www.mayaklviv.com

まじめにふまじめ




Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールシルクフランネルチェック3Bジャケット OW5012 C3001 ブライトネイビー基調 ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 限定SALE,人気SALE

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルOW5012(C3001/JAPAN SLIM FIT)素材表地:ウール95%・シルク5% 袖裏地:キュプラ100%生地透き通るような光沢のあるウールフランネルシーズン秋冬色ブライトネイビー基調(70) 微妙にトーンが違う糸を打ち込んだイタリアらしい明るめのネイビー(ブライトネイビー)にグレーとホワイトを組み合わせたウィンドーペーンが入る、上品で清潔感のあるカラーリングになります。模様ウィンドーペーンディテール・段返り3B(本水牛ボタン/手縫いボタン付け) ・袖4B(未処理/袖額縁仕上げ) ・一枚仕立て(大身返し/身返し手まつり縫い) ・袖裏地 ・サイドベント ・ノッチドラペル(手縫いヒゲ処理/ハ刺し) ・胸バルカポケット ・身頃パッチポケット ・ソフトショルダー(薄手毛芯) ・手がかりボタンホール ・手縫いによるイセ込み×前振りの袖付け ・ラペル・フロント・ポケット手縫い ・裾まわり手まつり縫い ・手縫いブランドラベル付け ・内側ポケット2つ状態新品未使用代理店価格140,000円+消費税付属品ブランドタグ、袖ボタン、予備ボタン、代理店下げ札、専用ハンガー製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail トータルブランドへと変貌を遂げたルイジ・ボレッリ当代随一のカミチェリアであるルイジ・ボレッリは、1980年代にシャツに合わせるネクタイを、 90年代後半にはジャケットやスーツに加え、アウター、ジーンズ、ニット等のカジュアルウェアの 生産を開始。トータルブランドとして大きく成長を遂げました。ルイジ・ボレッリのウェアに 息づくのは、シャツの仕立て工房だった時代から変わらないイタリアのもの作りの精神です。 王室納めの最高級シャツを作ってきた誇りを胸に、ナポリの伝統的なテーラリング技術を継承した 職人たちによって作り出されるジャケットやスーツは、クラシコイタリアのひとつの到達点です。 現代的な感覚を取り入れたカジュアルウェアにおいても、身体を包み込む服はどんなことがあっても 快適でなければならないというポリシーのもと、素材と着心地にこだわって作られています。 ナポリの伝統を今に受け継ぐ「フル毛芯仕立てジャケット」元来ボレッリのジャケットには二つのライン、つまり、フル毛芯のエクスクルーシブラインと 半毛芯(半接着芯)のレギュラーラインがありましたが、最高級を目指すイタリア本国の意向から 近年はエクスクルーシブラインのみの展開でした。線引き、裁断、芯地の成形、アイロンワークまで、 すべてを職人が手作業で行うエクスクルーシブラインのエッセンスを残しつつも、効率的に機械を 用いることで生産性を向上させたのが、15-16AWからスタートした「新生レギュラーライン」です。 以前のレギュラーラインとは異なり、ボレッリが頑なに守り続けてきた手仕事をふんだんに取り入れた フル毛芯仕立てで、生地のグレードを落すことなくリアルなプライスを実現していることが特徴です。 近年、ボリオリ、ラルディーニ、タリアトーレの登場によって、半毛芯のマシンメイド ジャケットがマーケットを席巻しています。そんな中、クラシック回帰の流れから、 そろそろ「ジャケットやスーツをカッチリ着たいな」という気分が高まりを見せており、 イザイアやベルベストに代表されるフル毛芯のジャケットが注目されはじめています。 新たに登場したボレッリのジャケットは、そんなクラシック回帰の流れを反映したものです。 軽くてやわらかい着心地なのに、ビシッと美しいフォルムが生まれるフル毛芯ジャケットは、 クラシックな空気を漂わせており、いま着たい!と思わせる魅力に溢れています。 現代的なエッセンスを取り入れた「モダンナポリスタイル」デザインは、クラシコイタリアの王道を行く『段返り3Bジャケット』になります。 曲面と曲線の連続性を重視して作られた典型的なナポリスタイルのジャケットですが、 男らしい印象のセミワイドラペル、コンパクトな肩まわり、スマートに見える狭めの前身頃、 やや短めの着丈などにより、クラシックさの中に現代的なエッセンスを溶け込ませることによって、 決して懐古趣味にならない「モダンな印象のナポリスタイルジャケット」へと昇華されています。 ゴージは高すぎず低すぎず、クラシックな位置を守っているところに普遍的な美しさを感じます。 熟練した職人のハンドステッチで華を添えたバルカポケットやナス型パッチポケットによって 絶妙なカジュアル感が生まれているため、オンオフを問わずエレガントに装うことができます。 完成されたスタイル故、トレンドに左右されることなく長年愛用して頂けます。 男の身体を凛々しく見せる立体的なフォルム言うまでもありませんが、着心地のよさやシルエットの美しさは半毛芯のマシンメイド ジャケットよりも秀でています。肩パッドなどの副資材を極力省いたソフトな仕立てですが、 脇の下をぐっと食い込ませる独特なカッティングと立体的に成形された毛芯によって、 精悍な胸まわりのボリュームを生み出しています。袖付けはもちろんハンドになります。 たっぷりイセ込んだ肩と前方に大きく湾曲する前振り袖によって、高い運動性を実現しています。 昔ながらのギャザーを強調したマニカカミーチャではなく、あくまで上品に、生地のドレープ感を 活かした波打つ海面のような肩の表情が非常にエレガントです。ウエストは第二ボタンの位置で やや強めにシェイプされており、さながら裸体に近い艶めかしいドレープラインを生み出します。 大きく流れるフロントカットも特徴で、なだらかなショルダーラインと調和して曲線美を演出します。 この他にも、首まわりに巻き付くノボリ衿、ラペル裏のハ刺し、美しい曲線を描くラペルのロール、 背中に吸い付くエレガントなバックスタイルなどから、仕立てのよさが窺い知れます。 フル毛芯仕立てのジャケットは、職人のアイロンワークによって立体的に成形された毛芯が、 より美しく凛々しい体型へと導いてくれます。つまり、体型補正効果に優れています。 昨今流行のアンコンジャケットを「衣」とするならば、フル毛芯ジャケットは「鎧」です。 肝心の着心地ですが、胸のふくらみを計算して肩線をやや前方に振ることで着用時にジャケットの 重量が前後均一に分散されて肩に乗るように設計されているので、すごく軽くて着やすいです。 はじめて着る人は、手に持ったときの重量と着たときの重量がまったく違うことに驚かれると思います。 職人の手縫いがマシンメイドにはない色気を生み出す美しく見せることに並々ならぬ拘りを持つブランドなだけに、表情作りが非常に上手いです。 機械の導入で効率化を図りつつも、ラペル、フロント、ポケット、ボタンホール等、目に見える ほとんどの箇所を手縫いで仕上げています。身返しや裾まわりなど、見えない箇所についても 手まつり縫いで仕上げることで、ふんわりとしたやわらかい表情を作り出しています。 人間の心理というものは矛盾に満ちており、マシンメイドの標準化されたクオリティの品が ありふれた現在であっても、職人が一針一針縫い上げた不均一なステッチに心を奪われるものです。 透き通るような光沢を湛える英国柄ウールフランネルトップクオリティのウール素材を主原料にした細番手の紡毛糸を平織りにした後、 縮絨することで目を詰めて保温性を高めた、秋冬の定番ウールフランネルになります。 分厚くてゴワゴワしている従来のウールフランネルとは異なり、目付け230グラムと軽量で フワッとやわらかい生地になるのでストレスなく着用できます。細番手糸で織られている、 加えて、プレスによって表面の毛羽(起毛)が抑えられているため、サキソニーのような見た目で 透き通るような光沢を帯びています。軽く、暖かく、高級感がある、そのうえ丈夫で長く着られる、 非常にバランスのいい生地です。もちろん肌触りも格別。チクチクやゴワゴワは皆無です。 イタリアらしい明るめのネイビー(ブライトネイビー)にグレーとホワイトを組み合わせた ウィンドーペーンを配したカラーリングも秀逸。クラシックさの中にモダンな感性が光ります。 余談ですが、ボレッリが使用する生地は、ほとんどがイタリア服地産業の聖地、ビエラ地区の 名門ミルのものです。代表的なメーカーを挙げると、エルメネジルドゼニア、ロロ・ピアーナ、 カノニコ、ドラゴなどです。生地の織りネームは付きませんが、品質の高さは折り紙つきです。 直営店を運営しております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size ※ 胴囲はもっとも細い部分を計測した数値になります。 ※ 着丈は襟を含めずに計測した数値になります。 (単位: cm)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールシルクフランネルチェック3Bジャケット OW5012 C3001 ブライトネイビー基調 ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 限定SALE,人気SALE —— 58,700円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールシルクライトツイードチェック3Bジャケット OW5012 C3046 ネイビー×クランベリー ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 驚きの破格値,定番人気

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルOW5012(C3046/JAPAN SLIM FIT)素材表地:ウール80%・シルク20% 袖裏地:キュプラ100%生地滑らかな肌触りのヴィンテージ調ライトツイードシーズン秋冬色ネイビー×クランベリー(40) トーンの違う数種類のネイビー糸を打ち込んだメランジ調のネイビー地に深みのある赤系カラー・クランベリーのチェックが入る、カノニコならではと言えるファッション感度の高いカラーリングです。模様チェックディテール・段返り3B(本水牛ボタン/手縫いボタン付け) ・袖4B(未処理/袖額縁仕上げ) ・一枚仕立て(大身返し/身返し手まつり縫い) ・袖裏地 ・サイドベント ・ノッチドラペル(手縫いヒゲ処理/ハ刺し) ・胸バルカポケット ・身頃パッチポケット ・ソフトショルダー(薄手毛芯) ・手がかりボタンホール ・手縫いによるイセ込み×前振りの袖付け ・ラペル・フロント・ポケット手縫い ・裾まわり手まつり縫い ・手縫いブランドラベル付け ・内側ポケット2つ状態新品未使用代理店価格144,000円+消費税付属品ブランドタグ、袖ボタン、予備ボタン、代理店下げ札、専用ハンガー製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail トータルブランドへと変貌を遂げたルイジ・ボレッリ当代随一のカミチェリアであるルイジ・ボレッリは、1980年代にシャツに合わせるネクタイを、 90年代後半にはジャケットやスーツに加え、アウター、ジーンズ、ニット等のカジュアルウェアの 生産を開始。トータルブランドとして大きく成長を遂げました。ルイジ・ボレッリのウェアに 息づくのは、シャツの仕立て工房だった時代から変わらないイタリアのもの作りの精神です。 王室納めの最高級シャツを作ってきた誇りを胸に、ナポリの伝統的なテーラリング技術を継承した 職人たちによって作り出されるジャケットやスーツは、クラシコイタリアのひとつの到達点です。 現代的な感覚を取り入れたカジュアルウェアにおいても、身体を包み込む服はどんなことがあっても 快適でなければならないというポリシーのもと、素材と着心地にこだわって作られています。 ナポリの伝統を今に受け継ぐ「フル毛芯仕立てジャケット」元来ボレッリのジャケットには二つのライン、つまり、フル毛芯のエクスクルーシブラインと 半毛芯(半接着芯)のレギュラーラインがありましたが、最高級を目指すイタリア本国の意向から 近年はエクスクルーシブラインのみの展開でした。線引き、裁断、芯地の成形、アイロンワークまで、 すべてを職人が手作業で行うエクスクルーシブラインのエッセンスを残しつつも、効率的に機械を 用いることで生産性を向上させたのが、15-16AWからスタートした「新生レギュラーライン」です。 以前のレギュラーラインとは異なり、ボレッリが頑なに守り続けてきた手仕事をふんだんに取り入れた フル毛芯仕立てで、生地のグレードを落すことなくリアルなプライスを実現していることが特徴です。 近年、ボリオリ、ラルディーニ、タリアトーレの登場によって、半毛芯のマシンメイド ジャケットがマーケットを席巻しています。そんな中、クラシック回帰の流れから、 そろそろ「ジャケットやスーツをカッチリ着たいな」という気分が高まりを見せており、 イザイアやベルベストに代表されるフル毛芯のジャケットが注目されはじめています。 新たに登場したボレッリのジャケットは、そんなクラシック回帰の流れを反映したものです。 軽くてやわらかい着心地なのに、ビシッと美しいフォルムが生まれるフル毛芯ジャケットは、 クラシックな空気を漂わせており、いま着たい!と思わせる魅力に溢れています。 現代的なエッセンスを取り入れた「モダンナポリスタイル」デザインは、クラシコイタリアの王道を行く『段返り3Bジャケット』になります。 曲面と曲線の連続性を重視して作られた典型的なナポリスタイルのジャケットですが、 男らしい印象のセミワイドラペル、コンパクトな肩まわり、スマートに見える狭めの前身頃、 やや短めの着丈などにより、クラシックさの中に現代的なエッセンスを溶け込ませることによって、 決して懐古趣味にならない「モダンな印象のナポリスタイルジャケット」へと昇華されています。 ゴージは高すぎず低すぎず、クラシックな位置を守っているところに普遍的な美しさを感じます。 熟練した職人のハンドステッチで華を添えたバルカポケットやナス型パッチポケットによって 絶妙なカジュアル感が生まれているため、オンオフを問わずエレガントに装うことができます。 完成されたスタイル故、トレンドに左右されることなく長年愛用して頂けます。 男の身体を凛々しく見せる立体的なフォルム言うまでもありませんが、着心地のよさやシルエットの美しさは半毛芯のマシンメイド ジャケットよりも秀でています。肩パッドなどの副資材を極力省いたソフトな仕立てですが、 脇の下をぐっと食い込ませる独特なカッティングと立体的に成形された毛芯によって、 精悍な胸まわりのボリュームを生み出しています。袖付けはもちろんハンドになります。 たっぷりイセ込んだ肩と前方に大きく湾曲する前振り袖によって、高い運動性を実現しています。 昔ながらのギャザーを強調したマニカカミーチャではなく、あくまで上品に、生地のドレープ感を 活かした波打つ海面のような肩の表情が非常にエレガントです。ウエストは第二ボタンの位置で やや強めにシェイプされており、さながら裸体に近い艶めかしいドレープラインを生み出します。 大きく流れるフロントカットも特徴で、なだらかなショルダーラインと調和して曲線美を演出します。 この他にも、首まわりに巻き付くノボリ衿、ラペル裏のハ刺し、美しい曲線を描くラペルのロール、 背中に吸い付くエレガントなバックスタイルなどから、仕立てのよさが窺い知れます。 フル毛芯仕立てのジャケットは、職人のアイロンワークによって立体的に成形された毛芯が、 より美しく凛々しい体型へと導いてくれます。つまり、体型補正効果に優れています。 昨今流行のアンコンジャケットを「衣」とするならば、フル毛芯ジャケットは「鎧」です。 肝心の着心地ですが、胸のふくらみを計算して肩線をやや前方に振ることで着用時にジャケットの 重量が前後均一に分散されて肩に乗るように設計されているので、すごく軽くて着やすいです。 はじめて着る人は、手に持ったときの重量と着たときの重量がまったく違うことに驚かれると思います。 職人の手縫いがマシンメイドにはない色気を生み出す美しく見せることに並々ならぬ拘りを持つブランドなだけに、表情作りが非常に上手いです。 機械の導入で効率化を図りつつも、ラペル、フロント、ポケット、ボタンホール等、目に見える ほとんどの箇所を手縫いで仕上げています。身返しや裾まわりなど、見えない箇所についても 手まつり縫いで仕上げることで、ふんわりとしたやわらかい表情を作り出しています。 人間の心理というものは矛盾に満ちており、マシンメイドの標準化されたクオリティの品が ありふれた現在であっても、職人が一針一針縫い上げた不均一なステッチに心を奪われるものです。 名門カノニコの「Vintage」シリーズのシルク混ライトツイードウール、シルクの二者混素材を原料にした紡毛糸をざっくり目に織り上げた、イタリアの名門ミル、 CANONICO(カノニコ)の人気生地コレクション「Vintage」シリーズのライトツイードになります。 ひとつひとつの織り目が不規則、つまり、わざとムラ感を出して織り上げることで生地の深みが増し、 まるでヴィンテージのような味わい深い雰囲気が生み出されています。シルクが混紡されているので 従来のツイードからは想像もできないようなしっとり滑らかな肌触りで、控えめな光沢を湛えており、 ひと目で伝わる高級感があることも特徴です。温かみのある見た目に反して目付け350グラムと軽く、 着やすく、暖かいことも魅力です。深みのあるメランジ調のネイビー地にクランベリーのチェックを 配した玄人好みのカラーリングも秀逸です。なんともお洒落でトレンド感があります。 余談ですが、ボレッリが使用する生地は、ほとんどがイタリア服地産業の聖地、ビエラ地区の 名門ミルのものです。代表的なメーカーを挙げると、エルメネジルドゼニア、ロロ・ピアーナ、 カノニコ、ドラゴなどです。生地の織りネームは付きませんが、品質の高さは折り紙つきです。 直営店を運営しております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size ※ 胴囲はもっとも細い部分を計測した数値になります。 ※ 着丈は襟を含めずに計測した数値になります。 (単位: cm)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールシルクライトツイードチェック3Bジャケット OW5012 C3046 ネイビー×クランベリー ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 驚きの破格値,定番人気 —— 60,300円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールソリッド3Bスーツ OW6012 C3191 ネイビー ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 激安大特価,定番

