレリーニに在籍。 名匠と謳われた故シルバノ・チェレリーニ氏に認められた数少ない職人のひとりです。 シセイのコンセプトは、「シンプルでいて常に上品に、ベーシックでいながら常に新鮮に」。 クラシックをベースにしたシンプルデザインでありながらモダンなサイジング、時代性と趣味のよさを 感じさせる素材とのマッチング、そして今となっては一部のブランドにしか使わないレザー芯の ハンドルやレザーライニング、ソリッドにこだわった数々のメタルパーツ、コバの磨き仕上げなど、 日本人ならではの繊細さとイタリアで学んだ数々のテクニックとこだわりが融合されています。 当店では、大平智生氏が在籍していた名門チェレリーニの製品を扱ってきましたが、 原価の高騰、およびシルバノ・チェレリーニ氏の他界による品質低下の危惧から、 シルバノ氏に師事した大平氏が手掛けるシセイの扱いをはじめることにしました。 大平氏の卓越した鞄作りの技術に、ラルディーニ、シヴィリア、クルチアーニなど、 数多くの人気ブランドを擁する代理店リデアの敏腕ディレクター神藤氏の感性が加わった シセイのコレクションは、イタリアクラシックの新しい可能性を感じさせてくれます。 ご紹介するのは、シセイを次にステージへと導く11番台コレクションの『1130』です。 941をはじめとする9番台コレクションは、定番として認知され安定した人気を誇っています。 イタリアンクラシックをベースにした9番台コレクションは、無類の完成度を誇りますが、 やや独創性に欠けるという一面がありました。新たに登場した11番台コレクションは、 従来のシセイの製品に対するイメージをいい意味で覆してくれる、美しく、エレガントで、 オリジナリティ溢れるデザインとなっています。デビュー以来、大平氏が積み重ねてきた経験と 磨き上げられた感性が如何なく発揮されたコレクションは、ブランドを次のステージへと導きます。 どのモデルも素晴らしい出来栄えですが、今回は手はじめに、11番台コレクションを代表する 美しい曲線フォルムを描くトートバッグ、ブリーフケース、ボストンバッグの三型を展開します。 ビジネスパーソンの必需品『ブリーフケース(ブリーフバッグ)』。昨今、ドレスとカジュアルの 境目が曖昧になってきており、スーツスタイルにリュックを背負っている人をよく見かけますが、 スーツは男の戦闘服です。カッチリとしたスーツ姿には、やはりブリーフケースがよく似合います。 毎日使うものだからこそ、持つことに喜びを感じる上等な品を選んでみてはいかがでしょうか。 シセイの1130は、ブリーフケースのカッチリ感を損なうことなく、繊細なカッティングと 卓越したテクニックを駆使することによって、美しく官能的な曲線フォルムを描き出しています。 口が大きく開いて物の出し入れがしやすいシンプルな一室構造のブリーフケースなのですが、 驚くべきことに(底面を除く)すべての面が「曲線(アーチ)」で構成されています。 波打つ海面のようなダイナミックなアーチを描くバッグ上辺、それに対し、バッグ側面や ポケット上辺は寄せては返す細波のような小さなアーチを描きます。異なる曲線が見事に調和して、 まるでルネサンス期の彫刻のような「普遍的にして個性豊かな造形美」を生み出しています。 こんなにも複雑で手間のかかる型紙を用いているバッグメーカーは他にはないと思います。 曲線の型紙を一寸違わぬサイズに切り出す高度な裁断技術、それを立体的に縫い合わせる縫製技術、 そしてなにより、その手間を惜しまない鞄作りへの情熱が無ければ、このバッグは作り得ません。 この領域までくると、もはやバッグは道具ではなく、手に持つ革工芸品と言っても過言ではありません。 素晴らしいのはデザインだけではありません。使用者目線で作り込まれているところがシセイの 製品のいいところです。広めのマチが設けられた、しっかりと容量のあるメインスペースに加え、 外側をぐるりと囲うようにして3つのポケットがデザインされているので、すごく使いやすいです。 機能性を高めるポケットを利用して、デザインを高めているところに大平氏のセンスが光ります。 内側にも3つのポケットが備わっているので、整理整頓はお手の物。バッグの中で荷物が迷子に なることはありません。また、底面を傷や汚れから守る鋲足が打たれていることもポイントです。 これがあるとないとでは雲泥の差。バッグを足元(床や地面)に置いても安心ですよ。 底面や側面にパイピングをあしらうことで耐久性を高めているあたりも流石です。 作り(クオリティ)についてですが、多くを語る必要はないと思います。 シセイでは一定水準以上のクオリティを維持するため、無暗に生産を増やすことはしません。 顔料仕上げではなく磨きで終わるコバの仕上げや、考え抜かれた芯地の使い方、素材の選定など、 古典的な手法を今もなお守り続けています。このため、納期が遅れるのが玉に瑕なのですが(笑)。 目に見えない部分にこだわっているからこそ、世界一うるさいと言われる日本の有名セレクト ショップで定番展開されているのだと思います。贔屓目なしに見ても、ひとつ上の価格帯である シャンボールセリエやチェレリーニの品に見劣りしないクオリティであると断言できます。 使用されている革は、『ナチュラルな風合いと高級感を合わせ持つバッファローレザー』になります。 BUFFALO(バッファロー)と呼ばれるこちらの革は、LINDOS(リンドス)と人気を二分する ブランドを代表する革になります。デビュー当初、ほとんどの製品にバッファローレザーが 使用されていたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。初期のバッファローレザーは、 シボが大きく不均一でクオリティが安定しないという欠点がありました。また、ワイルドな反面、 上品さに欠けたので、人によって好き嫌いが分かれるところでした。これらの問題を解決したのが、 新しく登場したバッファローレザーです。名称は以前と同じですが、まったく別の革になるとお考え下さい。 新生バッファローレザーは、ローラーによって銀面を重圧することで平滑に仕上げているので、 透き通るような美しい艶があります。以前のバッファローレザーのようなワイルドさはありませんが、 その代わり、エレガントで、ひと目で伝わる高級感があります。カーフを凌ぐほどやわらかく、 しっとり吸い付くような手触りで、モチッとした弾力があり、丈夫で型崩れしにくいことが特徴です。 単にやわらかいだけではなく、独特のハリとコシがあるので、バッグの形がキレイに出ます。 水牛革なので耐水性が高く、汚れが付きにくくケアが容易、加えて、使えば使うほどその人ならではの 艶感や光沢感が増してきて、年を追うごとにラグジュアリーな質感になっていくことも大きな魅力です。 それなりのお値段ですが、間違いなくそれに見合う(もしくはそれ以上の)価値のある、 トップクオリティの革なので、確かな審美眼をお持ちの方にも気に入って頂ける自信があります。 スーツスタイルを格上げする傑作、「バッファローレザーブリーフケース(1130)」です。 他店で扱いの少ない11番台コレクションの品なので、気に入った人はお早めにお買い求め下さい。 サイズ表Size横幅/上横幅/下高さマチ持ち手4439341148※ 高さは本体中央部を計測した数値になります。 ※ 持ち手の長さは、本体との接点から接点までを計測した数値になります。 持ち手の高さ(バッグ上辺からハンドル最上部までの距離)は約15cmになります。 ※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 バッファローレザーブリーフケース 1130 D.BROWN ブラウン シセイ チセイ ブリーフバッグ トート クラッチ バッグ メンズ あす楽対応_ お買い得,得価 —— 62,900円

Cisei(シセイ)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 バッファローレザーボストンバッグ 1131 BLACK ブラック シセイ チセイ ブリーフバッグ トート クラッチ バッグ メンズ あす楽対応_ SALE,定番人気