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルOW6012(C3191/JAPAN SLIM FIT)素材表地:ヴァージンウール100% 袖裏地:キュプラ100%生地しなやかでハリコシのあるウーステッドシーズン秋冬(3シーズン対応)色ネイビー(70) 経糸、緯糸、それぞれにネイビー、グレーの糸を交互に打ち込むことで表現された味わい深いネイビーになります。薄っすらグレーがかったネイビーになるとお考え下さい。模様無地ディテール【ジャケット】 ・段返り3B(本水牛ボタン/手縫いボタン付け) ・袖4B(未処理/袖額縁仕上げ) ・一枚仕立て(大身返し/身返し手まつり縫い) ・袖裏地 ・サイドベント ・ノッチドラペル(手縫いヒゲ処理/ハ刺し) ・胸バルカポケット ・身頃フラップポケット ・ソフトショルダー(薄手毛芯) ・手がかりボタンホール ・手縫いによるイセ込み×前振りの袖付け ・ラペル・フロント・ポケット手縫い ・裾まわり手まつり縫い ・手縫いブランドラベル付け ・内側ポケット2つ 【パンツ】 ・3点留めフロント(本水牛ボタン) ・ジップフライ ・ノープリーツ ・ヒップ上部2ダーツ ・フォブポケット(閂止め/AMFステッチ) ・身頃スラントポケット(閂止め/AMFステッチ) ・背面ピスポケット(ボタン式/両玉縁/D管止め) ・腰裏V字スリット(閂止め) ・股シック布 ・タック入りマーベルト ・内側パイピング補強 ・膝下までキュプラ裏地状態新品未使用代理店価格160,000円+消費税付属品ブランドタグ、袖ボタン、予備ボタン、代理店下げ札、専用ハンガー製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail トータルブランドへと変貌を遂げたルイジ・ボレッリ当代随一のカミチェリアであるルイジ・ボレッリは、1980年代にシャツに合わせるネクタイを、 90年代後半にはジャケットやスーツに加え、アウター、ジーンズ、ニット等のカジュアルウェアの 生産を開始。トータルブランドとして大きく成長を遂げました。ルイジ・ボレッリのウェアに 息づくのは、シャツの仕立て工房だった時代から変わらないイタリアのもの作りの精神です。 王室納めの最高級シャツを作ってきた誇りを胸に、ナポリの伝統的なテーラリング技術を継承した 職人たちによって作り出されるジャケットやスーツは、クラシコイタリアのひとつの到達点です。 現代的な感覚を取り入れたカジュアルウェアにおいても、身体を包み込む服はどんなことがあっても 快適でなければならないというポリシーのもと、素材と着心地にこだわって作られています。 ナポリの伝統を今に受け継ぐ「フル毛芯仕立てスーツ」今までボレッリのスーツは、フル毛芯仕立てのエクスクルーシブラインのものしかなく、 手を出しづらい40万円以上というお値段でした。線引き、裁断、芯地の成形、アイロンワークまで、 すべてを職人が手作業で行うエクスクルーシブラインのエッセンスを残しつつも、効率的に機械を 用いることで生産性を向上させたのが、15-16AWからスタートした「新生レギュラーライン」です。 新生レギュラーラインのスーツは、ボレッリが頑なに守り続けてきた手仕事をふんだんに取り入れた フル毛芯仕立てで、生地のグレードを落すことなくリアルなプライスを実現していることが特徴です。 近年、ボリオリ、ラルディーニ、タリアトーレなどの登場によって、半毛芯のマシンメイド スーツ(ジャケット)がマーケットを席巻しています。そんな中、クラシック回帰の流れから、 そろそろ「ジャケットやスーツをカッチリ着たいな」という気分が高まりを見せており、 イザイアやベルベストに代表されるフル毛芯スーツ(ジャケット)が注目されはじめています。 新たに登場したボレッリのスーツは、そんなクラシック回帰の流れを反映したものです。 軽くてやわらかい着心地なのに、ビシッと美しいフォルムが生まれるフル毛芯スーツは、 クラシックな空気を漂わせており、いま着たい!と思わせる魅力に溢れています。 現代的なエッセンスを取り入れた「モダンナポリスタイル」デザインは、クラシコイタリアの王道を行く『段返り3Bスーツ』になります。 曲面と曲線の連続性を重視して作られた典型的なナポリスタイルのスーツ(ジャケット)ですが、 男らしい印象のセミワイドラペル、コンパクトな肩まわり、スマートに見える狭めの前身頃、 やや短めの着丈などにより、クラシックさの中に現代的なエッセンスを溶け込ませることによって、 決して懐古趣味にならない「モダンな印象のナポリスタイルスーツ」へと昇華されています。 ゴージは高すぎず低すぎず、クラシックな位置を守っているところに普遍的な美しさを感じます。 ラペル、フロント、ポケットには熟練した職人のハンドステッチによって華が添えられており、 そこはかとなく南イタリアの色気が感じられる仕上がりになっています。ビジネスウェアとしての 節度を保ちつつもブランドの独自性が打ち出されているので、シックに装いつつもさりげなく個性を 主張することができます。完成されたスタイル故、流行に左右されることなく長年愛用して頂けます。 男の身体を凛々しく見せる立体的なフォルム言うまでもありませんが、着心地のよさやシルエットの美しさは半毛芯のマシンメイド スーツよりも秀でています。肩パッドなどの副資材を極力省いたソフトな仕立てですが、 脇の下をぐっと食い込ませる独特なカッティングと立体的に成形された毛芯によって、 精悍な胸まわりのボリュームを生み出しています。袖付けはもちろんハンドになります。 たっぷりイセ込んだ肩と前方に大きく湾曲する前振り袖によって、高い運動性を実現しています。 昔ながらのギャザーを強調したマニカカミーチャではなく、あくまで上品に、生地のドレープ感を 活かした波打つ海面のような肩の表情が非常にエレガントです。ウエストは第二ボタンの位置で やや強めにシェイプされており、さながら裸体に近い艶めかしいドレープラインを生み出します。 大きく流れるフロントカットも特徴で、なだらかなショルダーラインと調和して曲線美を演出します。 この他にも、首まわりに巻き付くノボリ衿、ラペル裏のハ刺し、美しい曲線を描くラペルのロール、 背中に吸い付くエレガントなバックスタイルなどから、仕立てのよさが窺い知れます。 運動性の高さと快適な穿き心地を両立した細すぎないテーパードシルエットのパンツも秀逸です。 フル毛芯仕立てのスーツは、職人のアイロンワークによって立体的に成形された毛芯が、 より美しく凛々しい体型へと導いてくれます。つまり、体型補正効果に優れています。 昨今流行のアンコンスーツを「衣」とするならば、フル毛芯スーツは「鎧」です。 肝心の着心地ですが、胸のふくらみを計算して肩線をやや前方に振ることで着用時にジャケットの 重量が前後均一に分散されて肩に乗るように設計されているので、すごく軽くて着やすいです。 はじめて着る人は、手に持ったときの重量と着たときの重量がまったく違うことに驚かれると思います。 職人の手縫いがマシンメイドにはない色気を生み出す美しく見せることに並々ならぬ拘りを持つブランドなだけに、表情作りが非常に上手いです。 機械の導入で効率化を図りつつも、ラペル、フロント、ポケット、ボタンホール等、目に見える ほとんどの箇所を手縫いで仕上げています。身返しや裾まわりなど、見えない箇所についても 手まつり縫いで仕上げることで、ふんわりとしたやわらかい表情を作り出しています。 人間の心理というものは矛盾に満ちており、マシンメイドの標準化されたクオリティの品が ありふれた現在であっても、職人が一針一針縫い上げた不均一なステッチに心を奪われるものです。 定番の無地なのにお洒落でトレンド感があります!最高品質のウール素材(ヴァージンウール)を原料にした細番手の梳毛糸を平織りにした、 いわゆるウーステッドになります。目付けは290グラム。ウーステッドとしては 標準的な生地で毛羽がなくクリーンな印象なので、秋、冬、春の3シーズンに対応します。 細番手糸で織られているので、しなやかで独特のハリコシがあり、着用したときに 美しいドレープが生まれます。上品な光沢を帯びているので高級感も申し分ありません。 シワになりにくく扱いやすく、型崩れ(腰抜け)しにくく長く着られることも魅力です。 経糸、緯糸、それぞれにネイビー、グレーの糸を交互に打ち込むことで味わい深い表情に 仕上げられているので、定番の無地ですが、なんともお洒落でトレンド感があります。 余談ですが、ボレッリが使用する生地は、ほとんどがイタリア服地産業の聖地、ビエラ地区の 名門ミルのものです。代表的なメーカーを挙げると、エルメネジルドゼニア、ロロ・ピアーナ、 カノニコ、ドラゴなどです。生地の織りネームは付きませんが、品質の高さは折り紙つきです。 直営店を運営しております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールソリッド3Bスーツ OW6012 C3191 ネイビー ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 激安大特価,定番 —— 67,100円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールハウンドトゥース3Bスーツ OW6012 C3194 チャコールグレー基調 ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 全国無料,セール

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルOW6012(C3194/JAPAN SLIM FIT)素材表地:ヴァージンウール100% 袖裏地:キュプラ100%生地しなやかでハリコシのあるウーステッドシーズン秋冬(3シーズン対応)色チャコールグレー基調(32) 濃淡グレーを組み合わせた英国の伝統柄ハウンドトゥース(千鳥格子)になります。クラシックなイメージのある千鳥格子ですが、同系色でまとめられているので柄が悪目立ちしない、なお且つヴィンテージ調の掠れたような仕上がりになっているので、懐古趣味にならない英国スタイルを楽しんで頂けます。模様ハウンドトゥース(千鳥格子)ディテール【ジャケット】 ・段返り3B(本水牛ボタン/手縫いボタン付け) ・袖4B(未処理/袖額縁仕上げ) ・一枚仕立て(大身返し/身返し手まつり縫い) ・袖裏地 ・サイドベント ・ノッチドラペル(手縫いヒゲ処理/ハ刺し) ・胸バルカポケット ・身頃フラップポケット ・ソフトショルダー(薄手毛芯) ・手がかりボタンホール ・手縫いによるイセ込み×前振りの袖付け ・ラペル・フロント・ポケット手縫い ・裾まわり手まつり縫い ・手縫いブランドラベル付け ・内側ポケット2つ 【パンツ】 ・3点留めフロント(本水牛ボタン) ・ジップフライ ・ノープリーツ ・ヒップ上部2ダーツ ・フォブポケット(閂止め/AMFステッチ) ・身頃スラントポケット(閂止め/AMFステッチ) ・背面ピスポケット(ボタン式/両玉縁/D管止め) ・腰裏V字スリット(閂止め) ・股シック布 ・タック入りマーベルト ・内側パイピング補強 ・膝下までキュプラ裏地状態新品未使用代理店価格160,000円+消費税付属品ブランドタグ、袖ボタン、予備ボタン、代理店下げ札、専用ハンガー製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail トータルブランドへと変貌を遂げたルイジ・ボレッリ当代随一のカミチェリアであるルイジ・ボレッリは、1980年代にシャツに合わせるネクタイを、 90年代後半にはジャケットやスーツに加え、アウター、ジーンズ、ニット等のカジュアルウェアの 生産を開始。トータルブランドとして大きく成長を遂げました。ルイジ・ボレッリのウェアに 息づくのは、シャツの仕立て工房だった時代から変わらないイタリアのもの作りの精神です。 王室納めの最高級シャツを作ってきた誇りを胸に、ナポリの伝統的なテーラリング技術を継承した 職人たちによって作り出されるジャケットやスーツは、クラシコイタリアのひとつの到達点です。 現代的な感覚を取り入れたカジュアルウェアにおいても、身体を包み込む服はどんなことがあっても 快適でなければならないというポリシーのもと、素材と着心地にこだわって作られています。 ナポリの伝統を今に受け継ぐ「フル毛芯仕立てスーツ」今までボレッリのスーツは、フル毛芯仕立てのエクスクルーシブラインのものしかなく、 手を出しづらい40万円以上というお値段でした。線引き、裁断、芯地の成形、アイロンワークまで、 すべてを職人が手作業で行うエクスクルーシブラインのエッセンスを残しつつも、効率的に機械を 用いることで生産性を向上させたのが、15-16AWからスタートした「新生レギュラーライン」です。 新生レギュラーラインのスーツは、ボレッリが頑なに守り続けてきた手仕事をふんだんに取り入れた フル毛芯仕立てで、生地のグレードを落すことなくリアルなプライスを実現していることが特徴です。 近年、ボリオリ、ラルディーニ、タリアトーレなどの登場によって、半毛芯のマシンメイド スーツ(ジャケット)がマーケットを席巻しています。そんな中、クラシック回帰の流れから、 そろそろ「ジャケットやスーツをカッチリ着たいな」という気分が高まりを見せており、 イザイアやベルベストに代表されるフル毛芯スーツ(ジャケット)が注目されはじめています。 新たに登場したボレッリのスーツは、そんなクラシック回帰の流れを反映したものです。 軽くてやわらかい着心地なのに、ビシッと美しいフォルムが生まれるフル毛芯スーツは、 クラシックな空気を漂わせており、いま着たい!と思わせる魅力に溢れています。 現代的なエッセンスを取り入れた「モダンナポリスタイル」デザインは、クラシコイタリアの王道を行く『段返り3Bスーツ』になります。 曲面と曲線の連続性を重視して作られた典型的なナポリスタイルのスーツ(ジャケット)ですが、 男らしい印象のセミワイドラペル、コンパクトな肩まわり、スマートに見える狭めの前身頃、 やや短めの着丈などにより、クラシックさの中に現代的なエッセンスを溶け込ませることによって、 決して懐古趣味にならない「モダンな印象のナポリスタイルスーツ」へと昇華されています。 ゴージは高すぎず低すぎず、クラシックな位置を守っているところに普遍的な美しさを感じます。 ラペル、フロント、ポケットには熟練した職人のハンドステッチによって華が添えられており、 そこはかとなく南イタリアの色気が感じられる仕上がりになっています。ビジネスウェアとしての 節度を保ちつつもブランドの独自性が打ち出されているので、シックに装いつつもさりげなく個性を 主張することができます。完成されたスタイル故、流行に左右されることなく長年愛用して頂けます。 男の身体を凛々しく見せる立体的なフォルム言うまでもありませんが、着心地のよさやシルエットの美しさは半毛芯のマシンメイド スーツよりも秀でています。肩パッドなどの副資材を極力省いたソフトな仕立てですが、 脇の下をぐっと食い込ませる独特なカッティングと立体的に成形された毛芯によって、 精悍な胸まわりのボリュームを生み出しています。袖付けはもちろんハンドになります。 たっぷりイセ込んだ肩と前方に大きく湾曲する前振り袖によって、高い運動性を実現しています。 昔ながらのギャザーを強調したマニカカミーチャではなく、あくまで上品に、生地のドレープ感を 活かした波打つ海面のような肩の表情が非常にエレガントです。ウエストは第二ボタンの位置で やや強めにシェイプされており、さながら裸体に近い艶めかしいドレープラインを生み出します。 大きく流れるフロントカットも特徴で、なだらかなショルダーラインと調和して曲線美を演出します。 この他にも、首まわりに巻き付くノボリ衿、ラペル裏のハ刺し、美しい曲線を描くラペルのロール、 背中に吸い付くエレガントなバックスタイルなどから、仕立てのよさが窺い知れます。 運動性の高さと快適な穿き心地を両立した細すぎないテーパードシルエットのパンツも秀逸です。 フル毛芯仕立てのスーツは、職人のアイロンワークによって立体的に成形された毛芯が、 より美しく凛々しい体型へと導いてくれます。つまり、体型補正効果に優れています。 昨今流行のアンコンスーツを「衣」とするならば、フル毛芯スーツは「鎧」です。 肝心の着心地ですが、胸のふくらみを計算して肩線をやや前方に振ることで着用時にジャケットの 重量が前後均一に分散されて肩に乗るように設計されているので、すごく軽くて着やすいです。 はじめて着る人は、手に持ったときの重量と着たときの重量がまったく違うことに驚かれると思います。 職人の手縫いがマシンメイドにはない色気を生み出す美しく見せることに並々ならぬ拘りを持つブランドなだけに、表情作りが非常に上手いです。 機械の導入で効率化を図りつつも、ラペル、フロント、ポケット、ボタンホール等、目に見える ほとんどの箇所を手縫いで仕上げています。身返しや裾まわりなど、見えない箇所についても 手まつり縫いで仕上げることで、ふんわりとしたやわらかい表情を作り出しています。 人間の心理というものは矛盾に満ちており、マシンメイドの標準化されたクオリティの品が ありふれた現在であっても、職人が一針一針縫い上げた不均一なステッチに心を奪われるものです。 今季らしさが集約されたヴィンテージ調のハウンドトゥース最高品質のウール素材(ヴァージンウール)を原料にした細番手の梳毛糸を平織りにした、 いわゆるウーステッドになります。目付けは290グラム。ウーステッドとしては 標準的な生地で毛羽がなくクリーンな印象なので、秋、冬、春の3シーズンに対応します。 細番手糸で織られているので、しなやかで独特のハリコシがあり、着用したときに 美しいドレープが生まれます。上品な光沢を帯びているので高級感も申し分ありません。 シワになりにくく扱いやすく、型崩れ(腰抜け)しにくく長く着られることも魅力です。 濃淡グレーを組み合わせることで表現された、掠れたような仕上がりになっているヴィンテージ調の ハウンドトゥース(千鳥格子)が絶妙で、今季らしいブリティッシュなムードに溢れています。 余談ですが、ボレッリが使用する生地は、ほとんどがイタリア服地産業の聖地、ビエラ地区の 名門ミルのものです。代表的なメーカーを挙げると、エルメネジルドゼニア、ロロ・ピアーナ、 カノニコ、ドラゴなどです。生地の織りネームは付きませんが、品質の高さは折り紙つきです。 直営店を運営しております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールハウンドトゥース3Bスーツ OW6012 C3194 チャコールグレー基調 ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 全国無料,セール —— 67,100円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールピンチェック3Bスーツ OW6012 C3192 ネイビー基調 ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 安い,新作登場

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルOW6012(C3192/JAPAN SLIM FIT)素材表地:ヴァージンウール100% 袖裏地:キュプラ100%生地しなやかでハリコシのあるウーステッドシーズン秋冬(3シーズン対応)色ネイビー基調(70) 遠目には無地ですが、よく見るとダークネイビー、ネイビー、グレーの糸を打ち込んだピンチェックになっています。シックな中にも洒落感があって周りの人との違いを打ち出せることがポイントです。模様ピンチェックディテール【ジャケット】 ・段返り3B(本水牛ボタン/手縫いボタン付け) ・袖4B(未処理/袖額縁仕上げ) ・一枚仕立て(大身返し/身返し手まつり縫い) ・袖裏地 ・サイドベント ・ノッチドラペル(手縫いヒゲ処理/ハ刺し) ・胸バルカポケット ・身頃フラップポケット ・ソフトショルダー(薄手毛芯) ・手がかりボタンホール ・手縫いによるイセ込み×前振りの袖付け ・ラペル・フロント・ポケット手縫い ・裾まわり手まつり縫い ・手縫いブランドラベル付け ・内側ポケット2つ 【パンツ】 ・3点留めフロント(本水牛ボタン) ・ジップフライ ・ノープリーツ ・ヒップ上部2ダーツ ・フォブポケット(閂止め/AMFステッチ) ・身頃スラントポケット(閂止め/AMFステッチ) ・背面ピスポケット(ボタン式/両玉縁/D管止め) ・腰裏V字スリット(閂止め) ・股シック布 ・タック入りマーベルト ・内側パイピング補強 ・膝下までキュプラ裏地状態新品未使用代理店価格160,000円+消費税付属品ブランドタグ、袖ボタン、予備ボタン、代理店下げ札、専用ハンガー製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail トータルブランドへと変貌を遂げたルイジ・ボレッリ当代随一のカミチェリアであるルイジ・ボレッリは、1980年代にシャツに合わせるネクタイを、 90年代後半にはジャケットやスーツに加え、アウター、ジーンズ、ニット等のカジュアルウェアの 生産を開始。トータルブランドとして大きく成長を遂げました。ルイジ・ボレッリのウェアに 息づくのは、シャツの仕立て工房だった時代から変わらないイタリアのもの作りの精神です。 王室納めの最高級シャツを作ってきた誇りを胸に、ナポリの伝統的なテーラリング技術を継承した 職人たちによって作り出されるジャケットやスーツは、クラシコイタリアのひとつの到達点です。 現代的な感覚を取り入れたカジュアルウェアにおいても、身体を包み込む服はどんなことがあっても 快適でなければならないというポリシーのもと、素材と着心地にこだわって作られています。 ナポリの伝統を今に受け継ぐ「フル毛芯仕立てスーツ」今までボレッリのスーツは、フル毛芯仕立てのエクスクルーシブラインのものしかなく、 手を出しづらい40万円以上というお値段でした。線引き、裁断、芯地の成形、アイロンワークまで、 すべてを職人が手作業で行うエクスクルーシブラインのエッセンスを残しつつも、効率的に機械を 用いることで生産性を向上させたのが、15-16AWからスタートした「新生レギュラーライン」です。 新生レギュラーラインのスーツは、ボレッリが頑なに守り続けてきた手仕事をふんだんに取り入れた フル毛芯仕立てで、生地のグレードを落すことなくリアルなプライスを実現していることが特徴です。 近年、ボリオリ、ラルディーニ、タリアトーレなどの登場によって、半毛芯のマシンメイド スーツ(ジャケット)がマーケットを席巻しています。そんな中、クラシック回帰の流れから、 そろそろ「ジャケットやスーツをカッチリ着たいな」という気分が高まりを見せており、 イザイアやベルベストに代表されるフル毛芯スーツ(ジャケット)が注目されはじめています。 新たに登場したボレッリのスーツは、そんなクラシック回帰の流れを反映したものです。 軽くてやわらかい着心地なのに、ビシッと美しいフォルムが生まれるフル毛芯スーツは、 クラシックな空気を漂わせており、いま着たい!と思わせる魅力に溢れています。 現代的なエッセンスを取り入れた「モダンナポリスタイル」デザインは、クラシコイタリアの王道を行く『段返り3Bスーツ』になります。 曲面と曲線の連続性を重視して作られた典型的なナポリスタイルのスーツ(ジャケット)ですが、 男らしい印象のセミワイドラペル、コンパクトな肩まわり、スマートに見える狭めの前身頃、 やや短めの着丈などにより、クラシックさの中に現代的なエッセンスを溶け込ませることによって、 決して懐古趣味にならない「モダンな印象のナポリスタイルスーツ」へと昇華されています。 ゴージは高すぎず低すぎず、クラシックな位置を守っているところに普遍的な美しさを感じます。 ラペル、フロント、ポケットには熟練した職人のハンドステッチによって華が添えられており、 そこはかとなく南イタリアの色気が感じられる仕上がりになっています。ビジネスウェアとしての 節度を保ちつつもブランドの独自性が打ち出されているので、シックに装いつつもさりげなく個性を 主張することができます。完成されたスタイル故、流行に左右されることなく長年愛用して頂けます。 男の身体を凛々しく見せる立体的なフォルム言うまでもありませんが、着心地のよさやシルエットの美しさは半毛芯のマシンメイド スーツよりも秀でています。肩パッドなどの副資材を極力省いたソフトな仕立てですが、 脇の下をぐっと食い込ませる独特なカッティングと立体的に成形された毛芯によって、 精悍な胸まわりのボリュームを生み出しています。袖付けはもちろんハンドになります。 たっぷりイセ込んだ肩と前方に大きく湾曲する前振り袖によって、高い運動性を実現しています。 昔ながらのギャザーを強調したマニカカミーチャではなく、あくまで上品に、生地のドレープ感を 活かした波打つ海面のような肩の表情が非常にエレガントです。ウエストは第二ボタンの位置で やや強めにシェイプされており、さながら裸体に近い艶めかしいドレープラインを生み出します。 大きく流れるフロントカットも特徴で、なだらかなショルダーラインと調和して曲線美を演出します。 この他にも、首まわりに巻き付くノボリ衿、ラペル裏のハ刺し、美しい曲線を描くラペルのロール、 背中に吸い付くエレガントなバックスタイルなどから、仕立てのよさが窺い知れます。 運動性の高さと快適な穿き心地を両立した細すぎないテーパードシルエットのパンツも秀逸です。 フル毛芯仕立てのスーツは、職人のアイロンワークによって立体的に成形された毛芯が、 より美しく凛々しい体型へと導いてくれます。つまり、体型補正効果に優れています。 昨今流行のアンコンスーツを「衣」とするならば、フル毛芯スーツは「鎧」です。 肝心の着心地ですが、胸のふくらみを計算して肩線をやや前方に振ることで着用時にジャケットの 重量が前後均一に分散されて肩に乗るように設計されているので、すごく軽くて着やすいです。 はじめて着る人は、手に持ったときの重量と着たときの重量がまったく違うことに驚かれると思います。 職人の手縫いがマシンメイドにはない色気を生み出す美しく見せることに並々ならぬ拘りを持つブランドなだけに、表情作りが非常に上手いです。 機械の導入で効率化を図りつつも、ラペル、フロント、ポケット、ボタンホール等、目に見える ほとんどの箇所を手縫いで仕上げています。身返しや裾まわりなど、見えない箇所についても 手まつり縫いで仕上げることで、ふんわりとしたやわらかい表情を作り出しています。 人間の心理というものは矛盾に満ちており、マシンメイドの標準化されたクオリティの品が ありふれた現在であっても、職人が一針一針縫い上げた不均一なステッチに心を奪われるものです。 さりげなく違いを打ち出せる遠目無地なピンチェック!最高品質のウール素材(ヴァージンウール)を原料にした細番手の梳毛糸を引き揃えて 平織りにしたウーステッドになります。目付けは290グラム。ウーステッドとしては 標準的な生地で毛羽がなくクリーンな印象なので、秋、冬、春の3シーズンに対応します。 細番手糸で織られているので、しなやかで独特のハリコシがあり、着用したときに 美しいドレープが生まれます。上品な光沢を帯びているので高級感も申し分ありません。 シワになりにくく扱いやすく、型崩れ(腰抜け)しにくく長く着られることも魅力です。 遠目には無地ですが、よく見るとダークネイビー、ネイビー、グレーの糸を打ち込んだ ピンチェックになっているので、さりげなく周りの人との違いを打ち出せます。 余談ですが、ボレッリが使用する生地は、ほとんどがイタリア服地産業の聖地、ビエラ地区の 名門ミルのものです。代表的なメーカーを挙げると、エルメネジルドゼニア、ロロ・ピアーナ、 カノニコ、ドラゴなどです。生地の織りネームは付きませんが、品質の高さは折り紙つきです。 直営店を運営しております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールピンチェック3Bスーツ OW6012 C3192 ネイビー基調 ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 安い,新作登場 —— 67,100円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールピンヘッド3Bスーツ OW6012 C3193 グレー ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 品質保証,限定SALE