モデル1131素材本体:BUFFALO(バッファローレザー/水牛革) 裏地:ピッグスキン(豚革)色BLACK(ブラック)ディテール・1気室(ファスナー式) ・細巻きハンドル ・正面マグネット式ポケット ・背面ポケット2つ ・底鋲5つ ・内側革張り(ピッグスキンライニング) ・底面・側面パイピング補強 ・内側ポケット×3(ファスナーポケット×1)状態新品未使用参考価格117,000円+消費税 国内代理店(リデア株式会社)が設定している国内定価になります。付属品ブランドタグ、ブランドカード、専用布袋 代理店下げ札製造国made in ITALYシセイの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 2006年にフィレンツェ在住の大平智生氏が立ち上げたバッグブランド、『Cisei(シセイ)』。 デザイナーである大平智生氏は、東京で工業デザインを学んだ後、1995年に渡伊。 革鞄作りの世界に身を置き、11年間、職人およびフリーのモデリストとして活躍し、 数々の有名ブランドの仕事を手掛けてきました。独立する直前まではチェレリーニに在籍。 名匠と謳われた故シルバノ・チェレリーニ氏に認められた数少ない職人のひとりです。 シセイのコンセプトは、「シンプルでいて常に上品に、ベーシックでいながら常に新鮮に」。 クラシックをベースにしたシンプルデザインでありながらモダンなサイジング、時代性と趣味のよさを 感じさせる素材とのマッチング、そして今となっては一部のブランドにしか使わないレザー芯の ハンドルやレザーライニング、ソリッドにこだわった数々のメタルパーツ、コバの磨き仕上げなど、 日本人ならではの繊細さとイタリアで学んだ数々のテクニックとこだわりが融合されています。 当店では、大平智生氏が在籍していた名門チェレリーニの製品を扱ってきましたが、 原価の高騰、およびシルバノ・チェレリーニ氏の他界による品質低下の危惧から、 シルバノ氏に師事した大平氏が手掛けるシセイの扱いをはじめることにしました。 大平氏の卓越した鞄作りの技術に、ラルディーニ、シヴィリア、クルチアーニなど、 数多くの人気ブランドを擁する代理店リデアの敏腕ディレクター神藤氏の感性が加わった シセイのコレクションは、イタリアクラシックの新しい可能性を感じさせてくれます。 ご紹介するのは、シセイを次にステージへと導く11番台コレクションの『1131』です。 941をはじめとする9番台コレクションは、定番として認知され安定した人気を誇っています。 イタリアンクラシックをベースにした9番台コレクションは、無類の完成度を誇りますが、 やや独創性に欠けるという一面がありました。新たに登場した11番台コレクションは、 従来のシセイの製品に対するイメージをいい意味で覆してくれる、美しく、エレガントで、 オリジナリティ溢れるデザインとなっています。デビュー以来、大平氏が積み重ねてきた経験と 磨き上げられた感性が如何なく発揮されたコレクションは、ブランドを次のステージへと導きます。 どのモデルも素晴らしい出来栄えですが、今回は手はじめに、11番台コレクションを代表する 美しい曲線フォルムを描くトートバッグ、ブリーフケース、ボストンバッグの三型を展開します。 旅行はもちろん、年末年始の帰省、出張など、意外と使う機会の多い『ボストンバッグ』。 気軽に使えるスーツケースやナイロン製のボストンバッグもいいですが、お洒落にこだわる人なら、 見栄えがするボストンバッグがひとつは欲しいところですよね。そうは言っても、スーツ姿にも合う 上等なボストンバッグはあまり出回っておらず、いざ探すとなるとなかなか見つからないと思います。 そこでお勧めなのが、シセイの11番台コレクションから登場した1131です。ボストンバッグの 本来の役割である「多くの荷物を持ち運ぶ」という機能を損なうことなく、繊細なカッティングと 卓越したテクニックを駆使することによって、美しく官能的な曲線フォルムを描き出しています。 口が大きく開いて物の出し入れがしやすいシンプルな一室構造のボストンバッグなのですが、 驚くべきことに(底面を除く)すべての面が「曲線(アーチ)」で構成されています。 波打つ海面のようなダイナミックなアーチを描くバッグ上辺、それに対し、バッグ側面や ポケット上辺は寄せては返す細波のような小さなアーチを描きます。異なる曲線が見事に調和して、 まるでルネサンス期の彫刻のような「普遍的にして個性豊かな造形美」を生み出しています。 こんなにも複雑で手間のかかる型紙を用いているバッグメーカーは他にはないと思います。 曲線の型紙を一寸違わぬサイズに切り出す高度な裁断技術、それを立体的に縫い合わせる縫製技術、 そしてなにより、その手間を惜しまない鞄作りへの情熱が無ければ、このバッグは作り得ません。 