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルOW6012(C3193/JAPAN SLIM FIT)素材表地:ヴァージンウール100% 袖裏地:キュプラ100%生地しなやかでハリコシのあるウーステッドシーズン秋冬(3シーズン対応)色グレー(31)模様ピンヘッドディテール【ジャケット】 ・段返り3B(本水牛ボタン/手縫いボタン付け) ・袖4B(未処理/袖額縁仕上げ) ・一枚仕立て(大身返し/身返し手まつり縫い) ・袖裏地 ・サイドベント ・ノッチドラペル(手縫いヒゲ処理/ハ刺し) ・胸バルカポケット ・身頃フラップポケット ・ソフトショルダー(薄手毛芯) ・手がかりボタンホール ・手縫いによるイセ込み×前振りの袖付け ・ラペル・フロント・ポケット手縫い ・裾まわり手まつり縫い ・手縫いブランドラベル付け ・内側ポケット2つ 【パンツ】 ・3点留めフロント(本水牛ボタン) ・ジップフライ ・ノープリーツ ・ヒップ上部2ダーツ ・フォブポケット(閂止め/AMFステッチ) ・身頃スラントポケット(閂止め/AMFステッチ) ・背面ピスポケット(ボタン式/両玉縁/D管止め) ・腰裏V字スリット(閂止め) ・股シック布 ・タック入りマーベルト ・内側パイピング補強 ・膝下までキュプラ裏地状態新品未使用代理店価格160,000円+消費税付属品ブランドタグ、袖ボタン、予備ボタン、代理店下げ札、専用ハンガー製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail トータルブランドへと変貌を遂げたルイジ・ボレッリ当代随一のカミチェリアであるルイジ・ボレッリは、1980年代にシャツに合わせるネクタイを、 90年代後半にはジャケットやスーツに加え、アウター、ジーンズ、ニット等のカジュアルウェアの 生産を開始。トータルブランドとして大きく成長を遂げました。ルイジ・ボレッリのウェアに 息づくのは、シャツの仕立て工房だった時代から変わらないイタリアのもの作りの精神です。 王室納めの最高級シャツを作ってきた誇りを胸に、ナポリの伝統的なテーラリング技術を継承した 職人たちによって作り出されるジャケットやスーツは、クラシコイタリアのひとつの到達点です。 現代的な感覚を取り入れたカジュアルウェアにおいても、身体を包み込む服はどんなことがあっても 快適でなければならないというポリシーのもと、素材と着心地にこだわって作られています。 ナポリの伝統を今に受け継ぐ「フル毛芯仕立てスーツ」今までボレッリのスーツは、フル毛芯仕立てのエクスクルーシブラインのものしかなく、 手を出しづらい40万円以上というお値段でした。線引き、裁断、芯地の成形、アイロンワークまで、 すべてを職人が手作業で行うエクスクルーシブラインのエッセンスを残しつつも、効率的に機械を 用いることで生産性を向上させたのが、15-16AWからスタートした「新生レギュラーライン」です。 新生レギュラーラインのスーツは、ボレッリが頑なに守り続けてきた手仕事をふんだんに取り入れた フル毛芯仕立てで、生地のグレードを落すことなくリアルなプライスを実現していることが特徴です。 近年、ボリオリ、ラルディーニ、タリアトーレなどの登場によって、半毛芯のマシンメイド スーツ(ジャケット)がマーケットを席巻しています。そんな中、クラシック回帰の流れから、 そろそろ「ジャケットやスーツをカッチリ着たいな」という気分が高まりを見せており、 イザイアやベルベストに代表されるフル毛芯スーツ(ジャケット)が注目されはじめています。 新たに登場したボレッリのスーツは、そんなクラシック回帰の流れを反映したものです。 軽くてやわらかい着心地なのに、ビシッと美しいフォルムが生まれるフル毛芯スーツは、 クラシックな空気を漂わせており、いま着たい!と思わせる魅力に溢れています。 現代的なエッセンスを取り入れた「モダンナポリスタイル」デザインは、クラシコイタリアの王道を行く『段返り3Bスーツ』になります。 曲面と曲線の連続性を重視して作られた典型的なナポリスタイルのスーツ(ジャケット)ですが、 男らしい印象のセミワイドラペル、コンパクトな肩まわり、スマートに見える狭めの前身頃、 やや短めの着丈などにより、クラシックさの中に現代的なエッセンスを溶け込ませることによって、 決して懐古趣味にならない「モダンな印象のナポリスタイルスーツ」へと昇華されています。 ゴージは高すぎず低すぎず、クラシックな位置を守っているところに普遍的な美しさを感じます。 ラペル、フロント、ポケットには熟練した職人のハンドステッチによって華が添えられており、 そこはかとなく南イタリアの色気が感じられる仕上がりになっています。ビジネスウェアとしての 節度を保ちつつもブランドの独自性が打ち出されているので、シックに装いつつもさりげなく個性を 主張することができます。完成されたスタイル故、流行に左右されることなく長年愛用して頂けます。 男の身体を凛々しく見せる立体的なフォルム言うまでもありませんが、着心地のよさやシルエットの美しさは半毛芯のマシンメイド スーツよりも秀でています。肩パッドなどの副資材を極力省いたソフトな仕立てですが、 脇の下をぐっと食い込ませる独特なカッティングと立体的に成形された毛芯によって、 精悍な胸まわりのボリュームを生み出しています。袖付けはもちろんハンドになります。 たっぷりイセ込んだ肩と前方に大きく湾曲する前振り袖によって、高い運動性を実現しています。 昔ながらのギャザーを強調したマニカカミーチャではなく、あくまで上品に、生地のドレープ感を 活かした波打つ海面のような肩の表情が非常にエレガントです。ウエストは第二ボタンの位置で やや強めにシェイプされており、さながら裸体に近い艶めかしいドレープラインを生み出します。 大きく流れるフロントカットも特徴で、なだらかなショルダーラインと調和して曲線美を演出します。 この他にも、首まわりに巻き付くノボリ衿、ラペル裏のハ刺し、美しい曲線を描くラペルのロール、 背中に吸い付くエレガントなバックスタイルなどから、仕立てのよさが窺い知れます。 運動性の高さと快適な穿き心地を両立した細すぎないテーパードシルエットのパンツも秀逸です。 フル毛芯仕立てのスーツは、職人のアイロンワークによって立体的に成形された毛芯が、 より美しく凛々しい体型へと導いてくれます。つまり、体型補正効果に優れています。 昨今流行のアンコンスーツを「衣」とするならば、フル毛芯スーツは「鎧」です。 肝心の着心地ですが、胸のふくらみを計算して肩線をやや前方に振ることで着用時にジャケットの 重量が前後均一に分散されて肩に乗るように設計されているので、すごく軽くて着やすいです。 はじめて着る人は、手に持ったときの重量と着たときの重量がまったく違うことに驚かれると思います。 職人の手縫いがマシンメイドにはない色気を生み出す美しく見せることに並々ならぬ拘りを持つブランドなだけに、表情作りが非常に上手いです。 機械の導入で効率化を図りつつも、ラペル、フロント、ポケット、ボタンホール等、目に見える ほとんどの箇所を手縫いで仕上げています。身返しや裾まわりなど、見えない箇所についても 手まつり縫いで仕上げることで、ふんわりとしたやわらかい表情を作り出しています。 人間の心理というものは矛盾に満ちており、マシンメイドの標準化されたクオリティの品が ありふれた現在であっても、職人が一針一針縫い上げた不均一なステッチに心を奪われるものです。 無地にはない洒落感がある3シーズン対応ピンヘッドウーステッド最高品質のウール素材(ヴァージンウール)を原料にした細番手の梳毛糸を平織りにした、 ピンヘッドのウーステッドになります。目付けは290グラム。ウーステッドとしては 標準的な生地で毛羽がなくクリーンな印象なので、秋、冬、春の3シーズンに対応します。 細番手糸で織られているので、しなやかで独特のハリコシがあり、着用したときに 美しいドレープが生まれます。上品な光沢を帯びているので高級感も申し分ありません。 シワになりにくく扱いやすく、型崩れ(腰抜け)しにくく長く着られることも魅力です。 余談ですが、ボレッリが使用する生地は、ほとんどがイタリア服地産業の聖地、ビエラ地区の 名門ミルのものです。代表的なメーカーを挙げると、エルメネジルドゼニア、ロロ・ピアーナ、 カノニコ、ドラゴなどです。生地の織りネームは付きませんが、品質の高さは折り紙つきです。 直営店を運営しております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールピンヘッド3Bスーツ OW6012 C3193 グレー ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 品質保証,限定SALE —— 67,100円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールピンヘッド3Bスーツ OW6012 C3193 ネイビー ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 人気SALE,定番

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルOW6012(C3193/JAPAN SLIM FIT)素材表地:ヴァージンウール100% 袖裏地:キュプラ100%生地しなやかでハリコシのあるウーステッドシーズン秋冬(3シーズン対応)色ネイビー(32)模様ピンヘッドディテール【ジャケット】 ・段返り3B(本水牛ボタン/手縫いボタン付け) ・袖4B(未処理/袖額縁仕上げ) ・一枚仕立て(大身返し/身返し手まつり縫い) ・袖裏地 ・サイドベント ・ノッチドラペル(手縫いヒゲ処理/ハ刺し) ・胸バルカポケット ・身頃フラップポケット ・ソフトショルダー(薄手毛芯) ・手がかりボタンホール ・手縫いによるイセ込み×前振りの袖付け ・ラペル・フロント・ポケット手縫い ・裾まわり手まつり縫い ・手縫いブランドラベル付け ・内側ポケット2つ 【パンツ】 ・3点留めフロント(本水牛ボタン) ・ジップフライ ・ノープリーツ ・ヒップ上部2ダーツ ・フォブポケット(閂止め/AMFステッチ) ・身頃スラントポケット(閂止め/AMFステッチ) ・背面ピスポケット(ボタン式/両玉縁/D管止め) ・腰裏V字スリット(閂止め) ・股シック布 ・タック入りマーベルト ・内側パイピング補強 ・膝下までキュプラ裏地状態新品未使用代理店価格160,000円+消費税付属品ブランドタグ、袖ボタン、予備ボタン、代理店下げ札、専用ハンガー製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail トータルブランドへと変貌を遂げたルイジ・ボレッリ当代随一のカミチェリアであるルイジ・ボレッリは、1980年代にシャツに合わせるネクタイを、 90年代後半にはジャケットやスーツに加え、アウター、ジーンズ、ニット等のカジュアルウェアの 生産を開始。トータルブランドとして大きく成長を遂げました。ルイジ・ボレッリのウェアに 息づくのは、シャツの仕立て工房だった時代から変わらないイタリアのもの作りの精神です。 王室納めの最高級シャツを作ってきた誇りを胸に、ナポリの伝統的なテーラリング技術を継承した 職人たちによって作り出されるジャケットやスーツは、クラシコイタリアのひとつの到達点です。 現代的な感覚を取り入れたカジュアルウェアにおいても、身体を包み込む服はどんなことがあっても 快適でなければならないというポリシーのもと、素材と着心地にこだわって作られています。 ナポリの伝統を今に受け継ぐ「フル毛芯仕立てスーツ」今までボレッリのスーツは、フル毛芯仕立てのエクスクルーシブラインのものしかなく、 手を出しづらい40万円以上というお値段でした。線引き、裁断、芯地の成形、アイロンワークまで、 すべてを職人が手作業で行うエクスクルーシブラインのエッセンスを残しつつも、効率的に機械を 用いることで生産性を向上させたのが、15-16AWからスタートした「新生レギュラーライン」です。 新生レギュラーラインのスーツは、ボレッリが頑なに守り続けてきた手仕事をふんだんに取り入れた フル毛芯仕立てで、生地のグレードを落すことなくリアルなプライスを実現していることが特徴です。 近年、ボリオリ、ラルディーニ、タリアトーレなどの登場によって、半毛芯のマシンメイド スーツ(ジャケット)がマーケットを席巻しています。そんな中、クラシック回帰の流れから、 そろそろ「ジャケットやスーツをカッチリ着たいな」という気分が高まりを見せており、 イザイアやベルベストに代表されるフル毛芯スーツ(ジャケット)が注目されはじめています。 新たに登場したボレッリのスーツは、そんなクラシック回帰の流れを反映したものです。 軽くてやわらかい着心地なのに、ビシッと美しいフォルムが生まれるフル毛芯スーツは、 クラシックな空気を漂わせており、いま着たい!と思わせる魅力に溢れています。 現代的なエッセンスを取り入れた「モダンナポリスタイル」デザインは、クラシコイタリアの王道を行く『段返り3Bスーツ』になります。 曲面と曲線の連続性を重視して作られた典型的なナポリスタイルのスーツ(ジャケット)ですが、 男らしい印象のセミワイドラペル、コンパクトな肩まわり、スマートに見える狭めの前身頃、 やや短めの着丈などにより、クラシックさの中に現代的なエッセンスを溶け込ませることによって、 決して懐古趣味にならない「モダンな印象のナポリスタイルスーツ」へと昇華されています。 ゴージは高すぎず低すぎず、クラシックな位置を守っているところに普遍的な美しさを感じます。 ラペル、フロント、ポケットには熟練した職人のハンドステッチによって華が添えられており、 そこはかとなく南イタリアの色気が感じられる仕上がりになっています。ビジネスウェアとしての 節度を保ちつつもブランドの独自性が打ち出されているので、シックに装いつつもさりげなく個性を 主張することができます。完成されたスタイル故、流行に左右されることなく長年愛用して頂けます。 男の身体を凛々しく見せる立体的なフォルム言うまでもありませんが、着心地のよさやシルエットの美しさは半毛芯のマシンメイド スーツよりも秀でています。肩パッドなどの副資材を極力省いたソフトな仕立てですが、 脇の下をぐっと食い込ませる独特なカッティングと立体的に成形された毛芯によって、 精悍な胸まわりのボリュームを生み出しています。袖付けはもちろんハンドになります。 たっぷりイセ込んだ肩と前方に大きく湾曲する前振り袖によって、高い運動性を実現しています。 昔ながらのギャザーを強調したマニカカミーチャではなく、あくまで上品に、生地のドレープ感を 活かした波打つ海面のような肩の表情が非常にエレガントです。ウエストは第二ボタンの位置で やや強めにシェイプされており、さながら裸体に近い艶めかしいドレープラインを生み出します。 大きく流れるフロントカットも特徴で、なだらかなショルダーラインと調和して曲線美を演出します。 この他にも、首まわりに巻き付くノボリ衿、ラペル裏のハ刺し、美しい曲線を描くラペルのロール、 背中に吸い付くエレガントなバックスタイルなどから、仕立てのよさが窺い知れます。 運動性の高さと快適な穿き心地を両立した細すぎないテーパードシルエットのパンツも秀逸です。 フル毛芯仕立てのスーツは、職人のアイロンワークによって立体的に成形された毛芯が、 より美しく凛々しい体型へと導いてくれます。つまり、体型補正効果に優れています。 昨今流行のアンコンスーツを「衣」とするならば、フル毛芯スーツは「鎧」です。 肝心の着心地ですが、胸のふくらみを計算して肩線をやや前方に振ることで着用時にジャケットの 重量が前後均一に分散されて肩に乗るように設計されているので、すごく軽くて着やすいです。 はじめて着る人は、手に持ったときの重量と着たときの重量がまったく違うことに驚かれると思います。 職人の手縫いがマシンメイドにはない色気を生み出す美しく見せることに並々ならぬ拘りを持つブランドなだけに、表情作りが非常に上手いです。 機械の導入で効率化を図りつつも、ラペル、フロント、ポケット、ボタンホール等、目に見える ほとんどの箇所を手縫いで仕上げています。身返しや裾まわりなど、見えない箇所についても 手まつり縫いで仕上げることで、ふんわりとしたやわらかい表情を作り出しています。 人間の心理というものは矛盾に満ちており、マシンメイドの標準化されたクオリティの品が ありふれた現在であっても、職人が一針一針縫い上げた不均一なステッチに心を奪われるものです。 無地にはない洒落感がある3シーズン対応ピンヘッドウーステッド最高品質のウール素材(ヴァージンウール)を原料にした細番手の梳毛糸を平織りにした、 ピンヘッドのウーステッドになります。目付けは290グラム。ウーステッドとしては 標準的な生地で毛羽がなくクリーンな印象なので、秋、冬、春の3シーズンに対応します。 細番手糸で織られているので、しなやかで独特のハリコシがあり、着用したときに 美しいドレープが生まれます。上品な光沢を帯びているので高級感も申し分ありません。 シワになりにくく扱いやすく、型崩れ(腰抜け)しにくく長く着られることも魅力です。 余談ですが、ボレッリが使用する生地は、ほとんどがイタリア服地産業の聖地、ビエラ地区の 名門ミルのものです。代表的なメーカーを挙げると、エルメネジルドゼニア、ロロ・ピアーナ、 カノニコ、ドラゴなどです。生地の織りネームは付きませんが、品質の高さは折り紙つきです。 直営店を運営しております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールピンヘッド3Bスーツ OW6012 C3193 ネイビー ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 人気SALE,定番 —— 67,100円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールフランネル3Bジャケット OW5012 C3101 ベージュ ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 100%新品,新作

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルOW5012(C3101/JAPAN SLIM FIT)素材表地:ウール100% 袖裏地:キュプラ100%生地繊細に起毛した滑らかな肌触りのウールフランネルシーズン秋冬色ベージュ(60) 微妙にトーンが違う糸を打ち込んだ薄っすらグレーがかったベージュになります。大人の品格と知性を感じさせるイタリア生地でなければ表現できないエレガントな色合いです。ベージュ特有の黄色みが抑えられているためコーディネートしやすいことが特徴です。模様無地ディテール・段返り3B(本水牛ボタン/手縫いボタン付け) ・袖4B(未処理/袖額縁仕上げ) ・一枚仕立て(大身返し/身返し手まつり縫い) ・袖裏地 ・サイドベント ・ノッチドラペル(手縫いヒゲ処理/ハ刺し) ・胸バルカポケット ・身頃パッチポケット ・ソフトショルダー(薄手毛芯) ・手がかりボタンホール ・手縫いによるイセ込み×前振りの袖付け ・ラペル・フロント・ポケット手縫い ・裾まわり手まつり縫い ・手縫いブランドラベル付け ・内側ポケット2つ状態新品未使用代理店価格140,000円+消費税付属品ブランドタグ、袖ボタン、予備ボタン、代理店下げ札、専用ハンガー製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail トータルブランドへと変貌を遂げたルイジ・ボレッリ当代随一のカミチェリアであるルイジ・ボレッリは、1980年代にシャツに合わせるネクタイを、 90年代後半にはジャケットやスーツに加え、アウター、ジーンズ、ニット等のカジュアルウェアの 生産を開始。トータルブランドとして大きく成長を遂げました。ルイジ・ボレッリのウェアに 息づくのは、シャツの仕立て工房だった時代から変わらないイタリアのもの作りの精神です。 王室納めの最高級シャツを作ってきた誇りを胸に、ナポリの伝統的なテーラリング技術を継承した 職人たちによって作り出されるジャケットやスーツは、クラシコイタリアのひとつの到達点です。 現代的な感覚を取り入れたカジュアルウェアにおいても、身体を包み込む服はどんなことがあっても 快適でなければならないというポリシーのもと、素材と着心地にこだわって作られています。 ナポリの伝統を今に受け継ぐ「フル毛芯仕立てジャケット」元来ボレッリのジャケットには二つのライン、つまり、フル毛芯のエクスクルーシブラインと 半毛芯(半接着芯)のレギュラーラインがありましたが、最高級を目指すイタリア本国の意向から 近年はエクスクルーシブラインのみの展開でした。線引き、裁断、芯地の成形、アイロンワークまで、 すべてを職人が手作業で行うエクスクルーシブラインのエッセンスを残しつつも、効率的に機械を 用いることで生産性を向上させたのが、15-16AWからスタートした「新生レギュラーライン」です。 以前のレギュラーラインとは異なり、ボレッリが頑なに守り続けてきた手仕事をふんだんに取り入れた フル毛芯仕立てで、生地のグレードを落すことなくリアルなプライスを実現していることが特徴です。 近年、ボリオリ、ラルディーニ、タリアトーレの登場によって、半毛芯のマシンメイド ジャケットがマーケットを席巻しています。そんな中、クラシック回帰の流れから、 そろそろ「ジャケットやスーツをカッチリ着たいな」という気分が高まりを見せており、 イザイアやベルベストに代表されるフル毛芯のジャケットが注目されはじめています。 新たに登場したボレッリのジャケットは、そんなクラシック回帰の流れを反映したものです。 軽くてやわらかい着心地なのに、ビシッと美しいフォルムが生まれるフル毛芯ジャケットは、 クラシックな空気を漂わせており、いま着たい!と思わせる魅力に溢れています。 現代的なエッセンスを取り入れた「モダンナポリスタイル」デザインは、クラシコイタリアの王道を行く『段返り3Bジャケット』になります。 曲面と曲線の連続性を重視して作られた典型的なナポリスタイルのジャケットですが、 男らしい印象のセミワイドラペル、コンパクトな肩まわり、スマートに見える狭めの前身頃、 やや短めの着丈などにより、クラシックさの中に現代的なエッセンスを溶け込ませることによって、 決して懐古趣味にならない「モダンな印象のナポリスタイルジャケット」へと昇華されています。 ゴージは高すぎず低すぎず、クラシックな位置を守っているところに普遍的な美しさを感じます。 熟練した職人のハンドステッチで華を添えたバルカポケットやナス型パッチポケットによって 絶妙なカジュアル感が生まれているため、オンオフを問わずエレガントに装うことができます。 完成されたスタイル故、トレンドに左右されることなく長年愛用して頂けます。 男の身体を凛々しく見せる立体的なフォルム言うまでもありませんが、着心地のよさやシルエットの美しさは半毛芯のマシンメイド ジャケットよりも秀でています。肩パッドなどの副資材を極力省いたソフトな仕立てですが、 脇の下をぐっと食い込ませる独特なカッティングと立体的に成形された毛芯によって、 精悍な胸まわりのボリュームを生み出しています。袖付けはもちろんハンドになります。 たっぷりイセ込んだ肩と前方に大きく湾曲する前振り袖によって、高い運動性を実現しています。 昔ながらのギャザーを強調したマニカカミーチャではなく、あくまで上品に、生地のドレープ感を 活かした波打つ海面のような肩の表情が非常にエレガントです。ウエストは第二ボタンの位置で やや強めにシェイプされており、さながら裸体に近い艶めかしいドレープラインを生み出します。 大きく流れるフロントカットも特徴で、なだらかなショルダーラインと調和して曲線美を演出します。 この他にも、首まわりに巻き付くノボリ衿、ラペル裏のハ刺し、美しい曲線を描くラペルのロール、 背中に吸い付くエレガントなバックスタイルなどから、仕立てのよさが窺い知れます。 フル毛芯仕立てのジャケットは、職人のアイロンワークによって立体的に成形された毛芯が、 より美しく凛々しい体型へと導いてくれます。つまり、体型補正効果に優れています。 昨今流行のアンコンジャケットを「衣」とするならば、フル毛芯ジャケットは「鎧」です。 肝心の着心地ですが、胸のふくらみを計算して肩線をやや前方に振ることで着用時にジャケットの 重量が前後均一に分散されて肩に乗るように設計されているので、すごく軽くて着やすいです。 はじめて着る人は、手に持ったときの重量と着たときの重量がまったく違うことに驚かれると思います。 職人の手縫いがマシンメイドにはない色気を生み出す美しく見せることに並々ならぬ拘りを持つブランドなだけに、表情作りが非常に上手いです。 機械の導入で効率化を図りつつも、ラペル、フロント、ポケット、ボタンホール等、目に見える ほとんどの箇所を手縫いで仕上げています。身返しや裾まわりなど、見えない箇所についても 手まつり縫いで仕上げることで、ふんわりとしたやわらかい表情を作り出しています。 人間の心理というものは矛盾に満ちており、マシンメイドの標準化されたクオリティの品が ありふれた現在であっても、職人が一針一針縫い上げた不均一なステッチに心を奪われるものです。 大人の品格と知性を感じさせるベージュフランネルトップクオリティのウール素材を原料にした細番手の紡毛糸を平織りにした後、 縮絨することで目を詰めて保温性を高めた、秋冬の定番ウールフランネルになります。 イタリア、ビエラの名門ミルCANONICO(カノニコ)の生地で、分厚くてゴワゴワしている 従来のウールフランネルとは異なり、目付け340グラムと軽量で、キメが細かく、 繊細な起毛感で、まるでカシミヤのようなやわらかく優しい肌触りになります。 プレスによって表面の毛羽(起毛)が抑えられているため、サキソニーのような見た目で 高級感があることも特徴です。軽く、暖かく、ハリコシがあって丈夫で長く着られる、 非常にバランスのいい生地です。イタリア生地でなければ表現できないエレガントな色合いの ベージュが素晴らしく、大人の品格と知性を感じさせる仕上がりになっています。 余談ですが、ボレッリが使用する生地は、ほとんどがイタリア服地産業の聖地、ビエラ地区の 名門ミルのものです。代表的なメーカーを挙げると、エルメネジルドゼニア、ロロ・ピアーナ、 カノニコ、ドラゴなどです。生地の織りネームは付きませんが、品質の高さは折り紙つきです。 直営店を運営しております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size ※ 胴囲はもっとも細い部分を計測した数値になります。 ※ 着丈は襟を含めずに計測した数値になります。 (単位: cm)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールフランネル3Bジャケット OW5012 C3101 ベージュ ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 100%新品,新作 —— 58,700円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールフランネルピンヘッド3Bジャケット OW5012 C3122 グレー基調 ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ SALE,高品質

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルOW5012(C3122/JAPAN SLIM FIT)素材表地:ウール100% 袖裏地:キュプラ100%生地繊細に起毛した滑らかな肌触りのウールフランネルシーズン秋冬色グレー基調(30) 遠目には無地っぽく見える、濃淡グレーを組み合わせたピンヘッドになります。無地と同じ感覚で幅広いコーディネートに合わせられる、それでいて無地にはない洒落感があって周りの人との違いを打ち出すことができます。模様ピンヘッドディテール・段返り3B(本水牛ボタン/手縫いボタン付け) ・袖4B(未処理/袖額縁仕上げ) ・一枚仕立て(大身返し/身返し手まつり縫い) ・袖裏地 ・サイドベント ・ノッチドラペル(手縫いヒゲ処理/ハ刺し) ・胸バルカポケット ・身頃パッチポケット ・ソフトショルダー(薄手毛芯) ・手がかりボタンホール ・手縫いによるイセ込み×前振りの袖付け ・ラペル・フロント・ポケット手縫い ・裾まわり手まつり縫い ・手縫いブランドラベル付け ・内側ポケット2つ状態新品未使用代理店価格130,000円+消費税付属品ブランドタグ、袖ボタン、予備ボタン、代理店下げ札、専用ハンガー製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail トータルブランドへと変貌を遂げたルイジ・ボレッリ当代随一のカミチェリアであるルイジ・ボレッリは、1980年代にシャツに合わせるネクタイを、 90年代後半にはジャケットやスーツに加え、アウター、ジーンズ、ニット等のカジュアルウェアの 生産を開始。トータルブランドとして大きく成長を遂げました。ルイジ・ボレッリのウェアに 息づくのは、シャツの仕立て工房だった時代から変わらないイタリアのもの作りの精神です。 王室納めの最高級シャツを作ってきた誇りを胸に、ナポリの伝統的なテーラリング技術を継承した 職人たちによって作り出されるジャケットやスーツは、クラシコイタリアのひとつの到達点です。 現代的な感覚を取り入れたカジュアルウェアにおいても、身体を包み込む服はどんなことがあっても 快適でなければならないというポリシーのもと、素材と着心地にこだわって作られています。 ナポリの伝統を今に受け継ぐ「フル毛芯仕立てジャケット」元来ボレッリのジャケットには二つのライン、つまり、フル毛芯のエクスクルーシブラインと 半毛芯(半接着芯)のレギュラーラインがありましたが、最高級を目指すイタリア本国の意向から 近年はエクスクルーシブラインのみの展開でした。線引き、裁断、芯地の成形、アイロンワークまで、 すべてを職人が手作業で行うエクスクルーシブラインのエッセンスを残しつつも、効率的に機械を 用いることで生産性を向上させたのが、15-16AWからスタートした「新生レギュラーライン」です。 以前のレギュラーラインとは異なり、ボレッリが頑なに守り続けてきた手仕事をふんだんに取り入れた フル毛芯仕立てで、生地のグレードを落すことなくリアルなプライスを実現していることが特徴です。 近年、ボリオリ、ラルディーニ、タリアトーレの登場によって、半毛芯のマシンメイド ジャケットがマーケットを席巻しています。そんな中、クラシック回帰の流れから、 そろそろ「ジャケットやスーツをカッチリ着たいな」という気分が高まりを見せており、 イザイアやベルベストに代表されるフル毛芯のジャケットが注目されはじめています。 新たに登場したボレッリのジャケットは、そんなクラシック回帰の流れを反映したものです。 軽くてやわらかい着心地なのに、ビシッと美しいフォルムが生まれるフル毛芯ジャケットは、 クラシックな空気を漂わせており、いま着たい!と思わせる魅力に溢れています。 現代的なエッセンスを取り入れた「モダンナポリスタイル」デザインは、クラシコイタリアの王道を行く『段返り3Bジャケット』になります。 曲面と曲線の連続性を重視して作られた典型的なナポリスタイルのジャケットですが、 男らしい印象のセミワイドラペル、コンパクトな肩まわり、スマートに見える狭めの前身頃、 やや短めの着丈などにより、クラシックさの中に現代的なエッセンスを溶け込ませることによって、 決して懐古趣味にならない「モダンな印象のナポリスタイルジャケット」へと昇華されています。 ゴージは高すぎず低すぎず、クラシックな位置を守っているところに普遍的な美しさを感じます。 熟練した職人のハンドステッチで華を添えたバルカポケットやナス型パッチポケットによって 絶妙なカジュアル感が生まれているため、オンオフを問わずエレガントに装うことができます。 完成されたスタイル故、トレンドに左右されることなく長年愛用して頂けます。 男の身体を凛々しく見せる立体的なフォルム言うまでもありませんが、着心地のよさやシルエットの美しさは半毛芯のマシンメイド ジャケットよりも秀でています。肩パッドなどの副資材を極力省いたソフトな仕立てですが、 脇の下をぐっと食い込ませる独特なカッティングと立体的に成形された毛芯によって、 精悍な胸まわりのボリュームを生み出しています。袖付けはもちろんハンドになります。 たっぷりイセ込んだ肩と前方に大きく湾曲する前振り袖によって、高い運動性を実現しています。 昔ながらのギャザーを強調したマニカカミーチャではなく、あくまで上品に、生地のドレープ感を 活かした波打つ海面のような肩の表情が非常にエレガントです。ウエストは第二ボタンの位置で やや強めにシェイプされており、さながら裸体に近い艶めかしいドレープラインを生み出します。 大きく流れるフロントカットも特徴で、なだらかなショルダーラインと調和して曲線美を演出します。 この他にも、首まわりに巻き付くノボリ衿、ラペル裏のハ刺し、美しい曲線を描くラペルのロール、 背中に吸い付くエレガントなバックスタイルなどから、仕立てのよさが窺い知れます。 フル毛芯仕立てのジャケットは、職人のアイロンワークによって立体的に成形された毛芯が、 より美しく凛々しい体型へと導いてくれます。つまり、体型補正効果に優れています。 昨今流行のアンコンジャケットを「衣」とするならば、フル毛芯ジャケットは「鎧」です。 肝心の着心地ですが、胸のふくらみを計算して肩線をやや前方に振ることで着用時にジャケットの 重量が前後均一に分散されて肩に乗るように設計されているので、すごく軽くて着やすいです。 はじめて着る人は、手に持ったときの重量と着たときの重量がまったく違うことに驚かれると思います。 職人の手縫いがマシンメイドにはない色気を生み出す美しく見せることに並々ならぬ拘りを持つブランドなだけに、表情作りが非常に上手いです。 機械の導入で効率化を図りつつも、ラペル、フロント、ポケット、ボタンホール等、目に見える ほとんどの箇所を手縫いで仕上げています。身返しや裾まわりなど、見えない箇所についても 手まつり縫いで仕上げることで、ふんわりとしたやわらかい表情を作り出しています。 人間の心理というものは矛盾に満ちており、マシンメイドの標準化されたクオリティの品が ありふれた現在であっても、職人が一針一針縫い上げた不均一なステッチに心を奪われるものです。 オンオフ問わず活躍する、グレー基調のピンヘッドウールフランネルトップクオリティのウール素材を原料にした細番手の紡毛糸を平織りにした後、 縮絨することで目を詰めて保温性を高めた、秋冬の定番ウールフランネルになります。 イタリア、ビエラの名門ミルREDA(レダ)の生地で、分厚くてゴワゴワしている 従来のウールフランネルとは異なり、目付け350グラムと軽量で、キメが細かく、 繊細な起毛感で、やわらかく優しい肌触りになります。プレスによって表面の毛羽(起毛)が 抑えられているため、サキソニーのような見た目で高級感があることも特徴です。 軽く、暖かく、ハリコシがあって丈夫で長く着られる、非常にバランスのいい生地です。 濃淡グレーを組み合わせたピンヘッドになっていて、無地にはない洒落感があって 周りの人との違いを打ち出せることもポイント。オンオフ問わず大活躍してくれます。 余談ですが、ボレッリが使用する生地は、ほとんどがイタリア服地産業の聖地、ビエラ地区の 名門ミルのものです。代表的なメーカーを挙げると、エルメネジルドゼニア、ロロ・ピアーナ、 カノニコ、ドラゴなどです。生地の織りネームは付きませんが、品質の高さは折り紙つきです。 直営店を運営しております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size ※ 胴囲はもっとも細い部分を計測した数値になります。 ※ 着丈は襟を含めずに計測した数値になります。 (単位: cm)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW ウールフランネルピンヘッド3Bジャケット OW5012 C3122 グレー基調 ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ SALE,高品質 —— 54,500円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW 五者混ブークレツイードヘリンボーン3Bジャケット OW5012 C3133 ブラウン×ネイビー ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 限定セール,大人気