この領域までくると、もはやバッグは道具ではなく、手に持つ革工芸品と言っても過言ではありません。 素晴らしいのはデザインだけではありません。使用者目線で作り込まれているところがシセイの 製品のいいところです。広めのマチが設けられた、しっかりと容量のあるメインスペースに加え、 外側をぐるりと囲うようにして3つのポケットがデザインされているので、すごく使いやすいです。 機能性を高めるポケットを利用して、デザインを高めているところに大平氏のセンスが光ります。 内側にも3つのポケットが備わっているので、整理整頓はお手の物。バッグの中で荷物が迷子に なることはありません。また、底面を傷や汚れから守る鋲足が打たれていることもポイントです。 これがあるとないとでは雲泥の差。バッグを足元(床や地面)に置いても安心ですよ。 底面や側面にパイピングをあしらうことで耐久性を高めているあたりも流石です。 作り(クオリティ)についてですが、多くを語る必要はないと思います。 シセイでは一定水準以上のクオリティを維持するため、無暗に生産を増やすことはしません。 顔料仕上げではなく磨きで終わるコバの仕上げや、考え抜かれた芯地の使い方、素材の選定など、 古典的な手法を今もなお守り続けています。このため、納期が遅れるのが玉に瑕なのですが(笑)。 目に見えない部分にこだわっているからこそ、世界一うるさいと言われる日本の有名セレクト ショップで定番展開されているのだと思います。贔屓目なしに見ても、ひとつ上の価格帯である シャンボールセリエやチェレリーニの品に見劣りしないクオリティであると断言できます。 使用されている革は、『ナチュラルな風合いと高級感を合わせ持つバッファローレザー』になります。 BUFFALO(バッファロー)と呼ばれるこちらの革は、LINDOS(リンドス)と人気を二分する ブランドを代表する革になります。デビュー当初、ほとんどの製品にバッファローレザーが 使用されていたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。初期のバッファローレザーは、 シボが大きく不均一でクオリティが安定しないという欠点がありました。また、ワイルドな反面、 上品さに欠けたので、人によって好き嫌いが分かれるところでした。これらの問題を解決したのが、 新しく登場したバッファローレザーです。名称は以前と同じですが、まったく別の革になるとお考え下さい。 新生バッファローレザーは、ローラーによって銀面を重圧することで平滑に仕上げているので、 透き通るような美しい艶があります。以前のバッファローレザーのようなワイルドさはありませんが、 その代わり、エレガントで、ひと目で伝わる高級感があります。カーフを凌ぐほどやわらかく、 しっとり吸い付くような手触りで、モチッとした弾力があり、丈夫で型崩れしにくいことが特徴です。 単にやわらかいだけではなく、独特のハリとコシがあるので、バッグの形がキレイに出ます。 水牛革なので耐水性が高く、汚れが付きにくくケアが容易、加えて、使えば使うほどその人ならではの 艶感や光沢感が増してきて、年を追うごとにラグジュアリーな質感になっていくことも大きな魅力です。 それなりのお値段ですが、間違いなくそれに見合う(もしくはそれ以上の)価値のある、 トップクオリティの革なので、確かな審美眼をお持ちの方にも気に入って頂ける自信があります。 旅に出たくなる気持ちにさせる傑作、「バッファローレザーボストンバッグ(1131)」です。 他店で扱いの少ない11番台コレクションの品なので、気に入った人はお早めにお買い求め下さい。 サイズ表Size横幅/上横幅/下高さマチ持ち手5248301848※ 高さは本体中央部を計測した数値になります。 ※ 持ち手の長さは、本体との接点から接点までを計測した数値になります。 持ち手の高さ(バッグ上辺からハンドル最上部までの距離)は約15cmになります。 ※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

シセイ チセイ Cisei 国内正規品 バッファローレザーボストンバッグ 1131 BLACK ブラック シセイ チセイ ブリーフバッグ トート クラッチ バッグ メンズ あす楽対応_ SALE,定番人気 —— 70,100円