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルOW5012(C3133/JAPAN SLIM FIT)素材表地:ヴァージンウール46%・シルク18%・コットン14%・リネン14%・ナイロン8% 袖裏地:キュプラ100%生地程よい打ち込みのヴィンテージ調ブークレツイードシーズン秋冬色ブラウン×ネイビー(60) 経糸にネイビー、緯糸にブラウンの糸を打ち込むことで表現されたヘリンボーンです。ネイビーの落ち着きとブラウンの渋さがひとつになった、なんとも洒落たカラーリングです。模様ヘリンボーンディテール・段返り3B(本水牛ボタン/手縫いボタン付け) ・袖4B(未処理/袖額縁仕上げ) ・一枚仕立て(大身返し/身返し手まつり縫い) ・袖裏地 ・サイドベント ・ノッチドラペル(手縫いヒゲ処理/ハ刺し) ・胸バルカポケット ・身頃パッチポケット ・ソフトショルダー(薄手毛芯) ・手がかりボタンホール ・手縫いによるイセ込み×前振りの袖付け ・ラペル・フロント・ポケット手縫い ・裾まわり手まつり縫い ・手縫いブランドラベル付け ・内側ポケット2つ状態新品未使用代理店価格144,000円+消費税付属品ブランドタグ、袖ボタン、予備ボタン、代理店下げ札、専用ハンガー製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail トータルブランドへと変貌を遂げたルイジ・ボレッリ当代随一のカミチェリアであるルイジ・ボレッリは、1980年代にシャツに合わせるネクタイを、 90年代後半にはジャケットやスーツに加え、アウター、ジーンズ、ニット等のカジュアルウェアの 生産を開始。トータルブランドとして大きく成長を遂げました。ルイジ・ボレッリのウェアに 息づくのは、シャツの仕立て工房だった時代から変わらないイタリアのもの作りの精神です。 王室納めの最高級シャツを作ってきた誇りを胸に、ナポリの伝統的なテーラリング技術を継承した 職人たちによって作り出されるジャケットやスーツは、クラシコイタリアのひとつの到達点です。 現代的な感覚を取り入れたカジュアルウェアにおいても、身体を包み込む服はどんなことがあっても 快適でなければならないというポリシーのもと、素材と着心地にこだわって作られています。 ナポリの伝統を今に受け継ぐ「フル毛芯仕立てジャケット」元来ボレッリのジャケットには二つのライン、つまり、フル毛芯のエクスクルーシブラインと 半毛芯(半接着芯)のレギュラーラインがありましたが、最高級を目指すイタリア本国の意向から 近年はエクスクルーシブラインのみの展開でした。線引き、裁断、芯地の成形、アイロンワークまで、 すべてを職人が手作業で行うエクスクルーシブラインのエッセンスを残しつつも、効率的に機械を 用いることで生産性を向上させたのが、15-16AWからスタートした「新生レギュラーライン」です。 以前のレギュラーラインとは異なり、ボレッリが頑なに守り続けてきた手仕事をふんだんに取り入れた フル毛芯仕立てで、生地のグレードを落すことなくリアルなプライスを実現していることが特徴です。 近年、ボリオリ、ラルディーニ、タリアトーレの登場によって、半毛芯のマシンメイド ジャケットがマーケットを席巻しています。そんな中、クラシック回帰の流れから、 そろそろ「ジャケットやスーツをカッチリ着たいな」という気分が高まりを見せており、 イザイアやベルベストに代表されるフル毛芯のジャケットが注目されはじめています。 新たに登場したボレッリのジャケットは、そんなクラシック回帰の流れを反映したものです。 軽くてやわらかい着心地なのに、ビシッと美しいフォルムが生まれるフル毛芯ジャケットは、 クラシックな空気を漂わせており、いま着たい!と思わせる魅力に溢れています。 現代的なエッセンスを取り入れた「モダンナポリスタイル」デザインは、クラシコイタリアの王道を行く『段返り3Bジャケット』になります。 曲面と曲線の連続性を重視して作られた典型的なナポリスタイルのジャケットですが、 男らしい印象のセミワイドラペル、コンパクトな肩まわり、スマートに見える狭めの前身頃、 やや短めの着丈などにより、クラシックさの中に現代的なエッセンスを溶け込ませることによって、 決して懐古趣味にならない「モダンな印象のナポリスタイルジャケット」へと昇華されています。 ゴージは高すぎず低すぎず、クラシックな位置を守っているところに普遍的な美しさを感じます。 熟練した職人のハンドステッチで華を添えたバルカポケットやナス型パッチポケットによって 絶妙なカジュアル感が生まれているため、オンオフを問わずエレガントに装うことができます。 完成されたスタイル故、トレンドに左右されることなく長年愛用して頂けます。 男の身体を凛々しく見せる立体的なフォルム言うまでもありませんが、着心地のよさやシルエットの美しさは半毛芯のマシンメイド ジャケットよりも秀でています。肩パッドなどの副資材を極力省いたソフトな仕立てですが、 脇の下をぐっと食い込ませる独特なカッティングと立体的に成形された毛芯によって、 精悍な胸まわりのボリュームを生み出しています。袖付けはもちろんハンドになります。 たっぷりイセ込んだ肩と前方に大きく湾曲する前振り袖によって、高い運動性を実現しています。 昔ながらのギャザーを強調したマニカカミーチャではなく、あくまで上品に、生地のドレープ感を 活かした波打つ海面のような肩の表情が非常にエレガントです。ウエストは第二ボタンの位置で やや強めにシェイプされており、さながら裸体に近い艶めかしいドレープラインを生み出します。 大きく流れるフロントカットも特徴で、なだらかなショルダーラインと調和して曲線美を演出します。 この他にも、首まわりに巻き付くノボリ衿、ラペル裏のハ刺し、美しい曲線を描くラペルのロール、 背中に吸い付くエレガントなバックスタイルなどから、仕立てのよさが窺い知れます。 フル毛芯仕立てのジャケットは、職人のアイロンワークによって立体的に成形された毛芯が、 より美しく凛々しい体型へと導いてくれます。つまり、体型補正効果に優れています。 昨今流行のアンコンジャケットを「衣」とするならば、フル毛芯ジャケットは「鎧」です。 肝心の着心地ですが、胸のふくらみを計算して肩線をやや前方に振ることで着用時にジャケットの 重量が前後均一に分散されて肩に乗るように設計されているので、すごく軽くて着やすいです。 はじめて着る人は、手に持ったときの重量と着たときの重量がまったく違うことに驚かれると思います。 職人の手縫いがマシンメイドにはない色気を生み出す美しく見せることに並々ならぬ拘りを持つブランドなだけに、表情作りが非常に上手いです。 機械の導入で効率化を図りつつも、ラペル、フロント、ポケット、ボタンホール等、目に見える ほとんどの箇所を手縫いで仕上げています。身返しや裾まわりなど、見えない箇所についても 手まつり縫いで仕上げることで、ふんわりとしたやわらかい表情を作り出しています。 人間の心理というものは矛盾に満ちており、マシンメイドの標準化されたクオリティの品が ありふれた現在であっても、職人が一針一針縫い上げた不均一なステッチに心を奪われるものです。 ヴィンテージのような独特の雰囲気があるブークレツイードヴァージンウール、シルク、コットン、リネン、ナイロンの五者混素材を原料にした二種類の糸 (紡毛糸とループ糸)を巧みに使い分けたヴィンテージ調のブークレツイードになります。 単なるツイードではなく、程よい打ち込みでコシのあるヘリンボーン織りのツイードの緯糸に ランダムにループ糸を打ち込んだ後、表面をプレスしてあえてループを潰して平滑に仕上げることで、 まるでヴィンテージのような味わい深い雰囲気が生み出された非常にテクニカルな生地です。 シルクが混紡されているのでしっとり滑らかな肌触りで、表面には控えめな光沢を湛えており、 ひと目で伝わる高級感があることも特徴です。温かみのある見た目に反して目付け350グラムと軽く、 着やすく、暖かいことも魅力です。¨アズーロ・エ・マローネ¨と呼ばれる、ネイビーとブラウンを 組み合わせたカラーリングの絶妙で、なんとも洒脱でイタリアらしい雰囲気が漂っています。 余談ですが、ボレッリが使用する生地は、ほとんどがイタリア服地産業の聖地、ビエラ地区の 名門ミルのものです。代表的なメーカーを挙げると、エルメネジルドゼニア、ロロ・ピアーナ、 カノニコ、ドラゴなどです。生地の織りネームは付きませんが、品質の高さは折り紙つきです。 直営店を運営しております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size ※ 胴囲はもっとも細い部分を計測した数値になります。 ※ 着丈は襟を含めずに計測した数値になります。 (単位: cm)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW 五者混ブークレツイードヘリンボーン3Bジャケット OW5012 C3133 ブラウン×ネイビー ボレッリ 秋冬 ジャケット スーツ ハンガー便選択OK あす楽非対応_ 限定セール,大人気 —— 60,300円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 カシミヤバスケットソリッドネクタイ 1448 Royal Collection ネイビー ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ 大人気,正規品

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルNR80-B素材カシミヤ100%生地ふっくらと起毛していて温もりのあるバスケットシーズン秋冬色ネイビー(01)模様無地ディテール・コイル状の閂止め ・たるみ糸(スリップステッチ)状態新品未使用参考価格19,000円+消費税付属品ブランドタグ(手仕事紹介小冊子)、代理店下げ札製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ その他のネクタイはコチラ→ アイテム説明 Item Detail ルイジ・ボレッリのネクタイは、有名セレクトショップや百貨店のネクタイ売り場に 必ずと言っていいほど並べられている、シャツと並ぶブランドを代表するアイテムです。 多くの人たちに愛されている理由は、¨徹底したクオリティの追求(締めやすさ)¨と ¨ナポリを感じさせる独特の色彩(独自性のある生地選び)¨の2点にあります。 生粋のナポリターナであるファビオ・ボレッリ氏が選ぶ生地は、ナポリらしい鮮やかな色彩と センスのいい柄で、トレンドを押さえつつも¨ボレッリらしさ¨を感じさせます。 品質も申し分なく、大半の工程を手作業で行い、独特の縫製法とアイロンワークによって、 膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩まないネクタイに仕上げられています。 生地の肉(厚み)によってバランスを考え、数種類の芯地を使い分ける巧妙な技術から 生み出される¨エレガントな結び目¨も、ボレッリのネクタイを形作る重要な要素です。 スーツのVゾーンで季節感を演出するのは、¨デキル男のたしなみ¨です。 お洒落に興味をお持ちのみなさまでしたら、すでに実践なさっていることと思われます。 秋冬なら温もりのあるウールやカシミヤ、春夏なら涼しげなリネンやフレスコといった具合に、 季節に合わせてネクタイを変えるだけで、いつものスーツスタイルが俄然お洒落に見えます。 そこでお勧めなのが、ボレッリの最高級ラインRoyal Collection(ロイヤルコレクション)から 継続的にリリースされている、こちらの『カシミヤバスケットソリッドネクタイ』です。 厳選された高級カシミヤ素材を原料にした紡毛糸を引き揃えて、オックスフォードのように ざっくり目に織り上げたバスケットは、ふっくらと起毛していて秋冬らしい温もりがあります。 目付け量(糸量)が多いトップクオリティのテキスタイルで、高級カシミヤ素材ならではの やさしい風合い、ヌメリのある肌触り、透き通るような光沢を存分に楽しめることが特徴です。 バスケット織り組織を利用して、経糸にネイビー、緯糸にダークネイビーの糸を打ち込むことで 表現された¨深みのあるネイビー¨が秀逸で、シックな中にもエレガンスを感じさせます。 また、生地の厚さに合わせて薄手の芯地を使用することで、ノットが大きくなり過ぎないように 細心の注意が払われているので、たいへん締めやすく、美しい結び目が作れることも魅力です。 スーツスタイルはもちろんジャケパンスタイルにも合うので、オンオフ問わず大活躍します。 ネクタイの良し悪しを左右する¨作り¨ですが、ボレッリの品なので絶対の信頼が置けます。 自社のシャツに合わせるためのネクタイを用意しているカミチェリアは少なくありませんが、 他社に外注しているところが多いのが事実。それに対しボレッリでは、ネクタイ専門の職人を抱え、 型紙の作成から生地の裁断、縫製に至るまで、すべてをイタリアの自社工場で行っています。 世界中で称賛されているハンドメイドシャツと同様に、ハンドフィニッシュによって¨遊び¨が 作られたボレッリのネクタイは、膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩みません。 ファッション業界関係者の間でも評判で、ネクタイはボレッリと決めている人が多いのが頷けます。 余談ですが、ボレッリのネクタイの締めやすさは¨独特の縫製法¨に秘密があります。 通常ネクタイの縫製は、ネクタイを横や斜めに置いて縫い合わせていくのですが、 ボレッリでは縦に置いて真ん中を縫い合わせていくという繊細で難しい作業を行っています。 この縫製法と仕上げのアイロンワークによって、膨らみがあって締めやすいネクタイが作り出されます。 当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size全長大剣幅小剣幅1468.04.5※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 カシミヤバスケットソリッドネクタイ 1448 Royal Collection ネイビー ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ 大人気,正規品 —— 11,800円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 カシミヤバスケットソリッドネクタイ 2301 Royal Collection グレー ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ 得価,HOT

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルNR80-B素材カシミヤ100%生地ふっくらと起毛していて温もりのあるバスケットシーズン秋冬色グレー(05)模様無地ディテール・コイル状の閂止め ・たるみ糸(スリップステッチ)状態新品未使用参考価格19,000円+消費税付属品ブランドタグ(手仕事紹介小冊子)、代理店下げ札製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ その他のネクタイはコチラ→ アイテム説明 Item Detail ルイジ・ボレッリのネクタイは、有名セレクトショップや百貨店のネクタイ売り場に 必ずと言っていいほど並べられている、シャツと並ぶブランドを代表するアイテムです。 多くの人たちに愛されている理由は、¨徹底したクオリティの追求(締めやすさ)¨と ¨ナポリを感じさせる独特の色彩(独自性のある生地選び)¨の2点にあります。 生粋のナポリターナであるファビオ・ボレッリ氏が選ぶ生地は、ナポリらしい鮮やかな色彩と センスのいい柄で、トレンドを押さえつつも¨ボレッリらしさ¨を感じさせます。 品質も申し分なく、大半の工程を手作業で行い、独特の縫製法とアイロンワークによって、 膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩まないネクタイに仕上げられています。 生地の肉(厚み)によってバランスを考え、数種類の芯地を使い分ける巧妙な技術から 生み出される¨エレガントな結び目¨も、ボレッリのネクタイを形作る重要な要素です。 スーツのVゾーンで季節感を演出するのは、¨デキル男のたしなみ¨です。 お洒落に興味をお持ちのみなさまでしたら、すでに実践なさっていることと思われます。 秋冬なら温もりのあるウールやカシミヤ、春夏なら涼しげなリネンやフレスコといった具合に、 季節に合わせてネクタイを変えるだけで、いつものスーツスタイルが俄然お洒落に見えます。 そこでお勧めなのが、ボレッリの最高級ラインRoyal Collection(ロイヤルコレクション)から 継続的にリリースされている、こちらの『カシミヤバスケットソリッドネクタイ』です。 厳選された高級カシミヤ素材を原料にした紡毛糸を引き揃えて、オックスフォードのように ざっくり目に織り上げたバスケットは、ふっくらと起毛していて秋冬らしい温もりがあります。 目付け量(糸量)が多いトップクオリティのテキスタイルで、高級カシミヤ素材ならではの やさしい風合い、ヌメリのある肌触り、透き通るような光沢を存分に楽しめることが特徴です。 バスケット織り組織を利用して、経糸と緯糸にそれぞれ異なる色の糸を打ち込むことで表現された、 フワッとしたやわらかい色合いが素晴らしく、暗くなる秋冬スタイルに華やぎを与えることができます。 また、生地の厚さに合わせて薄手の芯地を使用することで、ノットが大きくなり過ぎないように 細心の注意が払われているので、たいへん締めやすく、美しい結び目が作れることも魅力です。 スーツスタイルはもちろんジャケパンスタイルにも合うので、オンオフ問わず大活躍します。 ネクタイの良し悪しを左右する¨作り¨ですが、ボレッリの品なので絶対の信頼が置けます。 自社のシャツに合わせるためのネクタイを用意しているカミチェリアは少なくありませんが、 他社に外注しているところが多いのが事実。それに対しボレッリでは、ネクタイ専門の職人を抱え、 型紙の作成から生地の裁断、縫製に至るまで、すべてをイタリアの自社工場で行っています。 世界中で称賛されているハンドメイドシャツと同様に、ハンドフィニッシュによって¨遊び¨が 作られたボレッリのネクタイは、膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩みません。 ファッション業界関係者の間でも評判で、ネクタイはボレッリと決めている人が多いのが頷けます。 余談ですが、ボレッリのネクタイの締めやすさは¨独特の縫製法¨に秘密があります。 通常ネクタイの縫製は、ネクタイを横や斜めに置いて縫い合わせていくのですが、 ボレッリでは縦に置いて真ん中を縫い合わせていくという繊細で難しい作業を行っています。 この縫製法と仕上げのアイロンワークによって、膨らみがあって締めやすいネクタイが作り出されます。 当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size全長大剣幅小剣幅1468.04.5※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 カシミヤバスケットソリッドネクタイ 2301 Royal Collection グレー ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ 得価,HOT —— 11,800円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 カシミヤバスケットソリッドネクタイ 2301 Royal Collection ネイビー ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ SALE,新作登場

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルNR80-B素材カシミヤ100%生地ふっくらと起毛していて温もりのあるバスケットシーズン秋冬色ネイビー(07)模様無地ディテール・コイル状の閂止め ・たるみ糸(スリップステッチ)状態新品未使用参考価格19,000円+消費税付属品ブランドタグ(手仕事紹介小冊子)、代理店下げ札製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ その他のネクタイはコチラ→ アイテム説明 Item Detail ルイジ・ボレッリのネクタイは、有名セレクトショップや百貨店のネクタイ売り場に 必ずと言っていいほど並べられている、シャツと並ぶブランドを代表するアイテムです。 多くの人たちに愛されている理由は、¨徹底したクオリティの追求(締めやすさ)¨と ¨ナポリを感じさせる独特の色彩(独自性のある生地選び)¨の2点にあります。 生粋のナポリターナであるファビオ・ボレッリ氏が選ぶ生地は、ナポリらしい鮮やかな色彩と センスのいい柄で、トレンドを押さえつつも¨ボレッリらしさ¨を感じさせます。 品質も申し分なく、大半の工程を手作業で行い、独特の縫製法とアイロンワークによって、 膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩まないネクタイに仕上げられています。 生地の肉(厚み)によってバランスを考え、数種類の芯地を使い分ける巧妙な技術から 生み出される¨エレガントな結び目¨も、ボレッリのネクタイを形作る重要な要素です。 スーツのVゾーンで季節感を演出するのは、¨デキル男のたしなみ¨です。 お洒落に興味をお持ちのみなさまでしたら、すでに実践なさっていることと思われます。 秋冬なら温もりのあるウールやカシミヤ、春夏なら涼しげなリネンやフレスコといった具合に、 季節に合わせてネクタイを変えるだけで、いつものスーツスタイルが俄然お洒落に見えます。 そこでお勧めなのが、ボレッリの最高級ラインRoyal Collection(ロイヤルコレクション)から 継続的にリリースされている、こちらの『カシミヤバスケットソリッドネクタイ』です。 厳選された高級カシミヤ素材を原料にした紡毛糸を引き揃えて、オックスフォードのように ざっくり目に織り上げたバスケットは、ふっくらと起毛していて秋冬らしい温もりがあります。 目付け量(糸量)が多いトップクオリティのテキスタイルで、高級カシミヤ素材ならではの やさしい風合い、ヌメリのある肌触り、透き通るような光沢を存分に楽しめることが特徴です。 バスケット織り組織を利用して、経糸と緯糸にそれぞれ異なる色の糸を打ち込むことで表現された、 フワッとしたやわらかい色合いが素晴らしく、暗くなる秋冬スタイルに華やぎを与えることができます。 また、生地の厚さに合わせて薄手の芯地を使用することで、ノットが大きくなり過ぎないように 細心の注意が払われているので、たいへん締めやすく、美しい結び目が作れることも魅力です。 スーツスタイルはもちろんジャケパンスタイルにも合うので、オンオフ問わず大活躍します。 ネクタイの良し悪しを左右する¨作り¨ですが、ボレッリの品なので絶対の信頼が置けます。 自社のシャツに合わせるためのネクタイを用意しているカミチェリアは少なくありませんが、 他社に外注しているところが多いのが事実。それに対しボレッリでは、ネクタイ専門の職人を抱え、 型紙の作成から生地の裁断、縫製に至るまで、すべてをイタリアの自社工場で行っています。 世界中で称賛されているハンドメイドシャツと同様に、ハンドフィニッシュによって¨遊び¨が 作られたボレッリのネクタイは、膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩みません。 ファッション業界関係者の間でも評判で、ネクタイはボレッリと決めている人が多いのが頷けます。 余談ですが、ボレッリのネクタイの締めやすさは¨独特の縫製法¨に秘密があります。 通常ネクタイの縫製は、ネクタイを横や斜めに置いて縫い合わせていくのですが、 ボレッリでは縦に置いて真ん中を縫い合わせていくという繊細で難しい作業を行っています。 この縫製法と仕上げのアイロンワークによって、膨らみがあって締めやすいネクタイが作り出されます。 当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size全長大剣幅小剣幅1468.04.5※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 カシミヤバスケットソリッドネクタイ 2301 Royal Collection ネイビー ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ SALE,新作登場 —— 11,800円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 カシミヤバスケットソリッドネクタイ 2301 Royal Collection ブラウン ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ 定番,格安

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルNR80-B素材カシミヤ100%生地ふっくらと起毛していて温もりのあるバスケットシーズン秋冬色ブラウン(02)模様無地ディテール・コイル状の閂止め ・たるみ糸(スリップステッチ)状態新品未使用参考価格19,000円+消費税付属品ブランドタグ(手仕事紹介小冊子)、代理店下げ札製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ その他のネクタイはコチラ→ アイテム説明 Item Detail ルイジ・ボレッリのネクタイは、有名セレクトショップや百貨店のネクタイ売り場に 必ずと言っていいほど並べられている、シャツと並ぶブランドを代表するアイテムです。 多くの人たちに愛されている理由は、¨徹底したクオリティの追求(締めやすさ)¨と ¨ナポリを感じさせる独特の色彩(独自性のある生地選び)¨の2点にあります。 生粋のナポリターナであるファビオ・ボレッリ氏が選ぶ生地は、ナポリらしい鮮やかな色彩と センスのいい柄で、トレンドを押さえつつも¨ボレッリらしさ¨を感じさせます。 品質も申し分なく、大半の工程を手作業で行い、独特の縫製法とアイロンワークによって、 膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩まないネクタイに仕上げられています。 生地の肉(厚み)によってバランスを考え、数種類の芯地を使い分ける巧妙な技術から 生み出される¨エレガントな結び目¨も、ボレッリのネクタイを形作る重要な要素です。 スーツのVゾーンで季節感を演出するのは、¨デキル男のたしなみ¨です。 お洒落に興味をお持ちのみなさまでしたら、すでに実践なさっていることと思われます。 秋冬なら温もりのあるウールやカシミヤ、春夏なら涼しげなリネンやフレスコといった具合に、 季節に合わせてネクタイを変えるだけで、いつものスーツスタイルが俄然お洒落に見えます。 そこでお勧めなのが、ボレッリの最高級ラインRoyal Collection(ロイヤルコレクション)から 継続的にリリースされている、こちらの『カシミヤバスケットソリッドネクタイ』です。 厳選された高級カシミヤ素材を原料にした紡毛糸を引き揃えて、オックスフォードのように ざっくり目に織り上げたバスケットは、ふっくらと起毛していて秋冬らしい温もりがあります。 目付け量(糸量)が多いトップクオリティのテキスタイルで、高級カシミヤ素材ならではの やさしい風合い、ヌメリのある肌触り、透き通るような光沢を存分に楽しめることが特徴です。 バスケット織り組織を利用して、経糸と緯糸にそれぞれ異なる色の糸を打ち込むことで表現された、 フワッとしたやわらかい色合いが素晴らしく、暗くなる秋冬スタイルに華やぎを与えることができます。 また、生地の厚さに合わせて薄手の芯地を使用することで、ノットが大きくなり過ぎないように 細心の注意が払われているので、たいへん締めやすく、美しい結び目が作れることも魅力です。 スーツスタイルはもちろんジャケパンスタイルにも合うので、オンオフ問わず大活躍します。 ネクタイの良し悪しを左右する¨作り¨ですが、ボレッリの品なので絶対の信頼が置けます。 自社のシャツに合わせるためのネクタイを用意しているカミチェリアは少なくありませんが、 他社に外注しているところが多いのが事実。それに対しボレッリでは、ネクタイ専門の職人を抱え、 型紙の作成から生地の裁断、縫製に至るまで、すべてをイタリアの自社工場で行っています。 世界中で称賛されているハンドメイドシャツと同様に、ハンドフィニッシュによって¨遊び¨が 作られたボレッリのネクタイは、膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩みません。 ファッション業界関係者の間でも評判で、ネクタイはボレッリと決めている人が多いのが頷けます。 余談ですが、ボレッリのネクタイの締めやすさは¨独特の縫製法¨に秘密があります。 通常ネクタイの縫製は、ネクタイを横や斜めに置いて縫い合わせていくのですが、 ボレッリでは縦に置いて真ん中を縫い合わせていくという繊細で難しい作業を行っています。 この縫製法と仕上げのアイロンワークによって、膨らみがあって締めやすいネクタイが作り出されます。 当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size全長大剣幅小剣幅1468.04.5※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 カシミヤバスケットソリッドネクタイ 2301 Royal Collection ブラウン ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ 定番,格安 —— 11,800円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 カシミヤバスケットソリッドネクタイ 2301 Royal Collection ベージュ ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ 激安大特価,大人気

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルNR80-B素材カシミヤ100%生地ふっくらと起毛していて温もりのあるバスケットシーズン秋冬色ベージュ(08)模様無地ディテール・コイル状の閂止め ・たるみ糸(スリップステッチ)状態新品未使用参考価格19,000円+消費税付属品ブランドタグ(手仕事紹介小冊子)、代理店下げ札製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ その他のネクタイはコチラ→ アイテム説明 Item Detail ルイジ・ボレッリのネクタイは、有名セレクトショップや百貨店のネクタイ売り場に 必ずと言っていいほど並べられている、シャツと並ぶブランドを代表するアイテムです。 多くの人たちに愛されている理由は、¨徹底したクオリティの追求(締めやすさ)¨と ¨ナポリを感じさせる独特の色彩(独自性のある生地選び)¨の2点にあります。 生粋のナポリターナであるファビオ・ボレッリ氏が選ぶ生地は、ナポリらしい鮮やかな色彩と センスのいい柄で、トレンドを押さえつつも¨ボレッリらしさ¨を感じさせます。 品質も申し分なく、大半の工程を手作業で行い、独特の縫製法とアイロンワークによって、 膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩まないネクタイに仕上げられています。 生地の肉(厚み)によってバランスを考え、数種類の芯地を使い分ける巧妙な技術から 生み出される¨エレガントな結び目¨も、ボレッリのネクタイを形作る重要な要素です。 スーツのVゾーンで季節感を演出するのは、¨デキル男のたしなみ¨です。 お洒落に興味をお持ちのみなさまでしたら、すでに実践なさっていることと思われます。 秋冬なら温もりのあるウールやカシミヤ、春夏なら涼しげなリネンやフレスコといった具合に、 季節に合わせてネクタイを変えるだけで、いつものスーツスタイルが俄然お洒落に見えます。 そこでお勧めなのが、ボレッリの最高級ラインRoyal Collection(ロイヤルコレクション)から 継続的にリリースされている、こちらの『カシミヤバスケットソリッドネクタイ』です。 厳選された高級カシミヤ素材を原料にした紡毛糸を引き揃えて、オックスフォードのように ざっくり目に織り上げたバスケットは、ふっくらと起毛していて秋冬らしい温もりがあります。 目付け量(糸量)が多いトップクオリティのテキスタイルで、高級カシミヤ素材ならではの やさしい風合い、ヌメリのある肌触り、透き通るような光沢を存分に楽しめることが特徴です。 バスケット織り組織を利用して、経糸と緯糸にそれぞれ異なる色の糸を打ち込むことで表現された、 フワッとしたやわらかい色合いが素晴らしく、暗くなる秋冬スタイルに華やぎを与えることができます。 また、生地の厚さに合わせて薄手の芯地を使用することで、ノットが大きくなり過ぎないように 細心の注意が払われているので、たいへん締めやすく、美しい結び目が作れることも魅力です。 スーツスタイルはもちろんジャケパンスタイルにも合うので、オンオフ問わず大活躍します。 ネクタイの良し悪しを左右する¨作り¨ですが、ボレッリの品なので絶対の信頼が置けます。 自社のシャツに合わせるためのネクタイを用意しているカミチェリアは少なくありませんが、 他社に外注しているところが多いのが事実。それに対しボレッリでは、ネクタイ専門の職人を抱え、 型紙の作成から生地の裁断、縫製に至るまで、すべてをイタリアの自社工場で行っています。 世界中で称賛されているハンドメイドシャツと同様に、ハンドフィニッシュによって¨遊び¨が 作られたボレッリのネクタイは、膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩みません。 ファッション業界関係者の間でも評判で、ネクタイはボレッリと決めている人が多いのが頷けます。 余談ですが、ボレッリのネクタイの締めやすさは¨独特の縫製法¨に秘密があります。 通常ネクタイの縫製は、ネクタイを横や斜めに置いて縫い合わせていくのですが、 ボレッリでは縦に置いて真ん中を縫い合わせていくという繊細で難しい作業を行っています。 この縫製法と仕上げのアイロンワークによって、膨らみがあって締めやすいネクタイが作り出されます。 当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size全長大剣幅小剣幅1468.04.5※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 カシミヤバスケットソリッドネクタイ 2301 Royal Collection ベージュ ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ 激安大特価,大人気 —— 11,800円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 カシミヤバスケットソリッドネクタイ 2301 Royal Collection ライトグレー ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ 正規品,安い

モデルNR80-B素材カシミヤ100%生地ふっくらと起毛していて温もりのあるバスケットシーズン秋冬色ライトグレー(10)模様無地ディテール・コイル状の閂止め ・たるみ糸(スリップステッチ)状態新品未使用参考価格19,000円+消費税付属品ブランドタグ(手仕事紹介小冊子)、代理店下げ札製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ その他のネクタイはコチラ→ アイテム説明 Item Detail ルイジ・ボレッリのネクタイは、有名セレクトショップや百貨店のネクタイ売り場に 必ずと言っていいほど並べられている、シャツと並ぶブランドを代表するアイテムです。 多くの人たちに愛されている理由は、¨徹底したクオリティの追求(締めやすさ)¨と ¨ナポリを感じさせる独特の色彩(独自性のある生地選び)¨の2点にあります。 生粋のナポリターナであるファビオ・ボレッリ氏が選ぶ生地は、ナポリらしい鮮やかな色彩と センスのいい柄で、トレンドを押さえつつも¨ボレッリらしさ¨を感じさせます。 品質も申し分なく、大半の工程を手作業で行い、独特の縫製法とアイロンワークによって、 膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩まないネクタイに仕上げられています。 生地の肉(厚み)によってバランスを考え、数種類の芯地を使い分ける巧妙な技術から 生み出される¨エレガントな結び目¨も、ボレッリのネクタイを形作る重要な要素です。 スーツのVゾーンで季節感を演出するのは、¨デキル男のたしなみ¨です。 お洒落に興味をお持ちのみなさまでしたら、すでに実践なさっていることと思われます。 秋冬なら温もりのあるウールやカシミヤ、春夏なら涼しげなリネンやフレスコといった具合に、 季節に合わせてネクタイを変えるだけで、いつものスーツスタイルが俄然お洒落に見えます。 そこでお勧めなのが、ボレッリの最高級ラインRoyal Collection(ロイヤルコレクション)から 継続的にリリースされている、こちらの『カシミヤバスケットソリッドネクタイ』です。 厳選された高級カシミヤ素材を原料にした紡毛糸を引き揃えて、オックスフォードのように ざっくり目に織り上げたバスケットは、ふっくらと起毛していて秋冬らしい温もりがあります。 目付け量(糸量)が多いトップクオリティのテキスタイルで、高級カシミヤ素材ならではの やさしい風合い、ヌメリのある肌触り、透き通るような光沢を存分に楽しめることが特徴です。 バスケット織り組織を利用して、経糸と緯糸にそれぞれ異なる色の糸を打ち込むことで表現された、 フワッとしたやわらかい色合いが素晴らしく、暗くなる秋冬スタイルに華やぎを与えることができます。 また、生地の厚さに合わせて薄手の芯地を使用することで、ノットが大きくなり過ぎないように 細心の注意が払われているので、たいへん締めやすく、美しい結び目が作れることも魅力です。 スーツスタイルはもちろんジャケパンスタイルにも合うので、オンオフ問わず大活躍します。 ネクタイの良し悪しを左右する¨作り¨ですが、ボレッリの品なので絶対の信頼が置けます。 自社のシャツに合わせるためのネクタイを用意しているカミチェリアは少なくありませんが、 他社に外注しているところが多いのが事実。それに対しボレッリでは、ネクタイ専門の職人を抱え、 型紙の作成から生地の裁断、縫製に至るまで、すべてをイタリアの自社工場で行っています。 世界中で称賛されているハンドメイドシャツと同様に、ハンドフィニッシュによって¨遊び¨が 作られたボレッリのネクタイは、膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩みません。 ファッション業界関係者の間でも評判で、ネクタイはボレッリと決めている人が多いのが頷けます。 余談ですが、ボレッリのネクタイの締めやすさは¨独特の縫製法¨に秘密があります。 通常ネクタイの縫製は、ネクタイを横や斜めに置いて縫い合わせていくのですが、 ボレッリでは縦に置いて真ん中を縫い合わせていくという繊細で難しい作業を行っています。 この縫製法と仕上げのアイロンワークによって、膨らみがあって締めやすいネクタイが作り出されます。 当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size全長大剣幅小剣幅1468.04.5※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 カシミヤバスケットソリッドネクタイ 2301 Royal Collection ライトグレー ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ 正規品,安い —— 17,000円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 カシミヤバスケットソリッドネクタイ 2301 Royal Collection ワインレッド ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ 人気,定番

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルNR80-B素材カシミヤ100%生地ふっくらと起毛していて温もりのあるバスケットシーズン秋冬色ワインレッド(04)模様無地ディテール・コイル状の閂止め ・たるみ糸(スリップステッチ)状態新品未使用参考価格19,000円+消費税付属品ブランドタグ(手仕事紹介小冊子)、代理店下げ札製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ その他のネクタイはコチラ→ アイテム説明 Item Detail ルイジ・ボレッリのネクタイは、有名セレクトショップや百貨店のネクタイ売り場に 必ずと言っていいほど並べられている、シャツと並ぶブランドを代表するアイテムです。 多くの人たちに愛されている理由は、¨徹底したクオリティの追求(締めやすさ)¨と ¨ナポリを感じさせる独特の色彩(独自性のある生地選び)¨の2点にあります。 生粋のナポリターナであるファビオ・ボレッリ氏が選ぶ生地は、ナポリらしい鮮やかな色彩と センスのいい柄で、トレンドを押さえつつも¨ボレッリらしさ¨を感じさせます。 品質も申し分なく、大半の工程を手作業で行い、独特の縫製法とアイロンワークによって、 膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩まないネクタイに仕上げられています。 生地の肉(厚み)によってバランスを考え、数種類の芯地を使い分ける巧妙な技術から 生み出される¨エレガントな結び目¨も、ボレッリのネクタイを形作る重要な要素です。 スーツのVゾーンで季節感を演出するのは、¨デキル男のたしなみ¨です。 お洒落に興味をお持ちのみなさまでしたら、すでに実践なさっていることと思われます。 秋冬なら温もりのあるウールやカシミヤ、春夏なら涼しげなリネンやフレスコといった具合に、 季節に合わせてネクタイを変えるだけで、いつものスーツスタイルが俄然お洒落に見えます。 そこでお勧めなのが、ボレッリの最高級ラインRoyal Collection(ロイヤルコレクション)から 継続的にリリースされている、こちらの『カシミヤバスケットソリッドネクタイ』です。 厳選された高級カシミヤ素材を原料にした紡毛糸を引き揃えて、オックスフォードのように ざっくり目に織り上げたバスケットは、ふっくらと起毛していて秋冬らしい温もりがあります。 目付け量(糸量)が多いトップクオリティのテキスタイルで、高級カシミヤ素材ならではの やさしい風合い、ヌメリのある肌触り、透き通るような光沢を存分に楽しめることが特徴です。 バスケット織り組織を利用して、経糸と緯糸にそれぞれ異なる色の糸を打ち込むことで表現された、 フワッとしたやわらかい色合いが素晴らしく、暗くなる秋冬スタイルに華やぎを与えることができます。 また、生地の厚さに合わせて薄手の芯地を使用することで、ノットが大きくなり過ぎないように 細心の注意が払われているので、たいへん締めやすく、美しい結び目が作れることも魅力です。 スーツスタイルはもちろんジャケパンスタイルにも合うので、オンオフ問わず大活躍します。 ネクタイの良し悪しを左右する¨作り¨ですが、ボレッリの品なので絶対の信頼が置けます。 自社のシャツに合わせるためのネクタイを用意しているカミチェリアは少なくありませんが、 他社に外注しているところが多いのが事実。それに対しボレッリでは、ネクタイ専門の職人を抱え、 型紙の作成から生地の裁断、縫製に至るまで、すべてをイタリアの自社工場で行っています。 世界中で称賛されているハンドメイドシャツと同様に、ハンドフィニッシュによって¨遊び¨が 作られたボレッリのネクタイは、膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩みません。 ファッション業界関係者の間でも評判で、ネクタイはボレッリと決めている人が多いのが頷けます。 余談ですが、ボレッリのネクタイの締めやすさは¨独特の縫製法¨に秘密があります。 通常ネクタイの縫製は、ネクタイを横や斜めに置いて縫い合わせていくのですが、 ボレッリでは縦に置いて真ん中を縫い合わせていくという繊細で難しい作業を行っています。 この縫製法と仕上げのアイロンワークによって、膨らみがあって締めやすいネクタイが作り出されます。 当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size全長大剣幅小剣幅1468.04.5※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 カシミヤバスケットソリッドネクタイ 2301 Royal Collection ワインレッド ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ 人気,定番 —— 11,800円

Luigi Borrelli(ルイジボレッリ)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 シルクオックスフォードペイズリー小紋ネクタイ 2003 グリーン ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ 超激得,新作

【16-17AWルイジボレッリ先行SALE】 モデルNR80-B素材シルク100%生地味わい深い質感のシルクオックスフォードシーズンオールシーズン色グリーン(03)模様ペイズリー小紋柄ディテール・コイル状の閂止め ・たるみ糸(スリップステッチ)状態新品未使用参考価格16,000円+消費税付属品ブランドタグ(手仕事紹介小冊子)、代理店下げ札製造国made in ITALYルイジ・ボレッリの他のアイテムはコチラ→ その他のネクタイはコチラ→ アイテム説明 Item Detail 一流のシャツに合わせるには、やはり一流のネクタイでなくてはなりません。 当代随一のカミチェリアであるルイジ・ボレッリのハンドメイドシャツともなると、 合わせるネクタイにも妥協が許されないというもの。ですが悩む必要はありません。 ボレッリでは、自社のシャツに合わせるための一流のネクタイが用意されているのですから。 ルイジ・ボレッリのネクタイは、有名セレクトショップや百貨店のネクタイ売り場に 必ずと言っていいほど並べられている、シャツと並ぶブランドを代表するアイテムです。 多くの人たちに愛されている理由は、¨徹底したクオリティの追求(締めやすさ)¨と ¨ナポリを感じさせる独特の色彩(独自性のある生地選び)¨の2点にあります。 生粋のナポリターナであるファビオ・ボレッリ氏が選ぶ生地は、ナポリらしい鮮やかな色彩と センスのいい柄で、トレンドを押さえつつも¨ボレッリらしさ¨を感じさせます。 品質も申し分なく、大半の工程を手作業で行い、独特の縫製法とアイロンワークによって、 膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩まないネクタイに仕上げられています。 生地の肉(厚み)によってバランスを考え、数種類の芯地を使い分ける巧妙な技術から 生み出される¨エレガントな結び目¨も、ボレッリのネクタイを形作る重要な要素です。 ご紹介するのは、16-17AWの『シルクオックスフォードペイズリー小紋ネクタイ』です。 厳選された高級シルク素材を原料にした細番手糸を引き揃えて、ジャカード織機を使って ざっくり織り上げたオックスフォード地に、ペイズリー柄をデフォルメした小紋柄が入ります。 太さの異なる糸をランダムに打ち込むことによって味わい深い表情に仕上げられており、 シルクの透き通るような光沢と相まって、上品なヴィンテージ感が生まれています。 経糸と緯糸の色を微妙に変えることで表現された、深みのある色合いも秀逸です。 生地にボリュームがあるので、締めたときにVゾーンに立体感が生まれることも魅力です。 ネクタイの良し悪しを左右する¨作り¨ですが、ボレッリの品なので絶対の信頼が置けます。 自社のシャツに合わせるためのネクタイを用意しているカミチェリアは少なくありませんが、 他社に外注しているところが多いのが事実。それに対しボレッリでは、ネクタイ専門の職人を抱え、 型紙の作成から生地の裁断、縫製に至るまで、すべてをイタリアの自社工場で行っています。 世界中で称賛されているハンドメイドシャツと同様に、ハンドフィニッシュによって¨遊び¨が 作られたボレッリのネクタイは、膨らみがあって締めやすく、やわらかいのに緩みません。 ファッション業界関係者の間でも評判で、ネクタイはボレッリと決めている人が多いのが頷けます。 余談ですが、ボレッリのネクタイの締めやすさは¨独特の縫製法¨に秘密があります。 通常ネクタイの縫製は、ネクタイを横や斜めに置いて縫い合わせていくのですが、 ボレッリでは縦に置いて真ん中を縫い合わせていくという繊細で難しい作業を行っています。 この縫製法と仕上げのアイロンワークによって、膨らみがあって締めやすいネクタイが作り出されます。 当店は、平成25年にイタリアのルイジ・ボレッリ社とパートナーシップ契約を結び、 北青山に直営店「LUIGI BORRELLI TOKYO」をオープンさせました。平成27年には、 「銀座三越」、「丸の内イセタンサローネメンズ」にルイジ・ボレッリのコーナーをオープン。 シャツやネクタイはもちろん、テーラードジャケット、アウター、ジーンズ、ニットウェア等、 コレクションをフルラインナップしております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。 サイズ表Size全長大剣幅小剣幅1468.04.5※ ハンドメイドのため寸法に若干の誤差が生じる場合があります。予めご了承下さい。 (単位: cm)

ルイジボレッリ LUIGI BORRELLI 16-17AW新入荷 シルクオックスフォードペイズリー小紋ネクタイ 2003 グリーン ネクタイ 秋冬 あす楽非対応 メール便対応 1点のみ 同梱不可 _ 超激得,新作 —— 9,900円